鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
お知らせ:初めての方でも読みたいテーマを簡単に引き出せます。
おかげさまで、最近私のブログ『鎌倉から、こんにちは』を訪問される方が日を追って増えております。ありがとうございます。そこで、昔の話を読まれるときにテーマごとに分けて引き出しやすくしてみました。
右横にあります「CATEGORIES」で記載されているテーマを選び、さらに興味あるタイトルをクリックすれば、簡単に興味あるお話をお読みいただけるように致しました。
「その他」文字通り以下のカテゴリーに属さない話題です。話題はいろいろ「寄せ鍋」状態です。
「鎌倉の話」『鎌倉から、こんにちは』と言うくらいですから鎌倉のお話が満載です。
「原村のイベント」友人・小林節子さんの信州・原村にある「リングリンクホール」での楽しいイベントのお手伝いの話と原村仲間の紹介コーナーです。
「講演・講義」ロータリークラブをはじめいろいろなグループから『徒歩の旅』の講演依頼のお声がかかったり、『宣伝会議・広告営業職養成講座』で各地の教室での講座の後に、たずねた場所、友人などの話を紹介しています。
「徒歩の話」これぞ本来のテーマです。歩くのが好きな方は、まずここからどうぞ。もちろん「さば街道」の話もあります。
「日韓の話」5年もお世話になった韓国、そしてソウル。新旧の友人との交流、観光、楽しい話、思い出、めぐり合いなどつらつらと。日韓交流は、まだまだ続きます。
「i-stuff」HP『Web版:鎌倉発、韓国ソウルまで』の管理人だった姪の実香さんが旅の留守を守りながら綴った『裏方日記』。裏方としての楽しい記録です。
「掲載・紹介」私の徒歩の旅を新聞、ラジオ、テレビが紹介してくれています。
| mamiya | 「掲載・紹介情報」 | 11:20 | comments(0) | - | - | - |
「前」と「後」では意味ががらりと変わります。今日の新聞に「徒歩の旅」が掲載されました。
本日の東京新聞の神奈川版「元気人@かながわ」シリーズに私の『徒歩の旅』の紹介記事が掲載されています。

昨年末に鎌倉駅前の喫茶店で取材されました。

タイトルは“自分探しの旅”になっていますが、むしろ“自分磨きの旅”だったのかも知れません。「自分探し」というキーワードは拙著やインタビューではあまり陳腐な感じなので使いませんでした。「新しい自分に出会う旅」という表現で統一していました。
この辺は自分の“こだわり”の部分だと思っています。
また、『 』に囲まれた私のコメントには、「嘱望」などと若干真意とか気分とかと異なる表現もあったりします。

解説記事に中に
「・・・が、待っていたのは、想定外の「定年四ヶ月前の退職・・・」となっています。
「・・・が、待っていたのは、想定外の「四ヵ月後の定年退職・・・」でしょう。
(前)と(後)では意味が大きく変わってしまいます。

本人はきっちり伝えたつもりでも記者さんの思い込みもあるのでしょう。取材対応の難しさを、改めて感じています。

しかし、「元気人@かながわ」というシリーズの素材として、記者さんの余りある情報と記憶の中から「私の徒歩の旅」を思い出し、わざわざ連絡をいただき取材をしていただきました。
私の『身の丈』の経験を、今でもこうして大きく扱っていただける事には感謝しています。
この記事が旅の意味と拙著のPRの一助になれば幸いです。

「鎌倉出発時に共同取材で記事を書いたときには、本当は、途中で挫折するのでは・・・」と思っていました。
「でも、後日、無事にソウル到着した記事を見て、いただいた本を読みましたら、本当に感動しました」。
記者さんのインタビューの切り出しの言葉でした。本当に正直な方です。

ちなみに記者さんは65歳の現役でした。

PS:
記事掲載後、記者さんから手紙が参りました。
「ありがとうございました。小生も嘱託記者生活残り少なくなり、本当に元気をいただきました。機会があれば小町あたりで一献・・・。」とありました。近々お会いしようと思います。
| mamiya | 「掲載・紹介情報」 | 12:35 | comments(0) | - | - | - |
『左巻健男さんのオススメ本』読売新聞(3/1夕刊)に紹介されました。
講談社の書籍宣伝のKさんから連絡を受けていましたので、
夕方に新聞を買って開いてみましたら、
「本屋さんへ行こう!」という特集ページがありました。
今日の夕刊は全体に読書特集という感じです。

「本屋さん100人にオススメ本を聞きました」という欄の下に
全5段スペースに3人の著名人の方が、それぞれご自分の推薦をしています。

一番左に、左巻健男さん(同志社女子大教授)が、
「鎌倉ーソウル2328キロを歩く」=定年退職、新しい自分に出会う旅=を
大きく紹介してくれました。


優れた旅行記には、人生が凝縮されている。
歩くのが好きだ。・・・
優れた旅行記は、一冊の中に人生が凝縮されている。
例えばこの本は、最初の一歩を踏み出してこそ、
後々の2000キロにつながることを痛感させてくれた。
また、世の中には色々な面白いことがある事を
教えてくれるのも旅行記だ。
それは実は、理科にも通じることなのである。

出版して4ヶ月余り、本当に願ってもいないお褒めの言葉に感激しております。
昨年、やはり東海道を歩かれた経験のある先生だからこそ、手にしてくれたと思います。

左巻健男先生!ありがとうございます。

PS:「2月の徒歩記録」:22日 246km 352.200歩。
| mamiya | 「掲載・紹介情報」 | 17:08 | comments(1) | - | - | - |
「鎌倉ーソウル 徒歩の旅」がテレビで・・・。
「チャンネル鎌倉」(鎌倉ケーブルのチャンネルガイド誌)で番組案内が出ていますが、
「鎌倉ーソウル2328キロを歩く」旅が番組になりました。


ガイド誌の案内によりますと・・・。
「7Daysマンスリー」第二の人生を自分らしく生きるヒント
放送日 2/4(土)〜2/10(金) 14:10/19:45の2回

衛星放送「アクトオンTV」で放送しているKCC(鎌倉ケーブル)制作の
ドキュメンタリー番組「悠々 自分ライフ」鎌倉・逗子で第二の人生を
自分らしく生きている方達に密着取材しています!
今回は特に鎌倉ケーブルで再放送!

「骨董とコーヒーがくれた自分ライフ」「鎌倉〜ソウル 徒歩の旅で見つけた自分ライフ」
の2本をノーカット(30分×2本)でお届けします。

・80日間2328キロの徒歩の旅
・間宮さんがやり残した唯一の事
・7ヶ月ぶりの再会
・念願の「さば街道が結ぶ日韓交流」
・出版パーティ

以上5章となっています。
湘南地区以外の方で、このドキュメンタリーをご覧になりたい方は

http://www.actonbb.com/contents/life/0512jibun_life/

画面をクリックすると番組を見ることが出来ます。
28分我慢してください。

この「悠々 自分ライフ」シリーズをご覧になりたい方は、こちらを!
http://www.actonbb.com/contents/life_life/

鎌倉を中心にしていろいろな新しい人生の挑戦者がいらっしゃいますね。

私もその中の方々の仲間入りが出来ました。
「鎌倉ケーブルテレビ」の感謝!感謝!
| mamiya | 「掲載・紹介情報」 | 10:58 | comments(0) | - | - | - |
読売新聞(夕刊)に書評が出ました。
昨日の「読売新聞(夕刊)」に
『鎌倉ーソウル2328キロを歩く』=定年退職、新しい自分に出会う旅=
が(読書と出版)のコーナーで紹介されました。

これで「朝日新聞」「毎日新聞」と3大新聞社、京都新聞、宣伝会議、
ほかから書評が出ました。
ありがたいことです。各紙誌が身に余る書評を書いてくれました。

「我家から昔の我が家まで歩いていってみよう。・・・。定年は人生のゴールではなく、毎日歩けば新しい道が見えてくるように、新しい発見が見えてくるはずと筆者は語ります。マイペースな旅の記録にふれながら、元気をもらえる1冊です」(朝日新聞)

「日韓のさば街道の比較も面白い。自分らしさを問いかけながら、多くの出会いがある本書は定年を迎えたときの一つの生き方を示してくれる」(京都新聞)

「任地だったソウルまで『草の根交流』を考えさせる道中記」(朝日新聞)

「ソウルに駐在していた元広告マンの著者が、定年退職を機に日韓友好の為にと80日がかりで鎌倉からソウルまでの約2000キロを踏破した。日本でも韓国でも笑顔は同じ、旅人への人情は同じだったと著者。頁をめくると、出会いに満ちた旅にぶらりと出かけたくなる」(宣伝会議)

「歩きも歩いたり鎌倉からソウルへ2328キロ。よし、我家から昔の我が家まで歩こう。・・・。80日間の一人旅は人生の環境を自分でつくる意味を教え新たな人生行路をも示唆した」(毎日新聞)

など等。
ご一読いただきまして、ご感想なりございましたら、
是非「読後感想」へ
お手紙ください。

http://book.kamakura-seoul2005.com/



| mamiya | 「掲載・紹介情報」 | 11:52 | comments(0) | - | - | - |
「さば街道が結んだ日本と韓国の交流」が番組に。
鎌倉ケーブルテレビが制作しました番組が
「悠々自分ライフ。鎌倉ーソウル、徒歩の旅で見つけた自分ライフ」
というタイトルになって、
「Act On Tv」という通信衛星放送で
12月から1月末まで2ヶ月間で31回放送されています。

全編28分も掛かりますので、お時間のあるときにでも
ご興味のおありの方はご覧いただけますでしょうか?
http://www.actonbb.com/contents/life_life/


小浜、熊川、京都や出版パーティーのシーンも出てまいります。
また、本編の中では拙著「鎌倉ーソウル2328キロを歩く」が
紹介されています。


明日6日から13日まで、旅の挨拶を兼ねて、
韓国(ソウル、慶州、安東)へ行っております。
| mamiya | 「掲載・紹介情報」 | 00:23 | comments(0) | - | - | - |
11/22(火)「吉田照美のやる気まんまん」(文化放送)に出演しました。
22日の午後は「吉田照美のやる気まんまん(文化放送)」14:25〜14:45に
出演させていただきました。

当日の新聞のラテ欄に
「だいぶ歩いたなぁ、どのくらい歩いた?えっ、鎌倉からソウルまで?ウソでしょっ!」
と 番組内容が大きく扱われて、本人もびっくりしました。
20年近い長寿番組で、お昼のトップ番組に出演ということで少し不安でした。

久しぶりに訪問した文化放送は他の放送局がすべて新社屋になっているにも関わらず、
昔の佇まいのままでした。
本番前に入ったトイレがなんともレトロで、昔に戻ったようななつかしさがありました。
本番中のスタジオ風景

本番前に偶然、他の打ち合わせで居合わせた大学時代のクラブの後輩で
元文化放送のディレクター江川雄一さんとスタジオ横で雑談していたところを
照美さんが見ていて、本番の頭で、
「江川さんは放送研究会だったんだ。初めて知った!ホント?」
「でも若いときに、江川さんのお陰で自主レコードを作ったんですよ」
と調整室でガラス越しに手を振っている江川さんに確認していました。

冒頭から番組は脱線してしまい
「吉田さん。本論にはいりましょう」と促す私は冷静でしたね(笑)。

マイペースに話す照美さん相手に、うまくペース配分できました。
台本を離れたアドリブの応酬で、結構楽しい20分間でした。
最後には照美さんが、しっかりと拙著の宣伝をしてくれました。感謝!

対談後のCMタイムに記念写真


実は先週に出演した「ラジカルチャー(ニッポン放送)」でも
聞き手の方が豊多摩高校の3年後輩でラグビー部。
野球部の先輩相手に高校談義で番組が始まった。

「せっかく本の宣伝で出演したのに、余計な話題で話さないでください」
と講談社の書籍宣伝の方(Kさん)に怒られた(?)ところでした。

今回は自ら本論に戻せたので一安心でした。
| mamiya | 「掲載・紹介情報」 | 01:12 | comments(2) | - | - | - |
皆さん「鎌倉から、こんにちは」にようこそ。
いよいよ明日20日(東京以外は発売が少しずれるらしいのですが)
「鎌倉ーソウル 2328キロを歩く」
=定年退職、新しい自分に出会う旅=
講談社+α新書。224p。880円(税込み)
発刊されます。
初めての経験で少し‘どきどき’しています。



今週末は福井県小浜市では
「歴史街道ウォーキング」
御食国(みけつくに)若狭おばまを歩く。
が開催されます。
※情報は、こちら。

10/22(土)「さば街道を歩く」20km
10/23(日)「塩の道を歩く」10km

私も参加し皆さんと一緒に歩きます。

スタート&ゴール地点で私の本を販売しているテントの横で
私も一生懸命、書店さんのお手伝いで本を売ります。
見かけましたら声を掛けてください。
前夜祭にも参加して、日韓の「さば街道」を歩いたものとして
簡単なスピーチをさせていただきます。
| mamiya | 「掲載・紹介情報」 | 22:31 | comments(2) | - | - | - |
間宮より近況が届きました
皆様、お暑うございます。
近況を報告します。

「講談社+α新書」(230P)10月20日発売になります。
タイトルは未定ですが
「鎌倉からソウルへ 歩く旅」
=身の丈サイズの徒歩日記=(仮)です。

今月一杯で原稿を入稿して、タイトル会議を経て決まります。
乞う!ご期待です。

首都圏の方にお知らせです。
16日 12:30〜14:00
ハマランチョ(テレビ神奈川)
に生出演します。13:30頃から出ると思います。
旅の小道具を持参してスタジオに参ります。
ご近所の方は見てください。
司会は金田賢一さんです。
| team-mamiya | 「掲載・紹介情報」 | 13:14 | comments(0) | - | - | - |
間宮より近況が届きました
本日、FMヨコハマの「モーニングステップ」の収録がありました。
「神奈川モーニングウインズ」コーナーの夏休み企画、
子供たちに夢を与える一週間「大冒険ウィーク」で
「鎌倉〜ソウル徒歩の旅 2328キロ」として放送されます。
無事におしゃべりしました。OAは明朝7/27です。
8時30分過ぎに7,8分出演します。

今日は、最後に“子供たち”に一言。
あさっては、「鎌倉ロータリークラブ」で“おじさんたち”に一言。

“老い”にも“若き”にも守備範囲を広く、
おしゃべりさせていただいています。
| team-mamiya | 「掲載・紹介情報」 | 18:45 | comments(0) | - | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    三戸 寛子 (05/11)
  • NHKBS1に、日韓の架橋・安東の緒方恵子さんが出演しました。
    小嶋英生 (03/07)
  • まだんの新年句会は世田谷・豪徳寺句会。その前に松蔭神社もお参りしました。
    yasuto (02/05)
  • 洪知恩と書いて(ホン・チウン)と読みます。ソウル時代の秘書さんです。
    Jieun (06/09)
  • ヨットでワイン。ジャズでワイン。元気な同世代と過ごした週末です。
    植村 (02/02)
  • 初めて見る黒部ダムのアルペンルート。しかし天気は絶望的。ロープウエイは動くだろうか?
    山本雅世 (09/27)
  • 高遠の隠れ家は早朝18度。長袖のパジャマが丁度良いです。都合2泊の天国でした。
    noriko8 (08/14)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE