鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
鎌倉には青木さんがいる。老舗人力車、昭和から平成を駆け抜けた男。

  

 

ある朝、地元のFMラジオから観光人力車夫の青木さんが番組に出ていた。

30年以上も鎌倉で人力車の風景を創った男として取材を受けていたのだ。

そんな青木さんに、かねてから興味を持っていた。

 

 

 

3月末に英国人とドイツ人の知人を鎌倉案内している途中、ふと立ち寄ったコーヒの店。

若宮大路の店の前に、客席に赤い敷物を敷きピカピカに磨かれた人力車が止めてあった。

見事な赤と黒のコントラスト、まじかに見た伝統的で魅力的な人力車の姿だった。

 

店の中に入ると入口のそばの席に青木さんが休憩していた。

「青木さんですよね。前からラジオでお話を聞いていました。少しお話できますか」と。

青木さんとは気軽に話ができ、写真を撮らせていただき名刺交換までさせて頂いた。

同行の外人仲間も日本的な衣装の出で立ちが珍しいと、喜んで撮影させてもらった。

 

 

青木さんはフェイスブックをされているので(ともだち申請)、その日のうちに(ともだち)になった。

さっそくフェイスブックで、その日のお礼と著作を購入する約束をした。

 

 

「人力車が案内する鎌倉」(光文社新書)と、のちに、

「鎌倉には青木さんがいる」(出版社1ミリ)を手に入れた。

前者は鎌倉で人力車の仕事を始めて20年目に出版された。

人力車人生と鎌倉の案内になっている。

 

後者は鎌倉出身で、最近一人で小さな出版社を立ち上げたばかりの若い古谷聡さん。

出版社1ミリの第1号出版として青木さんにアタックして、見事快諾を得て出版になった。

青木さんが創業35周年という絶好のタイミングでもあり双方偶然が叶い出版に至ったという。

青木さんの語りという形で、編集の古谷さんが聞き語りを上手くまとめている。

 

そのころ私も地元の古谷さんの存在を知り、近くの店でいろいろな出版談義をしている。

 

 

 

ある時鎌倉にある川喜多映画記念館で青木さんの映画とトークショーがあることを知った。

 鎌倉シネサロン 有風亭 青木登かまくら案内

力俥 RIKISHA」 上映+トークイベント 68日 14時上映

 

 

 

 

さっそく当日、会場へ向かった。

「力俥 RIKISHA」鎌倉純愛編(25分)、「力俥 RIKISHA」草津熱湯編(32分)

短編2本を堪能した。

 

 

 

トークイベントは青木さんと監督のアベユーイチさんの舞台出演だ。

脚本のむとうやすゆきさんも後半で舞台に加わった。

アベ監督がフランスニースでの上映機会を誘われた話からいきさつを説明。

鎌倉とニースは古くから姉妹都市の関係を続けている。

同時に鎌倉を舞台に青木さんの存在にこだわっていた脚本家(むとうさん)と

監督(アベさん)の二人のマッチングで、鎌倉の青木さんの物語の映画化はまとまった。

偶然に偶然が重なるご縁の末に出来上がった映画といえる。

 

青木さんは人力車操行の監修で撮影全作業に関わったという。

70歳の青木さん以外は、本当に若いスタッフが集まって映画製作された。

それも最初の二本の映画は自主製作。ポケットマネーで苦労して製作したという。

一本を4,5日で撮り終わったという。

 

既にこの後、東映のサポートがあり「浅草立志編」「すみだ旅立ち編」が撮影済みだという。

川喜多映画記念館での上映が楽しみだ。

 

 開業したころの青木さん。

 

最近は鎌倉駅の裏駅でも小町通りでも体格の良い日に焼けた若い青年達が客引きをしている。

新手の大手会社の人力車ビジネスだ。

青木さんは、そんな客引きをする車夫が少なくない中、

開業以来35年、頑なに「客引きをしない」ことを信条としている。

普段は北鎌倉の円覚寺前で、お客様を待機している。

日焼けした笑顔がチャーミングな、お話ししていても素晴らしい職人だと思った。

 

麗らかな鎌倉の風景の中に、小柄ながらもがっしりとした体躯。

藍染めの半纏に、茄子紺の股引。真っ白なはだし足袋とのコントラストが精悍な印象を与える。

短く刈り上げられた白髪混じりの頭には細くねじった豆絞りがきりりと食い込む。

日焼けした健康そうな顔に刻まれた数多くの皴が、長年の経験に基づく確かな信頼感をも物語っている。

 

編集を担当した古谷聡さんの青木さんを描写した一文である。

 

 

 

トークの後半で1ミリの古屋さんも出版に至るエピソードをコメントしていた。

前に本人から聞いた話だが、本当にいい話だった。

 

最初の著書では、青木さんは当初70歳まで車を引くと言っていたが

最近の著書では、100歳まで生きて90歳まで車を引くと言っている。

これもいい話で、すごい話だ。

 

 

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 18:14 | comments(1) | - | - | - |
美咲が葦木ヒロカに名前を変えてジャンプ姫に。日本中、軽キャンパーで一人旅へ。

 

 

美咲さんは信州原村で行うイベントに、いつも毎回のように、

若いシンガー・ソングライターとして参加してくれた。

 

 

初めてで、一緒の思い出は2009年9月に八ヶ岳農場で行った「エコライブ 八ヶ岳農場音楽祭」。

緑の芝生の上で加藤登紀子さんを2000人の聴衆が迎えて行った音楽イベントだった。

新人時代のマーク・アキクサ君と茅野市在住の美咲さんが見事に前座を飾った。

 

 

次に関わったのは農場の食材で企画した駅弁、「八ヶ岳農場 鶏めし にわっとり」。

JR信州キャンペーンに参加して、茅野駅でも毎日売られて人気の駅弁になった。

駅弁を企画した私たちが記念に創った「にわっとり音頭」。

作詞は私、音楽家で原村仲間の森ミドリさんが作曲してくれた。

 

2010年秋のことだ。歌手の美咲さんが村の仲間のお囃子に乗って、

元気よく歌い上げてくれた。

この収録の模様も地元の新聞社やテレビ局が取り上げてくれた。

 

 

八ヶ岳農場で毎年秋に開催される「まるごと収穫祭」のゲストで勢い良く、

「御柱祭」の歌を披露してくれた。

若い頃は信州の駅前で路上コンサートで歌っていた。根性がある女性だ。

 

 

最近の活動は、「歌姫チャンネル」というフェースブックでの画像配信によるイベント。

毎晩10時30分から小一時間、ヒロカが日本中からゲストを迎えて、

語りあい、ゲストもヒロカも画像配信する中でともに歌うのだ。

ゲストは、ほとんどが日本中の若いシンガー・ソングライターだ。

 

現代のデジタル化時代で行う画像配信イベントを、365回配信し1年間完走したという。

 

 

 

次なる企画がすごい。『ジャンプ歌姫 軽キャンパー(軽自動車のキャンピングカー)で、

日本中を一人旅する。

全国各地の仲間と心通う旅仲間となり風光明媚な『ジャンプの聖地』を探していく。

人生まるごとをかけたプロジェクトを展開する。

 

 

かつて「鎌倉―ソウル2328キロ」の徒歩の旅をした私と生きた知恵の情報交換だ。

 

下北沢のコムカフェ「音倉」での記念イベントに伺った。

夜の部は「歌姫合唱団」と歌姫チャンネルのゲスト出演者を厳選したメンバーで、

構成されたボーカルグループと歌う。

 

「安木節」から始まって、「虹の力」「スターズレインボウ」「おかえりなさい」

「千年森の物語」「瑞穂の大地」「ジャンプ・ザ・ワールド」「ありがとう」

精力的にソロ、歌姫合唱団と歌いつくした。

 

 

ひとつの県を4,5日で回り、「ジャンプの聖地」を探しながら、

2020年5月に信州に戻る計画。

無事帰ることを祈り、カエルのキャラをヒロカエルというイメージで頑張るようだ。

 

 

毎日ジャンプの自撮り写真の素敵な映像を期待したい。

 

 

 

私の80日の徒歩の旅とは違い、地方地方で仲間を募り歌のイベントして歩く(走る)計画に脱帽である。

湘南にいつ現れるかわからないが、その時は一緒に騒ぎたい。

 

| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 10:00 | comments(0) | - | - | - |
江戸時代の朝鮮通信使の道を歩いてソウルから江戸城までの道。

 

 

 朝鮮通信使とは、当時鎖国していた日本に李氏朝鮮から派遣された外交使節団。

江戸時代に将軍が変わるたびに前後12回派遣されていた。

約500人前後が正史、副使、書状官を先頭に半年から1年かけて往復した。

 

その通信使を友情ウォークとして日本、韓国、在日韓国の市民がチームを組んで、

4月1日から53日間をかけてソウルから東京へ歩いてくる。

2007年に始まった「朝鮮通信使友情ウォーク」(第1次)から1年おきに実施される。

 

 

「鎌倉ーソウル2328キロを歩く」で2005年からのご縁があり第1次ウォークから、

地元湘南付近の小田原藤沢、藤沢=川崎、川崎江戸城に参加している。

 

 

2013年の第4次ウォークは、ソウルの慶福宮からのスタートにも参加した。

 

今年から最後の三日間は箱根湯本=平塚(20日)、平塚=戸塚(21日)、

戸塚=川崎(22日)。23日の最終日は川崎から江戸城(日比谷公園)に変わった。

それなので、それぞれ一日で歩く距離が少なくなった。

今年は21日と22日が、予定が空いているので参加する事にした。

ところが21日は朝から風雨が強くて、傘も差せないほどの強風と大雨。

残念ながら徒歩の参加はやめて、夕方の戸塚到着時に出迎えに参加した。

私の80日間の「鎌倉ソウルの徒歩の旅」でも、経験しなかったほどの荒天だった。

 

 

 

翌日、22日は朝から快晴で、戸塚からの出発に参加した。

ソウルから東京までの全行程の参加は日韓で35名。

今日の徒歩の距離は26キロ。ディ参加は30名ほど。大行列になった。

 

 

私の「鎌倉ソウルの徒歩の旅」の一日平均距離は35キロ。

今日は、あまり負担の無い距離だ。

 

 

戸塚宿、吉田一里塚、焼餅塚、境木地蔵尊、保土ヶ谷一里塚、神奈川一里塚、

東子安一里塚、生麦事件発生現場、道念稲荷、市場一里塚、川崎宿と、

旧東海道を中心に歩く。大体、東海道線(湘南電車)に沿って歩くのだ。

しかし、旧道を歩くので、ほぼ住宅街や商店街を中心に歩く。

 

 

 

今回はソウルの東国大学の英語の教授と英語ではなくて韓国語で話した。

韓国から参加した方々とは、日韓のぎくしゃくについても良く話せた。

 

 

このイベントに参加している方々は政治と民間は切り離して考える方が大いのだが、

それにしても韓国の方々は、やはり大統領の考え方、行動には疑問を持つ人が多かった。

こういう声が、もう少しマスコミ通じてでも、表に出てこないのが本当に残念だ。

 

 

この一行の幹部も高齢化が進み、幹部の世代交代ができていない。

2021年の第8次のイベントはどうなることだろう。

 

朝鮮通信使の関連資料が2017年10月に、

ユネスコ「世界の記憶遺産」登録されたことは、喜ばしい。

 

| team-mamiya | from-mamiya「徒歩の話」 | 15:19 | comments(0) | - | - | - |
心は野球少年。最高は古希の選手もいる豊多摩マスターズ。

  

 

「マスターズ甲子園」とは、全国の高校野球OBが、世代、甲子園出場・非出場、

元プロ・アマチュア等のキャリアの壁を超えて出身校別に同窓会チームを結成し、

全員共通の憧れであり野球の原点でもあった『甲子園球場』で、

白球を追いかける夢の舞台を目指そうとするものだ。

 

都立豊多摩高校野球部OB会も活動の一部として「マスターズ甲子園」に

2014年に単独チームとして参加し、すでに4年が経った。

今年の東京地区は我々のブロックの日大二高、武蔵、中大付属の4チームを始め、

強豪の修徳、日大二高はじめ全東京で23校が参加している。

 

 

初戦は対中大付属が相手だ。

朝9時半から立川の日大二高グランドで対決した。

昨年まで、わずか1勝しかしていない。

なんとか初戦はモノにしたい。

勝てなかった時の負けていた悔しさと、勝ちを知ってからの負けの悔しさは

余りにも違う。メンバーにもその悔しさがあるはずだ。

そして、全員が勝つために立ち上がり動き出した!

今年は、予選リーグ2勝し、決勝トーナメントに進出し、優勝して甲子園を目指したい。

決して夢ではない。

 

 

ピッチャーの好投、バッターの粘り強い選球眼、バッティングはジャストミートが多い。

守備も内野ゴロは安心、6−4−3のダブルプレイも危なげなく見せてくれた。

外野フライは、すべてナイスキャッチと申し分ない。

打って良し、守って良し。いつの間にかそうなったのか。

 

 

硬式ボールの練習場は確保に難しい。

一昨年から新しい発想で軟式野球を取り込んだ。

元勤務先の後輩が所属する軟式リーグ「タヌキリーグ」への参加だ。

砧球場か世田谷球場で週末のナイターも参加が可能だ。

砧が主戦場なので「タヌキ」なのだ。

試合ルールは面白い規則で、いったん後退した選手も、再度出場できる。

打順は9番までだけでなく何人でも打席に立てる。

つまり全員がバッターボックスに立てる。

 

 

このメリットは監督の水沢さんが先輩後輩の選手の戦力把握ができる。

選手は野球を楽しめて、全員が野球勘を取り戻せる。

 

 

熱心な後輩が別のところでの早朝のグランド確保でチーム練習の機会を作った。

場合によっては紅白戦もできる。

そんな経過でマスターズの試合に集まってくる仲間が30人前後になった。

試合は、前半は35歳以下が中心、後半は35歳以上で試合を行う。

最近は35歳以上になっても試合が前述の理由でボロボロにならない。

 

 

水島監督と有望選手の黒田君の誕生日にわがチームは3対16で初戦を飾った。

 

 

次の試合は6月9日(日)朝8時半に江戸川球場で日大二高と当たる。

ぜひとも試合に勝ちたい。

 

 

ここまで書いている私は、すでに硬式野球は無理。せいぜい軟式野球がいい所。

なんせ、往年の三塁手の私は、守備位置のサードからファーストまでボールが届かない。

左側の吉田君は唯一の現役選手だ。

豊多摩マスターズでも、母校の六大学OB戦で神宮球場でも投げている。

 

後輩の野球少年たち、がんばれ。私は写真班で頑張る。

よろしく頼む。

 

| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 13:51 | comments(0) | - | - | - |
天皇陛下のお出まし。生まれて初めての一般参賀。進んで止まっての繰り返し。

 

今年はめずらしい初めての体験が続く。

英国人とドイツ人のお客様の鎌倉ご案内。

先週はハンセン病の療養所の訪問と吟行句会。

今回は令和の御代に初めての皇居の一般参賀に参加した。

令和が我々にとって良き日になることを祈り、生まれて初めての一般参賀だ。

 

 

鎌倉をほぼ始発に近い電車で東京へ向かう。

7時半に皇居到着。すでにたくさんの人が行列を成している。

 

 

まず皇居外苑で列の最後に並び少し進み、じっと止まる。しばらくして少し進み止まる。

この繰り返しが続く。周りの人と何気ない軽いおしゃべりが始まる。

だんだん外気温が上がってくる。人ごみの中で上着が脱ぎにくい。

 

 

セキュリティーのテントの前。空港と同じように厳しい手荷物検査。

そのあとは空港同様のボディチェック。

 

 

 

この後は番号ごとのグループになりじっと待つ。看板は5番だ。ここが我慢のしどころだ。

皇宮警察から熱中症を避けるために水分を取るようにと…。しかしトイレの問題がある。

開門時間が早まり910分に動き出した。

我々の5番も、やがて皇居正門から入場、なだらかな坂を人波につながって歩く。

 

 

お堀の向こうの遠くに二重橋を歩く行列が見え始める。すでに10時前。

一回目のお出ましの時間が近づいている。まだ宮殿までは少しありそうだ。

私は2回目の11時のお出ましには間に合いそうだ。進んでは止まるの繰り返し。

 

 

二重橋を渡るときに下の方を見ると皇居広場に大勢の参賀客が見える。

 

 

宮殿東庭へ門をくぐると、あの初めて見る長和殿が見てきた。

 

 

すでに前庭には、たくさんの参賀客が並んでいるが、人の流れに乗って前に進む。

あのお立ち台のガラスのお部屋のほぼ真ん前で止まり、自分の参賀の位置を確認する。

お出ましまで、まだ40分もあるが、じっとしてカメラテストなど準備。

大きなスクリーンの案内文は日本語、英語、中国語。韓国語はない。

 

 

場内アナウンスとともに定刻、私たちの前に天皇陛下、皇后陛下がお出ましになった。

秋篠宮皇嗣他、皇族の方々が色とりどりのカラフルなドレスで並ばれた。

 

 

周りでは「天皇陛下万歳」の声が聞こえ、日の丸の小旗が降られて、

ちゃんとお姿が拝見できない。

一斉にスマホなどのカメラの手が上がる。

案内役の声に続き陛下のお言葉があった。

あっという間に、おでましの時間が終わった。

 

 

次回のお出ましのために更に前に向かう方がいるが、

私は人の流れについて坂下門方向へ下った。

生まれて初めての一般参賀は長い時間待って、あっという間に終了した。

 

 

朝7時半から11時半まで4時間の人生初めての宮中参賀だった。

拝殿の真ん前に行けたのは幸運だった。

しかし、日の丸の小旗とカメラを撮る両手でほとんど陛下が………。

でも令和最初の貴重な体験だった。

 

 

多分、これからは自宅のテレビで一般参賀を拝見することだろう。 

なので、次なる人生初めての体験、または令和初めての体験を考えたい。 

| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 19:15 | comments(0) | - | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 鎌倉には青木さんがいる。老舗人力車、昭和から平成を駆け抜けた男。
    真崎春望 (06/09)
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    Asuka (06/07)
  • 2019は、もう動き出した。何を目指そうかなと考えています。
    間宮武美 (01/29)
  • 2019は、もう動き出した。何を目指そうかなと考えています。
    山田光義 (01/26)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    間宮武美 (01/16)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    篠宮百合香 (01/15)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    間宮武美 (06/22)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    間宮武美 (06/21)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (06/21)
  • 「まだん俳句連中」の特別吟行は、一泊二日の初秋の伊勢路。伊勢の間宮の遺伝子が騒ぎました。
    原条令子 (03/03)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE