鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
4回目のOB湘南会。江ノ島は日本晴れ。今年も元気な仲間が集まった。


今年も昨年と同じ2月7日に開催しました。
元勤務先のOB湘南会は、今年で4年目。
 
大磯が湘南の発祥地だ。湘南会は湘南ナンバーのエリアだけだ。鎌倉は横浜ナンバーだから湘南会には入れない。
加山雄三や桑田佳祐はいいが、裕次郎はどうなるのだ、とかとか…。
我々の「湘南会」はいろいろな議論の結果、北緯35度23分より低緯度、磯子駅から湘南台の直線で結んだ
地域から南の海岸線までの在住メンバーで構成されることになりました。
イメージとしては大磯から葉山までが順当なところです。
 
今日も江の島は日本晴れ。
富士山も大きく雄姿を見せてくれました。
江ノ島弁天橋を渡ると、参道のふもとにその旅館はあります。


 
地元の江の島の老舗旅館(恵比寿屋)の大広間に60歳から今年米寿を迎える先輩まで、
元気な仲間が集まりました。
その老舗旅館は幹事の地元仲間がオーナーで、いろいろと便宜を図って戴き歓迎してくれました。



今年も年配の我々を配慮して椅子席の宴会になりました。ありがたい配慮です。


 
今日の献立は「大黒」如月。昨年と同じです。 
相模の夕べというメニューで、先付け、前菜、お造り、小鍋、蒸し物、焼き物、揚げ物、
酢の物、飯、お椀、甘味と食べきれないほどのメニューです。


 
旅館の名前が昆布に切りこまれています。



司会の島崎さん。時々冗談っぽい和やかな進行は、彼の人柄を表しています。
今日の席順は抽選(しおりカード)により自分の席が決まります。
なんと彼はデザイナー心を発揮して、手製のオリジナル(しおり)を作ってくれました。


 
この会には一度も参加していませんが、つい先日亡くなった湘南仲間の先輩の追悼を考えていたら、
この一年に数名の湘南メンバーが亡くなっています。
冒頭に代表幹事の大六さんが名前を読み上げて、参加者全員で黙祷をしました。
大六さんは有名サーファーです。江の島の海にサーファーの絶好の波乗りポイントを名づけました。
「大六ポイント」です。

歓談タイムです。


 
今年初めて参加のSATO君。一番若い60歳、昔は同じ営業局の時代もあり、良く飲みました。


 
今年、米寿を迎えるKANEKOさん。
僕は「ブランデー 水で割ったら アメリカン」のCMを何年も一緒に担当しました。


 
KANEKOさんは、昨年も広告関係の本を出しました。「世界いろいろ 広告いろいろ」。
いま取り寄せています。読むのが楽しい。
2時間半の宴会もあっというまに終了。


 
記念写真を撮ってお開きです。
みんな家が近いせいか、3時半から2時間は、ほぼ全員で二次会。


 
この江ノ島の洲鼻通り「忠兵衛」も、幹事の地元のコネで値段の割にはいろいろとお酒の肴が出ました。
今日は伊勢海老が不漁で手に入らないのでサザエの壺焼きをサービスで出してくれました。

 元気なママです。

 
そして三軒め。みんななかなか帰りません。片瀬江ノ島駅前の「ねこん家」。
ほぼ酒だけ飲んでいます。


 
私は夕焼けがきれいなので、ひとりで浜に写真を撮りに出ました。
近くにサーファーの若者が3人。
サーファーでは有名なポイント「大六ポイント」を知っているかと聞くと、最近そこで波に乗りましたと若者。
「今、駅前で大六ポイントの大六さんと飲んでいる。会いたいか」
「マジすか!」


 
という訳で若者サーファーと今日の代表幹事の大六さんを「ねこん家」の前で引き合わせました。
元気な若者と記念写真です。

 左が今年の席順しおり

 
今日の会場での席は(しおり)の席順番号に座ります。もちろん裏返しになっています。
帰宅して昨年の(しおり)を見たら、あらら!偶然にも昨年と同じ番号。
来年も同じ席番号を当てたら、幹事からワインの特別サービスを戴けそうです。

 
それにしても、地元の気楽さで夜が更けるまで祝宴は続くのでした。
| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 19:38 | comments(0) | - | - | - |
バーンロムサイって、「ガジュマルの木の下の家」という意味です。

 
原村の節子さんから「明日、銀座の伊東屋で名取美和さんが来てトークショに出るの。
一緒に行きましょう」とメールが来ました。
 

 
名取美和さんは1999年にHIV感染孤児のホームをタイの北部チェンマイでスタートした方です。
ご縁があって、節子さんと共通に、長いお付き合いがあります。
もう少し詳しく説明しますと、バーンロムサイは、HIVに母子感染した孤児たちの生活施設として美和さんがチェンマイに設立しました。
当時、国立孤児院から30名の子どもたちがやってきました。
開設から3年の間に10名の子どもたちがエイズを発症して命を落としました。
今では抗HIV療法を取り入れ2002年以降は誰ひとり亡くなってはいません。
 

 
バーンロムサイでは、自立のための事業としてNPO法人バーンロムサイ・ジャパンの支援のもと、裁縫工場とゲストハウスを運営しています。
この事業がいわば“家業”となり、子どもたちの将来の職場や職業訓練の場ともなることを願い継続してきました。
娘が母の活動を支え始めています。すごいです。
 

 
銀座伊東屋B1で、2月3日〜12日までバーンロムサイ主催の「+ARTイベント」です。
「川村亘平斎の影絵と音楽」というイベントです。
おそなえ きのみ(木の実をお供えしてきれいな花を咲かせる話)です。
バーンロムサイ・ジャパンは+ART活動として国際的に活躍する若手アーチストを、
チェンマイのバーンロムサイに隣接するホシハナビレッジに招聘しています。

 


木の実がいっぱいお供えになると、ガジュマルの木が、きれいなカラーの花を咲かせます。

 

 
このイベントを主催する名取美和さんのお嬢さん。
 

 
名取美穂さん。バーンロムサイ・ジャパンの代表です。


 
川村さんは、かつてバーンロムサイで子どもたちを前に、スクリーンで影絵を見せました。
言葉は何と流ちょうなタイ語。


 
英語でなぜ影絵がカラフルなのでしょうと。
見事に花が咲いたスクリーンのエンディングです。
 
影絵でおかげさまの心を学びました。
今日のトークショーは美和さんではなく、お嬢様の美穂さんでした。
 
私はご縁があって2004年10月に家人とともにチェンマイのバーンロムサイを訪問して、
当時のホームの作品としての熊の人形作りの奉仕をしました。





 
工房で二人でひたすら、かわいい人形を作りました。
 

 
美和さんと語る家人。


 
私の力作・スーパーマン。



 
以前、東京六本木の展示会で買った作品。
ナット君の作品ですが、今はもう立派な大人となっています。
生きている。車の作品をつくったこの子は元気に生きている。
今はチェンマイ大学でファインアートを学んでいます。
美和さんはすごいことをしています。


 
今の子どもたちの絵です。
作品として売れたお金は、すべて子どもたちの薬代になっています。
子どもたちは死なずに18歳以上は自立して生きていけるようになりました。
良いお話です。
| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 21:32 | comments(0) | - | - | - |
もうじき2月。時の立つのは、早いですね。記録的な寒さの中、俳句会と偲ぶ会です。



 
【まだん勉強句会】
『まだん』と言う俳句連があります。韓国駐在時代の『ソウル俳句会』の帰国仲間が中心の会です。
「まだん」とは韓国語で「庭(ひろば)」と言う意味です。
 
新年早々の句会は、椿山荘の近くの会場での俳句勉強会から始まりました。
勉強会とは、普段の吟行句会と違って、兼題と嘱目季語で句を作って持ち寄り、みんなで句評をするのです。

今回の兼題は―夜、除夜の鐘 1句 △年玉の1句。残り3句は当季嘱目3句。
私は葱(根深)、寒見舞い、雪の3句を出句しました。

会場は肥後細川庭園(旧名:新江戸川公園)。
今日は、他に夜も集まりがあるので、句会の懇親会は欠席で、午後の句会のみの参加です。
出句した5句とも全部点を戴きました。珍しい。



 
神田橋の駅を出ると神田川。その川沿の道を1kmほど歩きます。




 
「肥後細川庭園」は幕末時代は細川家の下屋敷で、明治になって細川家の本邸として使われました。
整った庭は素敵な庭園になっています。
先日の大雪もきれいに邸内の縁路は除雪されていました。
雪吊りもキリリとして、佇まいが素晴らしい。


 
記録的な寒さで、池には薄氷が張っています。
 
池凍る何か投げたくなる気持ち UTさんの句

勉強会ですが、吟行句のような、さっき見た景色が詠まれています。
2番目に多い得点の5点句でした。




 
句会の準備で清記用紙、選句用紙、予備選句用紙と配られて、
句を書き込む短冊も5枚あります。
そうです、今日は5句提出です。
 
リュックより頭出したる根深かな  武舟 3点句(特選句含む)
根深は葱のことです。
良く見かける風景ですよね。

寒見舞い里から届く伊勢手拭   武舟 3点句

お年玉母の手づくりポチ袋     武舟  並選句

紫の法衣の揺れし除夜の鐘    武舟  並選句

雪はげし五輪の里は視界ゼロ   武舟  並選句
平昌(ピョンチャン)五輪を平壌(ピョンヤン)五輪と言われるくらい韓国は妥協して譲歩しています。
オリンピック&パラリンピックが終わった後は「北」がまた暴れだすんでしょう。
ソウル赴任経験者ならば理解できます。
 
五句の提出句が全て点が入りました。
このところない快挙ですね。



会場の前で記念写真で、解散。
 
【スタンプガーデン 充子さんを偲ぶ会】
 
その足で地下鉄を有楽町線、半蔵門線、大江戸線と乗り換えて一気に六本木まで。
夕方からの会合は、高校の仲間で14年前に亡くなった、スタンプ充子(ちかこ)さんを偲ぶ会。
10人ほどの仲間が集まりました。



 
近くには30年通った俳優座裏のバー「若いおまわりさん」がありました。
2006年に閉店しました。今は違う名前の店になっています。
オーナーだった同年代の南子さんは、どうしているだろうか。


 
そのすぐ近くに今日の会場「スタンプ・ワインガーデン」があります。
充子さんのご主人の故:スタンプさんのお店です。
 
お店の真ん中のテーブルに高校仲間の男女が集まり、ガヤガヤとおしゃべりを続けます。

 コンソメスープ
 佐賀牛のステーキ

 
ウニのカクテル、コンソメスープ、佐賀牛のステーキ、デザート。シェリー酒、白ワイン、赤ワインが続きます。
こんがり焼けたフランスパンもおいしい。
デザートは写真を撮り忘れました。それに〆はコーヒー。
 
そもそもこの仲間の集まりは、1964年の12月から高校の野球部の男性中心に始まった会です。
その流れで、いつしか女性も加わり、いつしか、充子さんの薦めで「スタンプガーデン」が会場になりました。
私はソウル赴任中も、ほぼ100%駆けつけました。
50年近くも続く会なのです。
 
今回も清水市、西浦和から、鎌倉市からと遠方から集まってきました。
食べて、飲んで、しゃべっての3時間。
昔は人数分のワインが空いて、今は3時間で3本のワインが空いただけです。
みんな年取ったんですね。


 
お店の前で記念写真を撮って解散です。
 
2000年12月5日。
充子さんとあった最後の日です。
恒例のスタンプの会の出席の為に、ソウルから駆けつけました。


 
二次会のお店「若いおまわりさん」で、残った人数で唄って、飲んで、おしゃべりです。


 
和服姿の充子さんは、今でいうフラッグシップのキャビンアテンダント(スチュワーデス)で、
私はその航空会社が広告の得意先なので話が合い、ウマが合いました。
みなさんをそっちのけで、二人で話が続いたものです。

 
2003年に、私にとっては忽然と姿を消した人です。
ソウル赴任中でもあり知らない間に、彼女は天に召されて仕舞いました。
今では懐かしい友人です。
 
人生いろいろですね。
| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 21:31 | comments(0) | - | - | - |
童謡が誕生して100年。童謡(わらべうた)を考えたり、聞いたりしてみました。
【 お札納めと、通りゃんせ 】


 
新年からは新しいお守りが玄関を飾ります。


 
まずは我が家の昨年のお守り「おはらいさん」。鶴岡八幡宮に古くなったお守りを納めに参ります。


 
境内にある札納め場所です。



 
段蔓を歩いて三の鳥居を入ります。
納めどころへ、「お札を納めにまいります」。
そのあと、本殿にお参りです。

 
そこで懐かしい童謡(わらべ唄)を思い出しました。
 
通りゃんせ、通りゃんせ
ここはどこの細道じゃ
天神さまの 細道じゃ
ちっと通して くだしゃんせ
御用のないもの、通しゃせぬ
この子の七つの お祝いに
お札を納めに まいります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ 通りゃんせ
 
何故「行きはよいよい 帰りはこわい」 なのか、その意味が分からなかった。
こんな話があるという。
江戸時代は「7歳までが神の子」。7歳が節目でその地の氏神様の氏子になるそうだ。
神の子の時は、何でも許されるが、氏子になれば簡単に許されない。
お参りが済んだら、神の子から氏子になり、これからは責任もって生きていかなければならい。
それが「行き」はよいよい、「帰り」は怖いに繋がるという説だそうだ。
「赤い靴」「青い目の人形」「かごめかごめ」と
昔の童謡(わらべ唄)には、いろいろな裏の話があるそうで、奥が深そうです。




あの銀杏も、ここまで成長してきました。

 
【 森ミドリさんの 童謡コンサート 】


 
八ケ岳の原村。リングリンクホールの常連出演者の音楽家・森ミドリさんから、
祝 童謡誕生100周年 「童謡を愉しむコンサート」のパンフレット。
元リングリンクホールの小林節子さんから、一緒に行きましょうと誘われました。
1月21日 1時21分開演と、森さんらしい企画だ。
 
ペンクラブ仲間の作家の下重暁子さん(歌)、太田治子さん(朗読)、志茂田景樹さん(朗読)。
そのほか田中星児さん(歌)、伊藤和さん(朗読・96歳)、慶応義塾大学ワグネルソサエティーと
多彩な方々が童謡をテーマに歌や朗読のコンサート。
ピアノやチェレスタで演奏、伴奏は、もちろん森ミドリさん。

公演本番は撮影禁止です。シンプルな中に楽しい朗読と歌のイベントでした。
(なのでステージの写真はありません)。

渋谷区文化総合センターのお客様が85%は、私と同年齢の女性客でした。


 
楽屋訪問しましたら、さっそく太田治子さんとお会いしました。
あらぁ、お久しぶりですねぇ〜!節子さんと3人で・・・。パチリ。

森ミドリさんは約10年間ほど、我々が企画する「リングリンクホール」のイベントの常連出演者。
いつも、誰かを一緒に同行案内して、楽しい実演をしてくれたのです。
公演後の食事や、お酒が、また楽しいのです。



 
2012年6月には、作家の太田治子さんがご一緒だった。
ご存知、太宰治の御嬢さんである。
得意の詩の朗読をしてくれました。



イベントが終わり懇親会でツーショットです。





 
リングリンクでは、太宰治の愛人、太田静子さん(治子さんのお母さん)との話をし、
「斜陽日記」にサインをしてくれ、「明るい方へ」の自著にもサインをして戴いた。



翌朝、お帰りになる前にミドリさんと一緒にパチリ。

以来、お住まいも近いので、メールではなくお手紙のやり取りをしたりしていました。
ひさしぶりに、たしか5年ぶりにお会いしました。
相変わらず身の上話が興味深いです。


 
この日も楽屋で写真を撮りました。
傍にいらした志茂田景樹さんとは、30年も昔、銀座のバー「アイリーンアドラー」のカウンターで、
毎晩のようにおしゃべりの記憶があり、景樹さんは、そのことを良く覚えていました。
「顔見たら思い出しました」と。その志茂田さんも、既に77歳。昔の話です。


 
何と節子さんと「リビング4」でテレビで並んで喋っていた岩崎美智子さんが、
私の席のそばにいらしたので、初対面ですが、公演後に記念のツーショットをさせて戴きました。


 
この絵は森さんが1年生の時に描いた自画像だそうです。
パンフレットの片隅にレイアウトされていました。


 
同じころの私の1年生の絵日記です。
ディズニー映画の「小鹿のバンビ」を母に連れられて見に行った日記です。

ところで、今回はツーショット写真が多いですね。
結構ミーハーな私です。スミマセン!!


 
| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 16:20 | comments(0) | - | - | - |
恒例の鎌倉七福神歩き。「十日戎」の日は晴れていたけれど、風が冷たかった。


今回も元勤務先の先輩後輩とその友人達が、元気な顔で北鎌倉に集まりました。
天気は日本晴れだが、風が冷たい。


 
まずは「浄智寺」へ向かいます。
国道を曲がると、今年も真っ黄色の蝋梅が迎えてくれます。


 
浄智寺の門には「近在所寶」とあります。
(身の回りに素晴らしいものがある。それに気が付きなさい)という意味だそうだ。



 
この庭の物静かな風情が好きです。竹林を思わせる雰囲気も落ち着いた気持ちにさせます。
境内の奥の(やぐら)に等身大の「布袋尊」。


 
「幸せは、あなたのすぐ後ろ、ほら、すぐ近くにありますよ」と指を差しています。


 
次に向かうは鶴岡八幡宮。



 
源氏池に浮かぶ島にある「旗上弁財天社」。


 
源頼朝や北条政子が祈願を行ったと言われる弁財天が祀られている。


 
ここには白い鳩が集まってくる。
 
次は「宝戒寺」の「毘沙門天」をお参りする。
病魔退散!武将に崇められた守り神です。
ここは本堂に祀れている毘沙門天の写真は撮れません。


 
七福神の手ぬぐいのお土産で勘弁してください。



 
次に「妙隆寺」の「寿老人」。
ケヤキの一本造りの像。鹿を従えた長寿の神様です。


 
午前中の最後のお参りは、なんといっても「本覚寺」の夷さま。
商売繁盛をもたらす福の神です。


 
ちょうど今日は年に一度の「十日戎」です。
大勢の参拝客が福を求めてやってきます。
 
さて鎌倉駅前の生涯学習センターで一休み。ランチです。

午後は元気な人は長谷まで2キロの歩きです。
一部の方は江ノ電やバスで長谷に向かいます。



 
「御霊神社」には「福禄寿」が祀っています。
幸(福)、財産(禄)、長(寿)の神様です。
本堂手前の宝蔵蔵に祀られています。


 
今回のフィナーレは「長谷寺」の「大黒天」。
財福、出世、開運の福の神です。
今回もたくさんの福を受けて、お参りが終わりました。


 
記念写真を撮ったら、解散です。
 
とはいっても鎌倉駅に戻り、全員で打ち上げです。
良く歩き、よくしゃべり、良く飲んで、食べて・・・。

 
今年も、良い一年になりますように。
| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 09:30 | comments(0) | - | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    三戸 寛子 (05/11)
  • NHKBS1に、日韓の架橋・安東の緒方恵子さんが出演しました。
    小嶋英生 (03/07)
  • まだんの新年句会は世田谷・豪徳寺句会。その前に松蔭神社もお参りしました。
    yasuto (02/05)
  • 洪知恩と書いて(ホン・チウン)と読みます。ソウル時代の秘書さんです。
    Jieun (06/09)
  • ヨットでワイン。ジャズでワイン。元気な同世代と過ごした週末です。
    植村 (02/02)
  • 初めて見る黒部ダムのアルペンルート。しかし天気は絶望的。ロープウエイは動くだろうか?
    山本雅世 (09/27)
  • 高遠の隠れ家は早朝18度。長袖のパジャマが丁度良いです。都合2泊の天国でした。
    noriko8 (08/14)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE