鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
いよいよ、【三浦トライアルステイ】が始まった。今日からドキドキ、わくわくの三崎生活。

いよいよ、三浦市の「移住体験プロジェクト」で三崎生活が始まりました。

 港の朝が来ました。

今回の三浦市提供の移住体験物件は全部で5つ。

1期〜5期まで5組から6組が、2週間か1ヶ月、それぞれ住むことになる。

どれもすぐに購入するか、家賃生活するか。希望すれば確実にかなう物件ばかりだ。

すぐ住めるように運営会社が、便利な家具付きで準備してくれています。

私の場合は三崎港の近くのマンション(50平米弱)の1Kマンションで3期めの入居です。

 

とは言え3Fからは三崎港が見えて、その奥には城ケ島が見える。

目の前のバス停を降りるたくさんの観光客、帰りは長蛇の列が見える。

混雑の度合いは鎌倉とは違うけれど、街のにぎわいは,どこも同じだと感しられる。

 

私の住居の他には、もうひとつ同じサイズのマンションと1戸建てが3軒である。

子どもを自然の中で育てたい。待機児童ゼロ。三浦で働き、三浦に住む職住接近。

それに我々シニア世代対象では本拠地(本宅)ともう一つの住む場所探しの動機。

三浦市のニーズと、応募者のニーズが合致すれば成功なのだ。

 

運よく狭き門を通過して、今から三崎生活が始まる。

私の移住体験の動機は約4万人の三浦市と何のプロジェクトが考えられるか。

つまり三浦市と何かをつなげられないか。

多くの人と会ってしゃべって考える頭の体操である。

 

昨日は家を出る時の心境は、何か違和感があった。

現役時代の海外赴任とは違う。どれだけの期間かよくわからない異国のひとり暮らしだった。

今回は自ら望んで応募した1ヶ月だけの移住体験。

同じひとり暮らしでも、複雑な気持ちで家を出た。

 

 

今日は3連休の最終日。朝から多くの観光客がやってくる。

住居下の観光案内所のスタッフの方と情報交換していると、いきなり外人客がやってきた。

「魚料理ばかりでイタリアンの店は無いですか」

何故か私がイタリアンの店までの案内人となった。店の開店まであと15分ある。

目の前の市場を案内して開店を待つ事にした。横須賀の上級軍人さんご夫妻だった。


 

 

とにかくマンションの周りはマグロの食堂ばかりだ。
 

 

 

観光案内所で仕入れた情報で下町商店街を散策しています。

下町商店街の真ん中にテレビドラマで有名になった「ユニバーサル広告社」の現場が残っていました。






主役の沢村一樹(企画担当CD)、和久井映見、要潤(デザイナー)、三宅祐司(社長)、
でんでん(喫茶店マスター)が出ていました。
広告業界育ちの私は、この番組を楽しんで観ていました。

 

観光案内所で週末だけ実施の「下町スタンプラリー」の応募券を貰い、

指定のお店を訪ねてスタンプを貰う。最後は粗品プレゼントを戴く。

今日はワカメではなくひじきだった。丁度、炊き込みご飯に使える量だ。

 

 

 

この周りのお店は観光客目当ての品物が多く、生活者にはどう見ても割高で向いていない。

夕方に1キロ先のスーパーで日常の食材を探しに行こう。

 

今日は午前中に住居下の観光案内所のスタッフの女性と1時間ほど周辺情報をきいた。


 かまどの修復したのは伊勢の人だった。
 

スタンプラリーの対象店の三崎昭和館で昭和の懐かしい三崎の生活風景を再現していた。

年配のスタッフから詳しい昔の三崎生活を伺った。

 

これから一日、数人の方と話していろいろと周辺情報を聞く事にする。

昨日と今日で、同じ質問に反対の答えが返ってくる。それがおもしろい。

そうでないと朝から晩まで、ひとこともしゃべらない生活になってしまいます。

 

この書斎から、少し散らかっていますが、何が生まれるのでしょうか。

生活には「ハレ」と「ケ」があるが、有名な観光地のここでも「ケ」の毎日を過ごすことになるだろう。
 

 


 

 

「鎌倉から、こんにちは」は、しばらくは「三崎から、こんにちは」になりますね。 

どうせならば、ドキドキ、わくわくする毎日を過ごしたいですね。(これから、何回も続きます)。

 

 

| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 19:21 | comments(0) | - | - | - |
朝の気温は23度。歩くのにもってこいの季節になりました。

 
 

穏やかな朝の海です。
朝の気温は23度。歩くのにもってこいの季節になりました。

この夏は異常な暑さと、ひざの具合が悪く、しばらくウォーキングはサボっていました。

早速、坂道専門の七里が浜の住宅地を中心に歩きます。



 

いきなり浜上山の住宅街。坂道を上がります。




 

住宅街を抜けると134号線に抜ける下り道。

 

 

鎌倉高校前駅の手前で地元の「毎日歩き」の太田さんに久しぶりにお会いしました。

少し雑談タイムです。

 

太田さんは高度成長とバブルの頃の有名商社マンで退職して既に20年。

韓国への出張も多く話が通じます。

雨でも毎日歩くのです。継続は力だと、いったん止めると続かないので毎日歩く。

一日1万5000歩目標。(約10キロですね)

20年で記録によると1億1700万歩、歩いているそうです。

最終目標は1億2000万歩。あと300万歩です。一日1万歩でも300日。

太田さんは歩いた距離よりも、歩数が大事なようです。

私は「鎌倉ーソウル2328キロ」。歩数より距離を頭に入れます。この違いです。

大事なのは歩数です。ソウルへの旅の合計歩数はどうなるのでしょうか。

著書では毎日の距離の合計は計算されていますが、毎日の歩数の合計は記録されていません。
機会があれば80日分の歩数も計算してみます。
毎日の歩くコースは変えているようです。
稲村ケ崎往復、手広往復、新林公園往復、江の島往復とバリエーションを変えています。

 


 

こちらは鎌倉高校前駅をさらに七里ヶ浜駅にむかい。

途中から階段道を住宅街に上がります。坂、坂、坂です。




 

江ノ島の見える丘に来ます。

最近、右側の白い家の方とも知り合いになりました。





 

坂を下りてくると鎌倉高校前駅の踏切です。


 

『スラムダンク』で有名になったこの踏切は台湾の方に取っては聖地です。

午前中から毎日たくさんの観光客で大混雑になります。
きわめて危険な状態です。


 

この坂は日坂(にっさか)と言って、坂名の由来については、

鎌倉時代の武将・新田義貞が鎌倉攻めのおりにこの坂道を通ったことから

「新田坂」と名付けられたのですが、いつの頃からか、

それが「日坂」と変わっていったというのが有力説です。

 

なお「日坂」という名前については、この坂道が南に向いて日当たりがよいことから

「日の坂」と書いて日坂となった説が有力です。
また、坂道を歩いていると、山を掘って交通路として開いた切通し独特の景観も楽しめます。

ここは有名な鎌倉の七切通しとしては数えられていませんが、

新田義貞が生きていた時代から存在する古くて由緒ある坂道であることは確かなことでしょう。

 

 

この日坂を腰越中学校方面に下っていくと、もうじき我が家です。

約5キロですが坂道が多くて、脚に負荷がかかり、いいトレーニングになります。

 


という事で明日は、「セーリングワールドカップ江の島大会」でにぎわう江の島へウォーキングします

江の島の白灯台までは、ほぼ7キで平坦な道です。
今日は歩き終わっても、膝は痛くなりません。
この調子で、改善されると良いのですが……。 

 

| team-mamiya | from-mamiya「徒歩の話」 | 13:15 | comments(0) | - | - | - |
三浦市移住者&住民交流会、市内バスツアーに参加しました。

 
 

もうじき私の三浦市移住体験が始まります。

私は第3期の移住者になるのですが、都合により、今回の第2期対象の、

「移住者&住民交流会・市内バスツアー」に参加しました。

移住に関すること、三浦市での生活に関することなど、気になることを、

食事しながらリラックスして気軽に聞くことができる会なのです。

トライアルステイ参加者限定イベントなのです。
 

この地域は三浦マラソンや数あるハイキングを企画したので、かなり地元には馴染みのあるものの、

イベント担当者の企画に乗ってみました。

当日の参加者は約10名強。年齢もバラバラ、移住意識も強そうな方々ばかりです。

 

 

三浦市役所の専用バスが三浦アピールの派手なラッピングバスになっている。

鎌倉市でも参考にできるケースだ。


 
 

今日のスタッフは三浦市からは澤口さん(右)、運営会社の黒川さん(左)、若い関谷さん(中)である。

入念なコースガイドが作成され配られた。天気はなんとか持ちそうである。



 

三崎マグロ駅は、いつから始まったのか。命名は17年10月5日。

京急電鉄の企画部の発案による。当時は地元マスコミを賑やかしたそうだ。

一時は期間限定で始まった駅名だが、いまだに続いている。

このまま浸透すれば楽しい観光行政に繋がるのではないだろうか。
こういう何気ない洒落は好きです。続けてくださいな。


 

三浦のランドマークだった風車は老朽化を理由に今秋にも取り壊されるという。残念!
 



三浦海岸ではホーストレッキングファームの集まりなのだろうか、馬が何頭もいた。

 


 

目的地の城ケ島に到着。

私はJ‘sフィッシングで鯛釣り体験に参加した。

海外赴任から帰国後、初めて竿を出したが、一時間という時間で大物の鯛にはお目にかかれなかった。

お土産の鯛を持ち帰り懇親会の食材にする。

 

 

懇親会は運営会社所有の「城ケ島 遊ヶ崎リゾート」。

プライベート感覚を重視したくつろぎの空間。隠れ家的な島のリゾート。

全室オーシャンビューと謳っている。

 

 

まずは釣り体験のお土産の鯛のさばき方教室。


 

よく切れる出刃包丁だったので、料理長の指導で結構、楽に(三枚おろし)が出来た。

 

 乾杯

見事なお刺身の料理を撮り忘れました。ウーーーム。
 

移住者のお子さん連れの若いご夫婦も参加して、地元情報をたくさん話してくれました。




そこからは各自が自己紹介の後、移住計画の応募した理由などを発言します。

私の隣に座ったMさんご夫婦は40年間住んだロサンゼルスから帰国した後は、

三浦に移住する可能性が高い方だった。

伺うと35年ごろ前に私も、よくLA出張して寄った日本料理「三木(みつき)」のご主人だった。

この偶然に驚いた。LAの共通の友人の名前も出て、更に驚く。

次回私の住むワンルームマンションの部屋にお住まいだと……。いきなりのご縁だ。

かなりの時間、参加者同士の移住意識や地元情報などの会話がはずんでいました。
何か年齢は別々でも志向性や考え方が共通しているような感じがしました。
みんな前向きだなぁと。



 

三崎港「蔵」の店長でこのリゾートホテルの料理責任者の福本さんがご挨拶。
自分の移住体験も話してくれました。

お店の「蔵」はミシュランガイドの掲載店。楽しみはまたひとつ増えました。

 参加者同士の懇親の輪が広がって、これからの楽しみが増えた。

 

 

記念写真を撮って解散した。この項は引き継続き連載予定です。

 

| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 08:38 | comments(0) | - | - | - |
また、誕生日がやってきた。一つ齢を取り若くなりました。

 

【FB仲間のみなさまへ】

お祝いメッセージを深夜から深夜までたくさんの方々から戴きました。

出来るだけ、お一人ずつお返事しましたが間に合いません。スミマセン。

自分ではまだ自分の年齢を感覚として認識できません。

が、春には(座り病)による脚の痛みに悩み、ゴルフもウォーキングもままになりませんでした。

今後は少しだけ年齢を意識して、まだまだ元気ハツラツに前向きに歩きます。

よろしく遊んでやってください。(誕生日翌日の私のコメントより)

 

フェースブックにメッセージを返したら、またたくさんの(いいね)とコメントを戴きました。

私にとってフェースブックの中で、一年で一番賑やかな日でした。

 

 

昨年は一年間「東京作家大学」というところで、文章を書く事を学びました。

特に昔取った杵柄「ラジオドラマ」を学びなおすことが目的でもありました。

一年半で大学を中退し、もう終わったことなので初めてお話しします。

(なに!文章、全然うまくなっていないぞ!)という声が聞こえそうですが……。

 

本当の動機は10数年継続している「宣伝会議」で講師としての教える立場で、

一度、久しぶりに教わる立場を学んでみたい。ならば文章の学校が良いという「一石二鳥」の狙いでした。

「一粒で二度おいしい」というグリコのキャッチフレーズのとおりです。
 

モチベーションを上げてくれる教え方のうまい先生、著作はあっても教え方の下手な先生、

モチベーションを下げる先生は私の反面教師でした。
しかし作家大学で、いろいろな事を学びました。もちろん文章の技術的な書き方も体得できました。

 
 

 

年齢も経験もばらばら。年一回のパーティーでのクラスの集合写真。

それよりも、私は断捨離の最中。物の断捨離、役割の断捨離、誤解を招きそうですが人脈の断捨離。

そんな中で新しい仲間、新しい友ができるのは素晴らしい。

元高校の先生、特殊な経験をしてそれを題材に小説に挑んでる方、法廷にも立つベテラン公認会計士、

熱海市の観光大使、85歳でキリスト教文学に浸っている方、みなさん写っています。

中には現役の通信データー会社でバリバリの魅力的な女性と。人材の宝庫と言えるようだ。

今までお付き合いしてきた環境とは、全く違う人生を歩んでいる方々との親交が、一番の財産になった。

講座が終わった後のお茶会(たまにはワイン会)が、談論風発、これがまた楽しい。

これからも、引き続きワクワクするような話ができたらいいなと思います。

 

 

9月中旬からは三浦市の移住計画による一か月の移住体験。

空き家対策と人口誘導の一環で、150名ほどの応募者の中で20人に選ばれました。

三崎港の近くのマンションで一か月新しい体験をして、

また、ここで新しい人間関係が出来るのではと大いに期待をしているところです。

 

私の誕生日の日には孫達も元気に現れました。

二人のやんちゃ坊主は、あっという間に成長してどんどん変わります。

 

爺じの腰越の家はオセロがあって楽しいけど、食べ物は大人系!

6歳の時のKip君の言葉で多少メニューが変わりました。






段ボール一つで宇宙船になったり、誕生日のプレゼントの箱に自分がプレゼントになったり、
創造性では、子供の自由な発想力にはかないません。
家人が段ボールを捨てずに保管していた理由がわかりました。

 

 
 

「トッキ―、何か画用紙に描いてよ」と爺が言います。

「くも!」といいます。(雲?蜘蛛?)

 

 

「爺じ!これに携帯を置いて。アップグレードしま〜す」

絵に描いたのはクラウドだった。確かに雲なんですが。

4歳児の発想がここまで来ています。

時代はどんどん変わります。 

こちらも、もう少し元気にたくさんの事を吸収しないといけませんね。

 

 

家人の手作りデザートでパーティーは終了。

 

Kip君、トッキ―

これからもよろしく、爺じと遊んでやってください。
 

 

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 08:28 | comments(0) | - | - | - |
夏のど真ん中。恒例の桑ちゃんの「バターボール号」に全員集合。

 
 

元勤務先の同僚の桑ちゃん(桑原明さん)の親しい仲間が、夏のど真ん中、横浜のヨットハーバーに集まった。

恒例のクルージングとBBQパーティーだ。

以前は元勤務先のデジタル関係者のヨットの船上パーティだったようだが、

いまではクリエータ仲間にマーケティング仲間、さらにプロモーション仲間が集まる。

博学会メンバーも参加してきた。その中で営業出身者は、なんと私だけなのだ。

徐々に常連が増えて、今回は14名になった。

こうして集まるのは、もう何年続いているのだろうか。

 

 

この日も日本晴れになった。天候の心配よりも「熱中症」が心配だ。

定刻の12時半に全員が自慢の手料理、ワイン、ビールなど差し入れの手荷物を持参で集まった。





 

全長25フィートのバターボール号を桟橋に接岸し、パーティー用のデッキ(ウキ桟橋)が準備された。

BBQ用のテーブルやチェアがセッティングされた。

 乾杯!
 一気に手料理が並んだ。

 カモメも食べ物をせがんでいる。
 

桑ちゃんが焼き鳥を焼いています。




なかには、まだシニア現役のメンバーもいて多士済々。

飲み始めたら、全員の最近のトピックスのショートスピーチが始まり話題は尽きない。

とにかくおしゃべりの得意なメンバーだ。しゃべり出したら止まらない。


 

写真は全て笑顔に笑顔。

あっという間にビールが無くなり、ワインも何本も空いていく。時間が経つのも忘れる。



お待たせしました。タンドリーチキンが焼きあがりました。

焼き鳥、タンドリーチキン、ビシソワーズ、野菜のマリネ、餃子?、ビーフンサラダとレストラン並みです。
コリアンダーは、別添えです。

 

 

隣のボートは100キロ以上のカジキマグロを釣り上げて帰還した。

 


今日は風が強いので、バターボール号は、クルージングはやめました。
なのでキャビンは倉庫状態です。



夕方になり、三々五々と仲間が帰っていく。

最後まで残るのはなぜか毎年同じような仲間だ。


 

既に飲み始めて7時間以上たっている。後ろ髪を引かれるようにヨットハーバーを去る。
その前に、食べたもの、飲んだものの片づけは酔っていてもちゃんとやります。



暗くなったハーバーを後にします。

しかし、数名が最寄りの駅前にあるラーメン屋での反省会で〆になる。

 

今夜も飲みすぎによるトラブルもなく、無事解散になった。

桑ちゃん、準備に幹事にお疲れ様でした。

仲間の皆さんも、ルールを守り楽しいパーティーをありがとう。
また次回。どんな仲間が集まるか楽しみです。

 

 

| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 07:59 | comments(0) | - | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    間宮武美 (06/22)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    間宮武美 (06/21)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (06/21)
  • 「まだん俳句連中」の特別吟行は、一泊二日の初秋の伊勢路。伊勢の間宮の遺伝子が騒ぎました。
    原条令子 (03/03)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    miyu (11/02)
  • 鎌倉市民プール(鎌倉海浜公園プール)はオープンして58年目です。ここでお願いです。
    yuzo seo (04/21)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    カナダからの手紙 ♪ (10/31)
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE