鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
今回はうまく行ったね。鎌倉アジサイウォークは一日降らなかった。

 

 

前回の大学の倶楽部のハイキング会は大雨で中止になった。

今回の常連メンバーの鎌倉の四季歩き。

アジサイウォークは午後からパラパラとの予報だった。

朝起きて予報を見ると、夕方までなんとか天気が持ちそうな感じだ。

久しぶりの「晴れ男」宣言をした。

アジサイ歩きは小雨決行が基本。なんとかなるさ。

 

 

定刻に北鎌倉駅に仲間が集まった。

今日は超混雑する明月院、長谷寺を避けて、徒歩プランを立てている。

「せっかくだから、混雑覚悟でも、どうしても明月院に行きたい」

静岡から片道2時間半かけてやって来た仲間が言った。

「うーむ。それでは円覚寺はやめて、アジサイ寺の明月院!行きます!」

 

 

ところが天候が不安定なのか明月院に向かう小径に長い行列がない。

なんと、山門までノンストップで歩いて行けた。

 

 

さすがに庭内は、観光客でいっぱいだったが、ちゃんと前に進む。

 

 

しかし、借景を生かした人気の本堂の「丸窓」。

本堂の奥にある「悟りの窓」を撮影する人の行列が半端ではない。

 

 

北鎌倉付近で円覚寺、東慶寺、浄智寺、長寿寺の4つのお寺を回って旧市街へと考えていた。

二つ目の寺は「東慶寺」だ。

 

 

アジサイを訪れる人が少なく、いつものように落ち着いて鎌倉を感じてもらえるお寺だ。

 

お正月の鎌倉七福神歩きの最初の寺。鎌倉五山第四位の「浄智寺」。

 

 

ここも落ち着いた雰囲気でお参りできるお寺だ。

「お腹がすいた」

仲間の誰かが言い出した。見ると俳句の吟行句会をしている方が座っている。

その横にもベンチがあった。

「しばらく、ランチタイム。静かに食べましょう」

天気も持ちそうなので、30分以上の休憩になった。

 

 

 

布袋さんのおなかをなでるご主人を撮るご夫婦。

桜ウォークとは異なるお寺巡りに、満足してくれている。

 

次は季節限定の土日に公開している「長寿寺」。

 

 

この庭園は足利尊氏のゆかりのお寺で、住職が丹念に手入れをして美しさを保っている。

苔と白砂のコントラストが素晴らしい。

私は秋の紅葉の長寿寺が好きだ。

 

 

いろいろな色の紫陽花の前で。

 

 

打ち上げの前に、今回、ぜひ行ってみたいのが「浄明寺」。

円覚寺前の観光案内のボランティアさんに今日の紫陽花の見どころを聞いたところ、

「浄明寺の石窯ガーデンの前庭にあるアナベルが一番」と教えてくれた。

バスを利用して行ってみた。

 

 

アナベルとは真っ白なアジサイで、花言葉は「ひたむきな愛」。

いつもは4時で閉店のティールームが開いていた。

庭のテーブル席に座り、それぞれの飲み物と休憩とおしゃべりを楽しんだ。

 

参加した全員が、一番感動的なアジサイと言ってくれた。

私も初めての経験だった。 

なんでもひとこと語り掛ける私の癖。朝いちばんに仕入れた情報が、

この日最後のウォークで実った。

ボランティアの女性に感謝だ。

 

最後は駅前の「川古江家」で、しっかりした一献が待っていた。

 

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 13:52 | comments(0) | - | - | - |
またハイキングの季節になった。地元の紫陽花ウォーキングが大雨で中止に。

 

 

初夏と秋には大学の倶楽部「放研三田会」のハイキング部会の企画をしている。

私が韓国から帰国して幹事に参加したときは、

数名の先輩幹事が居て、比較的若い私は湘南エリアだけを企画担当していた。

次第に年配の幹事が役目を降りて、やがて数年前から私がメイン幹事になった。

年齢の近い幹事が一人減り、二人減り、後輩の女性幹事が、

会計と私が作成した企画をメールや郵送でアシストしてくれていた。

 

 

今年からある事情で後輩女性も去り、

企画、下見、案内、実施と私が幹事の役目をすべて担うことになった。

1000人を超える倶楽部の運営は数年前から世代交代を考慮して、

事務局運営をうまくバトンタッチし、若い世代中心に組織が一層活性化した。

 

 

ハイキング部会だけは、そういうわけにはいかない。

たまには湘南以外の企画をしてほしい。当然のリクエストだ。

 

 

昨秋は玉川上水の源流を訪ねて、武蔵野の香りを楽しんだ。

企画は好評だった。

 

 

今年の初夏の企画は下見の機会を失って、安易な鎌倉の紫陽花ウォーキングとした。

案の定、ハイキング参加者の反応が少ない。

期待した常連の先輩後輩が孫の世話や旅行や他の約束との理由で欠席者が多い。

 

大いなる反省の元、観光協会とアジサイ場を聞き、地元の下見を行った。

観光客で混雑する北鎌倉の明月院や、長谷の長谷寺は避けて地味な名所を組み込んだ。

 

友人たちと四季折々に企画する鎌倉歩きでは「紫陽花ウォーキング」だけは小雨決行。

しかし、一度も小雨になったことがない。私は「晴れ男」なのだ。

 

 

 

しかし今回の本番当日は週間天気予報でも全国な大雨の模様。

早めに土曜日の企画を日曜日に延期した。

結果、日曜日はほかの要件があると、半数近くが不参加に。

日曜日は、見事に晴れたのに……。

 

 

 

秋の企画は、湘南を離れて武蔵野とか東京下町とか趣向を変えないと。

大いに反省をしながら、早めに下見を準備して、楽しい企画にしようと。

今から、気持ちを切り替えている

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 16:23 | comments(0) | - | - | - |
鎌倉には青木さんがいる。老舗人力車、昭和から平成を駆け抜けた男。

  

 

ある朝、地元のFMラジオから観光人力車夫の青木さんが番組に出ていた。

30年以上も鎌倉で人力車の風景を創った男として取材を受けていたのだ。

そんな青木さんに、かねてから興味を持っていた。

 

 

 

3月末に英国人とドイツ人の知人を鎌倉案内している途中、ふと立ち寄ったコーヒの店。

若宮大路の店の前に、客席に赤い敷物を敷きピカピカに磨かれた人力車が止めてあった。

見事な赤と黒のコントラスト、まじかに見た伝統的で魅力的な人力車の姿だった。

 

店の中に入ると入口のそばの席に青木さんが休憩していた。

「青木さんですよね。前からラジオでお話を聞いていました。少しお話できますか」と。

青木さんとは気軽に話ができ、写真を撮らせていただき名刺交換までさせて頂いた。

同行の外人仲間も日本的な衣装の出で立ちが珍しいと、喜んで撮影させてもらった。

 

 

青木さんはフェイスブックをされているので(ともだち申請)、その日のうちに(ともだち)になった。

さっそくフェイスブックで、その日のお礼と著作を購入する約束をした。

 

 

「人力車が案内する鎌倉」(光文社新書)と、のちに、

「鎌倉には青木さんがいる」(出版社1ミリ)を手に入れた。

前者は鎌倉で人力車の仕事を始めて20年目に出版された。

人力車人生と鎌倉の案内になっている。

 

後者は鎌倉出身で、最近一人で小さな出版社を立ち上げたばかりの若い古谷聡さん。

出版社1ミリの第1号出版として青木さんにアタックして、見事快諾を得て出版になった。

青木さんが創業35周年という絶好のタイミングでもあり双方偶然が叶い出版に至ったという。

青木さんの語りという形で、編集の古谷さんが聞き語りを上手くまとめている。

 

そのころ私も地元の古谷さんの存在を知り、近くの店でいろいろな出版談義をしている。

 

 

 

ある時鎌倉にある川喜多映画記念館で青木さんの映画とトークショーがあることを知った。

 鎌倉シネサロン 有風亭 青木登かまくら案内

力俥 RIKISHA」 上映+トークイベント 68日 14時上映

 

 

 

 

さっそく当日、会場へ向かった。

「力俥 RIKISHA」鎌倉純愛編(25分)、「力俥 RIKISHA」草津熱湯編(32分)

短編2本を堪能した。

 

 

 

トークイベントは青木さんと監督のアベユーイチさんの舞台出演だ。

脚本のむとうやすゆきさんも後半で舞台に加わった。

アベ監督がフランスニースでの上映機会を誘われた話からいきさつを説明。

鎌倉とニースは古くから姉妹都市の関係を続けている。

同時に鎌倉を舞台に青木さんの存在にこだわっていた脚本家(むとうさん)と

監督(アベさん)の二人のマッチングで、鎌倉の青木さんの物語の映画化はまとまった。

偶然に偶然が重なるご縁の末に出来上がった映画といえる。

 

青木さんは人力車操行の監修で撮影全作業に関わったという。

70歳の青木さん以外は、本当に若いスタッフが集まって映画製作された。

それも最初の二本の映画は自主製作。ポケットマネーで苦労して製作したという。

一本を4,5日で撮り終わったという。

 

既にこの後、東映のサポートがあり「浅草立志編」「すみだ旅立ち編」が撮影済みだという。

川喜多映画記念館での上映が楽しみだ。

 

 開業したころの青木さん。

 

最近は鎌倉駅の裏駅でも小町通りでも体格の良い日に焼けた若い青年達が客引きをしている。

新手の大手会社の人力車ビジネスだ。

青木さんは、そんな客引きをする車夫が少なくない中、

開業以来35年、頑なに「客引きをしない」ことを信条としている。

普段は北鎌倉の円覚寺前で、お客様を待機している。

日焼けした笑顔がチャーミングな、お話ししていても素晴らしい職人だと思った。

 

麗らかな鎌倉の風景の中に、小柄ながらもがっしりとした体躯。

藍染めの半纏に、茄子紺の股引。真っ白なはだし足袋とのコントラストが精悍な印象を与える。

短く刈り上げられた白髪混じりの頭には細くねじった豆絞りがきりりと食い込む。

日焼けした健康そうな顔に刻まれた数多くの皴が、長年の経験に基づく確かな信頼感をも物語っている。

 

編集を担当した古谷聡さんの青木さんを描写した一文である。

 

 

 

トークの後半で1ミリの古屋さんも出版に至るエピソードをコメントしていた。

前に本人から聞いた話だが、本当にいい話だった。

 

最初の著書では、青木さんは当初70歳まで車を引くと言っていたが

最近の著書では、100歳まで生きて90歳まで車を引くと言っている。

これもいい話で、すごい話だ。

 

 

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 18:14 | comments(1) | - | - | - |
鎌倉に桜が咲きはじめるとにぎやかな「鎌倉まつり」がやってくる。

 

年の鎌倉まつりは、4月14日から21日の間に開催される。

 

 

初日は若宮大路でのパレード、ミス鎌倉のお披露目、舞殿における静の舞が繰り広げられる。

地元の腰越では義経にご縁のある満福寺で地元の方々による「義経祭」が行われる。

最終日の21日には鶴岡八幡宮の境内で「流鏑馬」が行われる。

このイベントは復興支援事業になっており、観客席450席を3000円で購入できる。

 

 

2009年の鎌倉まつりでは、パレードの先陣を切ってパートナーシティを、

目指している韓国の安東市の仲間たちが行進した。

「韓国河回(ハフェ)仮面劇」のメンバーだ。

サムルノリの打楽器の音色に合わせて、いろいろなお面が登場したのだ。

 

 

行進の後、彼らは鶴岡八幡宮の境内で伝統的な「韓国の仮面劇」を、

たくさんの聴衆の前で演じてくれた。今となっては、懐かしい出来事だった。

 

 

今年はうっかりして、パレードの開始時間が早まっていることに気がつかなかった。

鶴岡八幡宮についたら、すでにパレードは解散して、法被姿の参加者たちは帰途に就くところだった。

 

 

この写真は、かつて「鎌倉プロモーショナルフォトコンテストに優秀賞になった作品だ。

『赤だ!そのまま止まれ』。パレードのフィナーレの一コマ。鳶職による梯子の演技だ。

優雅な鎌倉の景色ばかりの参加作品の中で、ユニークな作品と審査委員長から評された。

グランプリにも匹敵するほどだと。(ならば、せっかくなので、そうして欲しかったな)

そんな思い出にあふれる「鎌倉まつり」。

 

天気が良いので、そのまま午後から行われるミス鎌倉のお披露目だけ付き合った。

市政80年という割には、観光協会は力が入っているのかどうか。

観客の数は、いつもより少ない。なぜだろう。

市の広報の問題なのか、毎年、判でついたような、まったく同じ企画だからなのか。

まったく、工夫が感じられないと思わざるを得ない。

 

 

 

 

20日の土曜日は地元の腰越で「義経祭」。

平家を滅ぼして凱旋した源義経は、頼朝の命に背いたというの理由で鎌倉入りを拒まれた。

腰越の満福寺で頼朝へ対して鎌倉入りの許しを乞う「腰越状」を書いて頼朝の怒りを解くことに努めたが許されずに、逆に追われる身となった。有名な話だ。

 

 

腰越の龍口寺から腰越の電車通りを経て満福寺迄のパレードだ。

地元の高校や中学の吹奏楽団を先頭に、ミス鎌倉を乗せた乗り物。

いつもはN社の真っ赤なオープンカーなのだが、ある騒ぎのために自粛で借りることができない。

ならば、流行りの人力車にでも乗って、パレードに参加すればよいのにと思った。

 

 

義経姿の松尾鎌倉市長、地元の議員さんたちも法被姿で行進。

最後は地元腰越小学校の子供たちの「よさこいキッズ」たちの踊りが続く。

 

最終日は、やはり日本晴れなので、鶴岡八幡宮の「流鏑馬」に出かける。

少し出遅れたが、地元マスコミの撮影場所の近くになんとか陣取れた。

ナイスショットが期待できる場所だ。

1時間余の迫力ある名場面が始まった。

 

 

ナイススポットだが、馬のスピードとシャッターチャンスがうまく合わない。

スマホの連射撮影など駆使したり、数年間で撮りだめした中から名場面を紹介します。

 

話が変わるが鎌倉市の観光客は、年間2000万人。地元に落ちるお金は平均で3500円。

オリンピックが近づき、外人の訪問者が増えている。課題が山ほどだ。

街のインフラから考え直さないと、京都のように日本人の観光客に敬遠されることになる。

さぁ〜、どうする。

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 10:57 | comments(0) | - | - | - |
サイモンとフェリックスと歩く桜の鎌倉、江の島。タイミングの良い来鎌でしたね。

 

 

あるご縁で一橋大学の美穂子教授と知り合いになった。

彼女が議長をするシンポジウム「AIが産業テクノロジーの進化と法的な改革の影響」。

サイモン教授(英国)、フェリックス教授(ドイツ)を鎌倉の桜と江の島を案内した。

前日は東京の一橋講堂で11時から6時までタフで長いシンポジウム内容だった。

初めから終わりまで興味深く拝聴した。

 

準備を含めて本番と、その疲れも見せずに彼らは朝9時に鎌倉駅にやって来た。

昨日のスーツ姿とは違いカジュアルな姿でリュックを背負っている。

かさばる荷物のロッカー保管の必要もなく計画した通りコースを歩くことができる。

 

 

まず、若宮大路の段蔓。若い桜はまだ3分咲き。若木の才能はまだ未熟で、満開に咲いたり、

まだ蕾のままだったり、人間と同じだ。

八幡宮の本殿まで、かなり遠く見える。この道は見事な遠近法で作られている。

その遠近法を英語で説明が難しい。スマホで翻訳を見る。

 

 

鶴岡八幡宮の源氏池の桜はほぼ満開。まずはよかった。

 

 

舞殿横に奉納された酒樽が珍しいと記念写真だ。

 

 

八幡宮を少し離れて、住宅街の沿道を歩いてみる。桜は満開だ。ここも良し。

コーヒー好きの美穂子さん、コーヒーブレーク希望の気配だ。

若宮大路にできた新しいコーヒーショップで少し休憩だ。
 

 

そこで鎌倉で有名な人力車の青木登さんと遭遇。初対面だが挨拶をしてツーショット。

「人力車が案内する鎌倉」を読む約束をした。以前から興味を抱いていた方だ。

 

 

江ノ電で長谷の街へ。ちょうど光則寺の参道では縁日が行われていた。

無人の参道の桜が素晴らしいのに、少しがっかりして、すぐの高徳院へ。

 

 

大仏は外人の方は特に興味持たれる。

この日も中国、東南アジアから、欧米と国際色豊かだ。

「日本人は居ませんね。ここへは来ないのですか」とサイモン教授。

そんな事はないのだが、この季節はこうなってしまうのだ。

 

そこで藤沢市観光協会江の島案内所に電話。

「渡し舟は運航していますか」

「朝から風もなく、波も穏やかで、ちゃんと運航していますよ」と。

ホッとした。

 

江ノ電で「江の島駅」へ移動。駅前にコーヒーショップが出来ている。

ここでも立ち飲み用のコーヒーを買い求めた。

すでに「洲鼻通り」は、観光客で歩けないほどだ。

 

 

江の島弁天橋のふもとから、島の裏手まで歩くと40分の「岩屋洞窟」のある稚児が淵まで、

渡し舟の弁天丸では、わずか10分で到着する。体力と時間の節約だ。

到着すると、あいにく洞窟は工事中で入場禁止だった。

 

 

石段を上り見晴らしの良い「富士見亭」へ。お店の席のベランダ席が空いていた。

大海原を眺めながら「シラス定食」をいただく。

ここまでは予定通りだが、春霞で伊豆半島、富士山が全然見えない。

アイアムソーリーの気分だ。

 

 

この後、参道の坂を下って浜辺の「エノスパ」(江の島アイランドスパ)で遊ぶ予定。

アルコールなしでプール、サウナ、ジャグジーをゆっくり楽しみ、

西の空を真っ赤に染める夕焼けを楽しむ予定だ。

 

今日のキーワードは「桜とリラックス」なのだ。

 

マイケルは本番前の前夜に東京入りで本番。終日タフなシンポジウムと歓迎会。

時差の影響で、バテバテ気味。表情に表れてきた。

そろそろ由比ガ浜の旅館「わかみや」でゆっくりしたくなったようだ。

そこで計画を変更。旅館へ戻り7時からの部屋食まで一休みに変えた。

 

 

参道はまだお参りに来る人々で、道せましの状況だ。

 

このまま旅館に帰っても、元気な美穂子さん、フェリックスは旅館に付随した

プール、サウナ、ジャグジーでもスケールは違うが「エノスパ」と同じように楽しめる。

おまけに夕食までに、目の前の浜辺にでも出られる。

オリジナルの計画よりも「リラックス」コンセプトに合致するはずだ。

 

後で聞くと、翌朝は晴れていて、朝食前に目の前の浜に出て、日の出も楽しめたようだ。

 

 

なんとなく、結果オーライの素人案内人稼業。

少し不安だったので通訳士の後輩女性(江藤美紀子さん)の助けを得て、

チーム・マミヤのパワーが発揮できた。

美紀子さんありがとう。次回も機会があればよろしくね。

 

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 13:33 | comments(0) | - | - | - |
梅は咲いたか、桜はまだかいな。何とかサマになった鎌倉梅見ウォーキング。

  
 

いつものメンバーに、梅見予定日について数案の提案をした。

5案のうち一番早いタイミングで全員がOKの返事をしてきた。

2月17日の日曜日だ。

昨年は2月22日でかなりの梅は満開だったが、今年はご存知の寒波襲来。

梅の開花が遅れている。寸前まで観光協会に相談してコースを考えた。

 

 

集合場所は昨年同様、湘南モノレールの湘南江の島駅前。

驚いたことに駅舎ビルが新しくなっている。最上階の改札までエスカレーターが出来た。


 

その横にはルーフテラスが出来ていて、大きなベランダから海が眺められる。




 

最初のコースの常立寺の枝垂れ梅は、まだまだだが、白梅は何とかみられる状態だった。

 

 

隣の龍口寺は月一の骨董市が開かれていた。

イヨベさんは英国に居る孫のために一個300円のウルトラマンを買いあさっている。




 

高台にある仏舎利塔に登ってみる。海が見える。

梅が満足でないので、既に他のエンタテーメントを考えてある。

 

 

江ノ電が走る腰越電車通りを抜けて万福寺に向かった。


 

義経状で有名なお寺だ。ここも高台の義経庵に登る。景色が素晴らしい。

今日は、うめよりうみだ。梅より海。

鎌倉駅前の生涯学習センターが工事中なのでランチの場所に困る。

今日の計画では長谷寺の見晴らし台のテーブルでランチを考えていたが、

ここ万福寺にも見晴らし台があり、早めのランチタイムにした。

スタートして約2時間たつが、梅はまだ一か所を見ただけだ。



万福寺の階段から江ノ電を撮る。観光客は誰でもしたがるのは不思議だ。
相変わらず、大人でも子供でも江ノ電は人気者だ。

 


 

ランチを終えて江ノ電で「長谷駅」へ向かう。

長谷寺の手前の「収玄寺」の梅が予想外だった。想定外の満開で案内人としては助かった。

白梅、紅梅が満開で梅の良い香りがする。

「Good Smell」。外人客が喜んでいた。




 

観光協会のおすすめの「長谷寺」は、山門を入ると庭の梅は満開だった。


 

いつものように赤い提灯の前で記念撮影をする。

大分、梅見歩きのメンツが立ってきた。



 

また江ノ電に乗り鎌倉へ。バスに乗り換えて「荏柄天神」へ。

ここも梅は満開で迎えてくれた。




 

そろそろ最後の目的地。二階堂を抜けて「浄明寺」へ。

鎌倉五山五位の禅寺で、庭園が丁寧に手を入れてあり、行き届いた気持ちで迎えてくれる。
私の好きなお寺である。昨年の桜ウォーキング以来だ。

午後遅めの落ち着いた雰囲気の中で、静かに梅が咲いている。


 

何処からか鶯の鳴き声が聞こえる。



 

「あっ!鶯がとまっている」「梅に鶯だ」

絵になる写真が撮れた。

 

 

奥庭にある茶堂喜泉庵の前庭で少しくつろいだ雰囲気になる。

さて、そろそろいつもの駅前の川古江家の予約時間が迫ってきた。

 

ここまで書いていたら、信州在住の元会社の同僚から、

「ブログが止まっていますね」と催促のメールが来た。
「今、書いているところ」
「生きていてよかった」

「もう少し待ってね」と返事を書いたので、ここら辺で終了にします。


しかし、ブログを10日もあけると、生存を心配してくれる友達もありがたいのか、それもどうなのか。
フェースブックは書かなくても、(いいね)していれば生存証明になるのだが。
複雑な気持ちになった。

 

打ち上げ宴会は、若い仕事仲間といつもシニアメンバーが、話題も尽きなく放談が続いた。

 

次回の桜は、逆に開花が早いらしい。

4月にならないうちに満開になるようだ。



片瀬江ノ島の竜宮城が、オリンピックまでに変わると聞いた。

広い駅舎の中に何ができるのだろうか。楽しみにしておこう。


 

  

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 22:54 | comments(0) | - | - | - |
平成最後の正月。しばらくは「平成最後の…」が続く。Team MAMIYAの今年は……。



あけまして、おめでとうございます。今年のブログの中でよろしくお願いします。

 

ちゃんと目覚ましを掛けていたが、家族のドタバタという音で目が覚めた。

「まずい!6時半だ!」

一気に起き上がり着替えを済ませて、すでに準備の済んだ家族と浜へ向かった。

いつもは自分が真っ先に家族を起こすのだが……。

私の目覚ましは6時37分に鳴った。(とんでもない!間違った)。

 

 

既に浜にはたくさんの人が出ていた。


 

しかし、逗子方面の三浦半島にはどっかりと雲がかかっている。

少し上には雲の切れ目がある。

初日の出は、かろうじて期待できる。

 

定刻の6時52分になっても陽は見えない。


 

7時を過ぎて雲の切れ目から真紅の太陽が輝きながら陽を放った。

シャッターを切りながら、何度も拝んだ。

近くには家人、長男家族4人と次男がいる。
 

家族みんなが揃って浜に出るようになったのは3年前の元旦からだ。

長男家族が葉山から大晦日に我が家に泊まるようになり、次男も東京からやってきて、

全員で浜に出るようになった。その孫は7歳と4歳になっている。

 

 


 

初日の出を拝んだ後は、浜辺を腰越に向かって歩く。


 

「小動神社」で初詣参りだ。

 

一旦、帰宅して朝の元旦の儀式だ。

 


 

大晦日の夜から元旦の朝も、にぎやかに家人のお節料理に、祝い酒で賑やかだ。

孫にとっても「大人系」の料理に満足げに付き合っている。

 

長男のKip君は「腰越のじいじの家は、オセロがあって楽しいけど、食べるものは(大人系)」と言われて、

それ以降、家人はメニューに気を使った。 

お節料理はそうはいかない。

正月の儀式を次世代に、次々世代に伝えていかねばならない。

家人の努力には頭が下がる。

車2台で母の「田谷の里」へ行くので酒は我慢したが、

「車でなく、バスと電車で行けば問題ない」と逆転の発想。お神酒に手を付けた。

 

 

田谷にはTeam MAMIYAの97歳のゴッドマザーの母がいる。
ひいおばあちゃんとひ孫の久しぶりの対面だ。

少しのお節を持参して、一階のホールでお正月の膳が始まる。

2時間近く、一緒に懇談。ホールで長男とは、また缶ビールを戴いた。

記念写真を撮り、それぞれ帰宅する。

 



 

2日の大きな目的は「鶴岡八幡宮」の本殿でのご祈祷だ。

家人と次男の三人に加えて、三の鳥居で偶然に家人の友人に会い、

一緒に祈祷を受ける事にした。

1時間の間、控室でのご祈祷の待機、本殿に上がりご祈祷。

しんしんと冷える控室と本殿だったが、ありがたい時間だった。

 

3日は午後江の島神社のお参りが待っている。

こんな風に我が家の三が日は過ぎていく。

平成の間にやり遂げたい願いもあるが、

4月には「広告業界生活50年」を迎え、5月には「新元号」になり、

8月には「元気」高齢者から「光輝」高齢者になる。

はたして、今年はどんな2019年になるのだろう。

 

7歳の孫のKipの言葉。


 

「じいじは、オセロの白で四隅を押さえたけれど、安心しすぎて負けたんだ」

私は2年ぶりにKip君とオセロを戦った。

順調にゲームを進めたが、31対33で負けた。こんなことがあるのだろうか。
(右列二列目の4段目のよっつ目は、上面が反射して白に見えるが、実は黒なのだ)。

 

4歳の孫の言葉。


 

「この黒いレゴをアップロードすると、潜水艦がパワーアップするよ」

大晦日に一緒に入った風呂の中で湯に浮かせたレゴの潜水艦の黒いボタンを押した。

「とおとが教えてくれたの」と聞くと「自分で考えた」だって。

 

この子たちとちゃんと遊べるのは、いつまでなのだろうかと、

うれしくも複雑な感じの正月だった。

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 12:07 | comments(0) | - | - | - |
意外だった鎌倉の紅葉。台風の潮風にやられていたはずなのに。想定外の長寿禅寺。

  
 

今年の鎌倉は、何回も台風に見舞われた。潮風に葉が傷み、紅葉は期待できなかった。



 

そんなわけで昔の紅葉を私の画像の中から探し出していた。

覚園寺の紅葉が一番と保存していた。


 

鶴岡八幡宮の銀杏も見事だった。

 


 

「安国論寺の紅葉がまあまあですよ」

12月5日、鎌倉駅前の観光協会の係りの言葉だった。

午後からの歩きだったが、妙本寺、ぼたもち寺を経由して、安国論寺へ向かった。

鎌倉駅から徒歩で20分だった。到着した時は生憎の曇りだった。

本殿の周りの葉が、1週早いようだった。はやまったか。

 

一気に鎌倉駅に戻り、北鎌倉方面に歩きだした。

建長寺を過ぎて亀ヶ谷坂の入り口に、足利尊氏が祀られている邸跡が長寿寺だ。




 

季節限定のこのお寺は、紅葉の時期、アジサイの時期の週末に公開される。

観光客にあまり知られずに、穴場として、とても美しいお寺だ。

参道敷石以外は歩かない。苔の中に入らない。心静かに拝観すること。拝観料は300円。




 

紅葉の時期は、極上の美しさを楽しませてくれる。

なんといっても、今年の台風の潮風にやられていない。とても美しい。

静かな佇まいの中、紅葉の全開。明日は雨なので幸運にも実質上は今年最後の拝観になる。 



 

最後は夕方の円覚寺。さすがに人は少ない。この時間になって晴れてきた。


 

総門の紅葉は午前中の方がよさそうだ。


 

この時間は山門の脇の銀杏が夕日に映えている。



 

今年最後のチャンスに、本物の鎌倉の紅葉を楽しめた。

年明けには、いつもの若い仲間との七福神歩き、梅見歩きが待っている。

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 18:15 | comments(0) | - | - | - |
また、誕生日がやってきた。一つ齢を取り若くなりました。

 

【FB仲間のみなさまへ】

お祝いメッセージを深夜から深夜までたくさんの方々から戴きました。

出来るだけ、お一人ずつお返事しましたが間に合いません。スミマセン。

自分ではまだ自分の年齢を感覚として認識できません。

が、春には(座り病)による脚の痛みに悩み、ゴルフもウォーキングもままになりませんでした。

今後は少しだけ年齢を意識して、まだまだ元気ハツラツに前向きに歩きます。

よろしく遊んでやってください。(誕生日翌日の私のコメントより)

 

フェースブックにメッセージを返したら、またたくさんの(いいね)とコメントを戴きました。

私にとってフェースブックの中で、一年で一番賑やかな日でした。

 

 

昨年は一年間「東京作家大学」というところで、文章を書く事を学びました。

特に昔取った杵柄「ラジオドラマ」を学びなおすことが目的でもありました。

一年半で大学を中退し、もう終わったことなので初めてお話しします。

(なに!文章、全然うまくなっていないぞ!)という声が聞こえそうですが……。

 

本当の動機は10数年継続している「宣伝会議」で講師としての教える立場で、

一度、久しぶりに教わる立場を学んでみたい。ならば文章の学校が良いという「一石二鳥」の狙いでした。

「一粒で二度おいしい」というグリコのキャッチフレーズのとおりです。
 

モチベーションを上げてくれる教え方のうまい先生、著作はあっても教え方の下手な先生、

モチベーションを下げる先生は私の反面教師でした。
しかし作家大学で、いろいろな事を学びました。もちろん文章の技術的な書き方も体得できました。

 
 

 

年齢も経験もばらばら。年一回のパーティーでのクラスの集合写真。

それよりも、私は断捨離の最中。物の断捨離、役割の断捨離、誤解を招きそうですが人脈の断捨離。

そんな中で新しい仲間、新しい友ができるのは素晴らしい。

元高校の先生、特殊な経験をしてそれを題材に小説に挑んでる方、法廷にも立つベテラン公認会計士、

熱海市の観光大使、85歳でキリスト教文学に浸っている方、みなさん写っています。

中には現役の通信データー会社でバリバリの魅力的な女性と。人材の宝庫と言えるようだ。

今までお付き合いしてきた環境とは、全く違う人生を歩んでいる方々との親交が、一番の財産になった。

講座が終わった後のお茶会(たまにはワイン会)が、談論風発、これがまた楽しい。

これからも、引き続きワクワクするような話ができたらいいなと思います。

 

 

9月中旬からは三浦市の移住計画による一か月の移住体験。

空き家対策と人口誘導の一環で、150名ほどの応募者の中で20人に選ばれました。

三崎港の近くのマンションで一か月新しい体験をして、

また、ここで新しい人間関係が出来るのではと大いに期待をしているところです。

 

私の誕生日の日には孫達も元気に現れました。

二人のやんちゃ坊主は、あっという間に成長してどんどん変わります。

 

爺じの腰越の家はオセロがあって楽しいけど、食べ物は大人系!

6歳の時のKip君の言葉で多少メニューが変わりました。






段ボール一つで宇宙船になったり、誕生日のプレゼントの箱に自分がプレゼントになったり、
創造性では、子供の自由な発想力にはかないません。
家人が段ボールを捨てずに保管していた理由がわかりました。

 

 
 

「トッキ―、何か画用紙に描いてよ」と爺が言います。

「くも!」といいます。(雲?蜘蛛?)

 

 

「爺じ!これに携帯を置いて。アップグレードしま〜す」

絵に描いたのはクラウドだった。確かに雲なんですが。

4歳児の発想がここまで来ています。

時代はどんどん変わります。 

こちらも、もう少し元気にたくさんの事を吸収しないといけませんね。

 

 

家人の手作りデザートでパーティーは終了。

 

Kip君、トッキ―

これからもよろしく、爺じと遊んでやってください。
 

 

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 08:28 | comments(0) | - | - | - |
台風の襲来の前、鎌倉の鶴岡八幡宮「ぼんぼり祭り」が始まりました。


 

 

鎌倉の夜。毎年8月に立秋の前日から9日の源実朝の誕生日まで、

鶴岡八幡宮では、ぼんぼり祭りが行われます。

鎌倉の夏の風物詩ともいえるお祭り。
 


 

 

鎌倉の有名人400名が毎年奉納する絵(文字)がぼんぼりに飾られるのです。

今年は台風の影響で、雨降りが心配です。

私は初日が初めての夜で最後の夜にならないよう祈りながら会場へ駆けつけました。

 

入口から本殿に向かって右の列から順々に奥へと進みます。

 

 横山ふさ子さん(隆一の次女)

 一龍齋春水さん

 沢木順さん

 吉川良さん

 わたせせいぞうさん

 吉田茂穂さん(鶴岡八幡宮宮司)

 服部公一さん

 松岡正剛さん

 さかなクン

 

ぼんぼり祭に初登場です。鎌倉とどんなご縁なのでしょう。

 

 秋吉久美子さん

 スズキエイジンさん(鈴木英人)

 松尾崇さん(鎌倉市長)

 黒岩裕治さん(神奈川県知事)

 中村吉右衛門さん

 石原伸晃さん

 勅使河原和風さん

 十文字美信さん

 竹中直人さん

 岡田武史さん

 星野知子さん

 中村獅童さん

 宇佐美恵子さん

 ワダエミさん

 マジンガーゼットの水木一郎さん

 蛭子能収さん

 宮崎緑さん

 我が家の寿のさん
 

 

有名なお名前の中で、何故か15年前からメンバーとして奉納させて戴いています。

 

我が家の名犬(ジル)。

2002年に他界しましたが、庭犬の割にフェラリアにもかからずに18年も生きていました。

ジルという名前は、私がご縁のあったアニメの映画「ペンギンズメモリー・幸福物語」の主役の

女性役(ジル)から名付けました。

映画では松田聖子さんがジル役で「スィートメモリーズ」ほか数々の唄を歌っていました。

懐かしいジルです。
 

 

そういえば養老孟司さんの「カブトムシ」が階段上の山門横の定席に見かけません。

どうしたのでしょうか。

 

どうか、今夜も雨になりませんように……。

(追記)
二日目と三日目は台風の影響で小雨模様で中止。
最終日は昼から晴天で夜になるとたくさんの見物客の皆さんがやってくるでしょう。
とりあえず安心しました。


 

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 16:06 | comments(0) | - | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    間宮武美 (06/30)
  • 鎌倉には青木さんがいる。老舗人力車、昭和から平成を駆け抜けた男。
    真崎春望 (06/09)
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    Asuka (06/07)
  • 2019は、もう動き出した。何を目指そうかなと考えています。
    間宮武美 (01/29)
  • 2019は、もう動き出した。何を目指そうかなと考えています。
    山田光義 (01/26)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    間宮武美 (01/16)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    篠宮百合香 (01/15)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    間宮武美 (06/22)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    間宮武美 (06/21)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (06/21)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE