鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 二週連続の「鎌倉七福神」歩き。若い人との楽しい一日。心も若くなります。 | main | 久しぶりの「俳句会」。どうも、昔のようにはうまく行きません。得点句は一つだけ。 >>
ヨットでワイン。ジャズでワイン。元気な同世代と過ごした週末です。


【ヨットでワイン】

元勤務先の同僚・アートディレクターの泉屋さんと、
ゲームインデックスの桑原さんで、一旦は昨年通り江の島で新年会をしようと・・・。
江ノ島の山の上のレストランのテラス席を予約しました。
小春の中海を眺めながら、一杯飲みましょうと・・・。





しかし、せっかくなら当日は天気も安定して条件も良さそうという事で、
横浜ベイサイドマリーナにあるヨットハーバーに招かれました。




 
 船のオーナーは元勤務先の同僚の桑原船長です。船の名は「バターボール」。
ワインと少々のおつまみ持参でハーバーに集合です。




朝から上天気なので、少しは外洋にも出られそう。
しかしハーバー事務所には「黄色のフラッグ」がはためいている。
午後から7,8mの南風が吹いてくるとのこと。
10m以上になるとフラッグの色は「赤」になるそうだ。
安全を考えて自分の駐艇場に移動して、そこで酒盛りが始まりました。




しかし、そこからが長い。
少し風が出て来たので、キャビンに入り桑さんの手料理、アヒージョとフランスパンとワインで喧々囂々。

船上で数時間の楽しい時間が過ぎて、ワイン3本が空いたところでお開き。
何とか電車のあるうちに帰途へ着きました。

3人の共通点は、同じ歳で、まだ業界できちんと仕事をしている事だ。
それぞれの軟着陸を考え始める年代に来たのでしょうか。

 

【ジャズでワイン】





翌日の土曜日はフェースブックを通じて、
茅ヶ崎のジャズバー「Hi Hat(ハイ・ハット)」のオーナー・上地さんから、
懐かしい人が集まってくるのでと「ハイ・ハット」ライブのお誘いを受けました。
オーナーは元勤務先の同僚。担当はドラムです。


オーナーの上地さん

夕方からのライブなので、早速お店に駆けつけることになりました。
ライブはお店の仲間によるカジュアルなクワルテット。
ピアノ、テナーサックス、アルトサックス、ドラムがフーチャーリングしています。
お酒を飲んでジャズを楽しみました。




曲名は途中ボーカルも入り、ラバーカンバックトミー、キャンデー、ワンバイワン、
フォー(マイルスデービス)、クロスユー、スターライト。
「彼女が4人もいたら」という歌詞の説明もあり、楽しいいおしゃべりのライブでした。

実は桑原さんと上地さんは私の拙著「鎌倉ーソウル2328キロを歩く」の冒頭部分に出て来ます。
定年退職、新しい自分との出会い。そのサブタイトルのように定年以降の自分のあり方も考える旅でした。

二人は私と違い定年退職を待たずに早期退職して、自分らしい生活(ゲームソフト制作、ジャズの店の経営)と、
自分の信ずる道を歩いている二人。道は違いますが輝いていると、拙著の中でまとめています。
もちろん、二人はそのまま、今でも自分らしい生き方を続けています。

そんな二人と連続して「ワイン」を飲みながらその生活ぶりに接することが出来ました。

さて、さて。私の今後は・・・。
私も業界の生活に戻って約8年。
150人の広告制作会社の役員として、宣伝会議やマスメディアンでの業界の若者への講師として。
しばらくは、いまの仕事を続けます。求められるうちが【華】と自ら解釈しています。

いろいろな人生の選択がありますね。
 
 
【若き市長との一献】


 
これも約8年かけて、懸命に時間を掛けて成就した「鎌倉市と安東市のパートナーシティ」提携。
ようよう時間の取れた松尾市長と、肩の凝らない難しい話を避けての一献。



 
楽しい鎌倉のブランド化について語り合いました。

このような並び方は、ほかのお客様から見えないよう松尾さんを右の壁際に座って戴いたのです。
私が中心ではありません(笑い)。

昔から顔の売れている方には、こうしたものです。
広告会社にいた時からの習性です。


お忙しい中、ありがとうございました。
| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 08:56 | comments(1) | - | - | - |
昨夜新橋カウンターでお話させていただきました、植村です。

鎌倉の活性化といえば、昨年夏ころテレビ東京で取り上げられており、ベンチャー企業が大きくなるとオフィスが手狭で鎌倉を出ていかないといけなくなることが課題だと、松尾市長も出演されていたことを思い出しました。

また縁がございましたら楽しい裏話などお聞かせください。

| 植村 | 2014/02/02 1:36 PM |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    三戸 寛子 (05/11)
  • NHKBS1に、日韓の架橋・安東の緒方恵子さんが出演しました。
    小嶋英生 (03/07)
  • まだんの新年句会は世田谷・豪徳寺句会。その前に松蔭神社もお参りしました。
    yasuto (02/05)
  • 洪知恩と書いて(ホン・チウン)と読みます。ソウル時代の秘書さんです。
    Jieun (06/09)
  • ヨットでワイン。ジャズでワイン。元気な同世代と過ごした週末です。
    植村 (02/02)
  • 初めて見る黒部ダムのアルペンルート。しかし天気は絶望的。ロープウエイは動くだろうか?
    山本雅世 (09/27)
  • 高遠の隠れ家は早朝18度。長袖のパジャマが丁度良いです。都合2泊の天国でした。
    noriko8 (08/14)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE