鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
湘南の若い夫婦、若いカップルについて考えてみた。

 

【第一話】若い夫婦

 

 

満員の江ノ電に稲村ケ崎駅から若いカップルが乗ってきた。

男が大事そうに抱えているのは飴色というかマホガニー色のような小さな木製のチェア。

四本足に丸い板の骨董風のシンプルなデザインだ。

稲村のアンテークの店で買ったの?」と聞くと、

「あまりにかわいくて、どうしても欲しくなり買ってしまいました」と微笑んだ。

「お揃いの二つではないの?」とさらに聞くと、少しずつ買い足すのが楽しくてと。

値段を聞くと9000円と思ったよりもかなり高い。

それでも、衝動的にどうしても欲しかったんだと納得した。

混雑した車内の少しの会話で分かったことは、二人のカップルは最近結婚した若い夫婦だった。

 

 

鎌倉育ちの若い彼は、彼女に一緒に鎌倉で住んでほしいと頼んだようだ。

 

 

生成りのワンピース姿の若い妻は

「北鎌倉駅のそばは、住んでいて静かで空気がおいしくて、とても居心地が良い所です」とはにかんで笑った。

 

 

我が家は下町浅草育ちの彼女に是非とも湘南で一緒に住もうと提案して藤沢市、鎌倉市と移り住み、すでに四十五年になる老夫婦だ。

 

 

かつては英国製のオーク材のテーブルだとか、趣味の猫足の椅子だとか、家族が増えると同時に思いれのあるの家具が少しずつ増えていった。

少しずつ買い足すのが楽しくてという少年のような彼の言葉の中に、ほとんど昔の私たちが居た。

しかし、最近の私たちは断捨離という強迫感に近い言葉に、惜しげもなくひとつずつそれらの家具を処分し始めている。

欲しい家具があれば、ひとつずつ持っていけばと言いたくなるような江ノ電の清々しい二人ずれだった。

 

【第二話】若いカップル

 

鎌倉の大通りを事情があって渋滞を覚悟で走っていた。

すれ違いざまに若いカップルの乗っている車に気がついた。

いかにも初々しいデートという雰囲気だった。

ずるずるとすれ違いざまにナンバープレートを見た。

プレートは「わ」であった。まさしく、それはレンタカーだ。

 

 

私の借りたレンタカーも「わ」だった。

 

昔は羞恥心からくる劣等感で緑色のガムで「わ」のしっぽに丸く張り付け「ね」に変えたという冗談話もある。

最近はデートで恥ずかしげもなく堂々と気にせず乗っている。新感覚の知恵なのだ。

私の若い頃は彼女とのデートのために懸命になって車を買った。もちろんローンだった。

 

 

私は広告会社の担当業務が自動車メーカだったので本社ショウルームに展示してあった新車「ギャラン」を新古車割引として格安に手に入れたことがある。

現代の若者の価値観調査では「クルマ」「海外旅行」「お酒」に特別に必要を感じない時代に変貌した。

だから自動車産業にも地殻変動が起こった。

車は「所有」から「使用(シェア)」に大きく変貌し、あのトヨタでも高級車「レクサス」がレンタカーで借りられる時代になった。

「海外旅行」も実体験でなくネット情報で簡単に経験した気分になる時代だ。

「お酒」は、もはや女性を誘うツールではなくなった。

こんな調子で住宅も所有(持ち家)から使用(借家)の時代になるのだろうか。

 

 

ところで私の韓国赴任時代、副社長の乗る車はナンバープレ―トが「ホ(허)」だった。

つまりレンタカーだったのだ。

それも偶然、留守宅の住居番号と同じだった。

 

会社の資産としての経営的負担を避け、レンタカー利用の方がよかった。

例えば気に入った新型車種に簡単に変えられる。

これも既に所有から使用という知恵の一種だったのだ。

 

 

 

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 15:12 | comments(0) | - | - | - |
横浜の空は久しぶりに青い空だった。桑ちゃんのヨットに元気な仲間が集まった。

 

 

短かった夏もそろそろ終わりに近いある日、恒例の桑ちゃんの「バターボール号」に仲間が集合した。

元勤務先の同僚の桑ちゃん(桑原明さん)の親しい仲間が、涼風に吹かれてしのぎやすい一日、横浜のヨットハーバーに集まった。

恒例のクルージングとBBQパーティーだ。

 

以前は元勤務先の少人数で始めた船上パーティーだったようだが、

いまではクリエーター仲間にマーケティング仲間、さらにプロモーション仲間が集まる。

その中で営業出身者は、なんと私だけなのだ。

 

メンバーのメッセンジャーに1ケ月前から集合連絡が来て、

徐々に常連の参加連絡が増えた。

ところが、ラグビーW杯テストマッチの関係、親の介護、大学の会議、突然の体調不良と数名の不参加表明があり、昨年より少ない10名となった。

私も既に赤坂で元勤務先とのランチ会食が決まっていて、2時間以上遅れての参加になった。

こうして船上でにぎやかに集まるのは、もう何年続いているのだろうか。

 

この日も午後から日本晴れになった。

 

 

全長25フィートのバターボール号を桟橋に接岸し、パーティー用のデッキ(ウキ桟橋)が準備された。

BBQ用のテーブルやチェアがセッティングされ、持ち寄りの得意料理が並んだ。

 

 

2時間遅れた私にも、ちゃんとアラスカで釣ってきたキングサーモンのステーキも残しておいてくれた。

飲み始めたら、全員の最近のトピックスのショートスピーチが始まり話題は尽きない。

とにかくおしゃべりの得意なメンバーだ。しゃべり出したら止まらない。

 

今回は常連の睦美さんのオフィスのバイトちゃんの睦さんが参加。

 

 

素敵なダブル(むつみ)さんに人気が集中した。社長の睦美さんは、今日はおとなしい様子。

 

 

一番若いバイトちゃんの底抜けに明るい笑顔に、おじさんたちはニコニコとアプローチ。

あっという間にビールが無くなり、ワインも何本も空いていく。時間が経つのも忘れる。

キングサーモン、チキン、野菜のマリネとレストラン並みです。

 

 

日が暮れる前に、少しヨットを外海にクルージングだ。2回に分けて船出した。

 

 

先に帰る仲間を優先して、最後まで飲むつもりの私は2回目のクルーズに参加。

バイトちゃんも一緒に。

 

 

オーナーの桑ちゃん。

 

 

 

夕方になり、三々五々と仲間が帰っていく。帰る前にみんなで記念写真だ。

 

 

飲む人間は、まだ飲んでおしゃべりをしている。

最後まで残るのはなぜか毎年同じような仲間だ。

既に開始から7,8時間たっている。

後ろ髪を引かれるようにヨットハーバーを去る。

 

 

今夜も飲みすぎによるトラブルもなく、無事解散になった。

 

 

とにかく、後期高齢者、もとい「好奇(心)高齢者」が数名参加している。

とにかく底抜けに元気な仲間だ。

そうだ私も、数日前までは前期高齢者、もとい「元気高齢者」だったのだ。

なのに何も変わらない毎日だ。

| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 19:25 | comments(0) | - | - | - |
600字エッセイが産経新聞の第1面「朝晴れエッセー」で掲載が決まりました。

 

私の母は佐渡で生まれた6人兄姉だ。

 

母方の先祖は「佐渡の金奉行」に関わっていたという。

その後、代々裁判所の仕事に関わり、母の父親の精一は相川の街で登記事務所の仕事をしていたという。

母の母方の仕事は両津で廻船問屋を営んでいた。

 

 

六人の兄姉の長男は賢一郎、長女は八重、次男は二朗と、ここまでは普通だ。

ここからは父の精一は、何を考えたのか、三男は三四吾(みよご)、次女はなんと六七代(むなよ)と続く。

末っ子の母は残った九と十で九十代(ことよ)となった。

 

 

昔ならばNHKの「私の秘密」に出演できそうな逸話だ。

母は子供のころから十代でも二十代でも名前は九十代だったのだ。

多分回りの友人から、からかわれたりして困ったに違いない。

 

母の小さな頃の写真は長男の賢一郎さんの家が水害に合い、

すべて流されてしまったので手元にはない

 

 

両親が若い頃は、いつも家族で小旅行をしていた。

 

 

大きくなって自分の布の貼り絵の作品は(琴代)や(古都世)にし、

後年は自分の作品の篆刻は小さな赤い布に白抜きで(九)という一文字を抜き文字にしていた。

 

 

8年前の自分の90歳の誕生会に集まった子供達、孫達十数名の家族たちに向かって挨拶をした。

「ようよう九十代という名前の通りの九十歳になりました。これからも元気に生きていきます。

よろしくお願いします」と。

その後、九十八歳の誕生日の時の挨拶が、

「皆様のおかげで元気にこの歳を迎えました。もしも私が百歳になったら、名前を変えようと思います。百代(ももよ)に。かわいいでしょう」

と子供達や孫達を驚かせた。百代とは、今にしては実現性が高い話だ。

 

 

最近、私が「百代の後は一年ごとに名前を変えるの」と尋ねると、

「ずっと百代でいいの。次はあの世(あのよ)なんだから」

 

 

最近は車椅子の生活になったが、母の「次はあの世」の言葉に。その洒落っ気に驚いた。

 

ほぼ同じような内容のエッセーが近々の産経新聞の第1面「朝晴れエッセー」に掲載が決まった。

600字にまとめたエッセーになっている。

ぜひ、ご覧ください。

 

 

そういう私は最近、「後期高齢者」になった。

 

ちょうど11年前の64歳を迎える年の4月に後期高齢者制度が制定された。

それまでの「老人保健制度」が廃止されて、代わりに後期高齢者医療制度が始まった。

 

これは75歳以上の人が加入する医療制度で、75歳の誕生日を迎えると、

それまで加入していた国民健康保険や健康保険などから後期高齢者医療制度に移るのだ。

特別な手続きをする必要はなく、誕生日と同時に自動的に

国保から脱退&後期高齢者医療制度に加入となるという。

 

当時私は、当たり前のように前期高齢者に区分され、七五歳までの間は当時加入していた

勤務先の保険を特例退職者として継続して従来どおり受けることになった。

 

 

 

しかし前期高齢者という国の定めには、どうも気持ちがしっくりしない。

広告業界の仕事も、地元の韓国某市との姉妹都市提携活動も、

八ヶ岳農場の農場音楽祭などの活性化活動と、

現役気分で元気な気持ちで続けていきたいと考えていた。

 

 

だから前期ではなくて「元気高齢者」と名乗った。

 

そして今、同じ思いで私は後期高齢者ではなく、気持ちは「高貴高齢者」とか「光輝高齢者」を目指したい。

 

 

しかし、むしろまだまだ若い好奇心を保ちながら生きていく「好奇高齢者」を目指しても良い。

 

 

国の区分は一体どういう基準で決めたのだろうか不思議だ。

父を36年前に67歳で見送ったが、母はホームで車椅子生活だが98歳で気持ちはとても元気だ。

 

ところが、誕生日の翌日に54年来の学生時代の友人が病と闘い、ついに鬼籍に入ってしまった

友人たちと共に、お通夜と告別式に参列しお見送りをした。

さすがに、我が人生の行く先を考える機会になった。

 

しばらくは7歳若い家人にも迷惑を与えるかもしれないが、彼女は私以上に元気高齢者なのだ。

 

| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 14:35 | comments(0) | - | - | - |
【TRIPLUS】トリプラス。インバウンドの鎌倉プロジェクトに参加しました。

 

 

トリプラスというプロジェクトがあることを市の広報で、昨年末に知った。

そのセミナーは英会話が可能で、パソコンをコントロールできる方が参加できる。

 

 

野次馬精神で4回のセミナーに参加した。

 

市役所のセカンドライフのプロジェクトの案内はこうだ。

シニアの皆さんの経験を生かし、外国人観光客に「日常の鎌倉体験」を紹介し、忘れられない思い出づくりのお手伝いをしませんか。

お米を炊いたり、そば打ちや野点(のだて)をしたり、日本の日常や文化を楽しみたい観光客が増えています。参加者それぞれが、オリジナルのおもてなし方法を考え、グループで話し合いながら外国人をもてなす方法などについて学びます。

 

「まるでそこで暮らしているかのような、ちょっとした日本体験」を

日本各地の50歳以上の方々によって提供するサービスです!

 

今までに海外からの友人を鎌倉案内したことは数回ある。

セミナーでおもてなしの心、その実践のケースなど紹介された。

 

ある時は自分ならこういう企画でもてなすというケースを発表しあった。

 

私はだれでもするような、鎌倉案内は避けて、独自性のある企画を考えていた。

 

 

年が明けて、春からトリプラスのサイトのインフラも整った。 

TRIPLUSはその間、長崎市、埼玉県、東京、千葉県と掲載参加の地区開発を続けた。

鎌倉でも10人のメンバーが企画をアップしている。

現在、各地区合わせて65以上の企画が出そろった。

 

 

鎌倉でもメンバーがこのサイトの主宰の秋山氏を囲んで集まり、

それぞれ企画などの情報交換をして、鎌倉チームの結束を確認した。

 

連休明けて6月になって私の案をアップした。

 

 

 

SATOYAMA(townside mountain) walking 1hour half and enjoying fresh seafood by the sea.

You can arrive (satoyama) within 10 minutes from [NISHIKAMAKURA sta.] of [SHONAN MONORAIL]

 

 

you can feel your youngers day to walk in woods & small river . after walkig ,move to seaside,enjoy lunchtime. If you want to sea ENOSHIMA Island ,you can do that in case of clear sky

「NOTE」

Meeting point is [NISHIKAMAKURA sta.]

you have to pay lunch for each.

you will prepare walkable shoes & casual wear.

 

しかし、この「TRIPLUS」というサイトへのアクセスが少ないことが問題になった。

SEO対策の必要性が出てくる。プロジェクトの本部席でも努力をお願いしたいところだ。

 

当分は鎌倉チームで自助努力で頑張るしかない。

 

 

最近チームのメンバーが作成したチラシ。

ほとんどの写真は私が撮っているので著作権の問題がない。

長谷の大仏は高徳院の使用許可がいると聞き、寺院の所有者が知人のために事情を説明して申請が通った。

 

このチラシは、近々鎌倉市内のホテル、民泊、Innなどに配布を計画している。

 

しかし、ここまで書いて気が付いた。このサイトの認知度は、このブログを通じてあげていくしかない。

また、このブログをフェースブックを通じてあげていきたい。

 

このブログに訪問する方々は一部の外国の友人を除いて、みなさんは日本にお住いの日本人の方ばかりだ。

出来れば、お近くに外国人の友人がおいでであれば、

 

https://triplus-jp.com/Triplus-web/visitor/#/visitor-top/experience-list

 

ご紹介していただけると幸甚です。よろしくお願いします。

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 19:04 | comments(0) | - | - | - |
鎌倉の夏の風物詩「鎌倉ぼんぼり祭り」は3日間、晴天だった。

 (写真が縦にならずに横のままのものがあります。原因が分かり次第修正します)

 

ぼんぼり祭りは、毎年立秋の前日から8月9日の源実朝の誕生日まで鶴岡八幡宮で行う。

鎌倉在住の画家、書家、学者などの著名人が揮毫した作品(ぼんぼり)が飾られる。

ぼんぼりの掲揚は実朝の誕生日の「実朝祭」に書画を奉納したことで始まった。

ことしは3日間だったが、毎日晴天の中で行われた。

時にはいきなりの夕立で、あわててぼんぼりを撤収したことも何度もあった。

 

鎌倉在住や関係者の400点の作品が、ほぼ所定の場所に展示されている。

ことしは人気漫画家が目立っていた。

 

水木一郎さん

 

折原みとさん

 

 

 

なぜかベイスターの筒香選手やラミネス監督も奉納していた。 

以下は常連の方々の奉納された作品を列挙する。

 

 

宮崎緑さん

白井貴子さん

宗方勝巳さん

しりあがり寿さん

山本富士子さん

ワダエミさん

宇佐美恵子さん

中村獅童さん

岡田武さん

 

竹中直人さん 

みのもんたさん

中村嘉葎雄さん

養老孟司さん

黒岩祐治 神奈川県知事

松尾崇 鎌倉市長

榎木孝明さん

服部公一さん

星野知子さん

わたせせいぞうさん

蛭子能収さん

 

 

そして我が家の巨匠。17年目の奉納になります。

わっ、かわいい

カエルかな。素敵な絵。

お腹の白い所が光っている。

 

それぞれの作品の前で監修するみなさんの足を止めます。

欧米系の外人さんも見入っていました。

スマホや一眼レンズカメラで本格的に撮影する方おりました。

いつもの「ぼんぼり祭り」も無事に幕を閉じました。 

 

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 11:59 | comments(0) | - | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    間宮武美 (06/30)
  • 鎌倉には青木さんがいる。老舗人力車、昭和から平成を駆け抜けた男。
    真崎春望 (06/09)
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    Asuka (06/07)
  • 2019は、もう動き出した。何を目指そうかなと考えています。
    間宮武美 (01/29)
  • 2019は、もう動き出した。何を目指そうかなと考えています。
    山田光義 (01/26)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    間宮武美 (01/16)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    篠宮百合香 (01/15)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    間宮武美 (06/22)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    間宮武美 (06/21)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (06/21)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE