鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 2005年5月27日(金)18:30。鎌倉=ソウル2328キロ踏破。ソウル支庁舎に到着。 | main | 紫陽花ウォーク(ハイキング)は、人、人、人。紫陽花より観光客の方が多かった。 >>
洪知恩と書いて(ホン・チウン)と読みます。ソウル時代の秘書さんです。


知恩さんは、ソウル赴任時代(ソウル事務所)の最後の秘書です。
私が帰国するので知恩さんを他の日系企業に紹介して、今回、勤続10週年表彰のために日本に来ました。
現在勤務先の東京の本社では、ソウルの洪(ホン)さんは人気の的です。
知恩さんは2児の母です。10年間に2度も産休を得て勤続しています。いい会社ですね。

 
今回最後の1日を追加で延泊し、鎌倉廻りの案内をしました。


 
藤沢のホテルから小田急線(片瀬江の島駅)へ。
まずは江の島を案内します。


 
当時の副社長室に飾ってあった母の作品(江の島)を見ていて、
いつかは実際に見たいとのリクエストで、真っ先に江の島廻りです。


 
江ノ島のコッキング苑の庭に藤沢市と姉妹都市の「保寧(ポリョン)の碑」があります。
都市に近い海水浴場と学園都市という共通点で2002年に提携しました。


 
展望灯台(江の島シーキャンドル)からの景色です。


 
真下には「江ノ島神社(奥津宮)」が見えます。


 
コッキング苑は今、花が満開です。


 
島の奥の磯に降ります。
波も荒く、釣り人がたくさんいます。



 
ここからは10分おきに出る定期船に乗り江の島大橋まで戻ります。
海から見た江の島。


 
江ノ島(弁天堂)をお参りしたら、龍口明神社もお参りしないといけません。
しきたりです。
腰越の商店街を通り抜けて「鎌倉高校前駅」まで歩いて、
江ノ電に乗り、海際を走り「極楽寺」まで参ります。


 
紫陽花で有名な「成就院」。まだ早いようです。紫陽花はまだちらほらとしか咲いていません。


 
長谷に来たら、まずは高徳院の大仏です。


 
そして「長谷寺」。記念写真をパチリ。
ここまで来たら海に行きたいと。


 
長谷の浜辺です。
ソウルからはこのような浜辺のある海辺には、車で数時間行かねばなりません。
子どものように裸足になって、知恩さんははしゃいでいました。
ふたたび江ノ電で「長谷」から「鎌倉」へ。
市内バスで「報国寺(竹寺)」へ向かいます。
閉門ぎりぎりに到着しました。



 
ここは一気に京都の雰囲気。
しばらく静寂の中で・・・大人の雰囲気。鎌倉の別の表情です。


 
最後は「鶴岡八幡宮」をお参りして、鎌倉廻りはおしまい。


 
実は、来日を前に、知恩さんはソウルで日本の有名なテレビ番組をチェックしていました。
「最後から二番目の恋」。鎌倉を舞台にした人気番組です。
数々の有名な場面を見たいと。


 
まずは主役の吉野千秋(小泉今日子)が帰宅する駅(極楽寺)


 
千秋の家と隣の長倉家(中井貴一他)の路地。


 
先ほどの海辺。千秋や長倉さんが散歩している海です。
満足した模様です。


 
今日の〆は、やはりお魚料理。
おいしいお酒と日本の料理を満喫しました。
次回はソウルで会いましょう。



2005年5月27日のソウル市庁舎に到着時も知恩さんは迎えてくれました。到着のシーンを自ら撮ってくれました。



当日の記念写真です。アシスタントだった陸(ユク)ミンヘさんと仲良く3ショット。
良い思い出でした。
9年前の話ですね。
| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 21:23 | comments(1) | - | - | - |
本当に楽しかったです!!!
またの機会を楽しみにしましょう。
次はたぶんソウルでしょね。
| Jieun | 2014/06/09 1:33 PM |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    三戸 寛子 (05/11)
  • NHKBS1に、日韓の架橋・安東の緒方恵子さんが出演しました。
    小嶋英生 (03/07)
  • まだんの新年句会は世田谷・豪徳寺句会。その前に松蔭神社もお参りしました。
    yasuto (02/05)
  • 洪知恩と書いて(ホン・チウン)と読みます。ソウル時代の秘書さんです。
    Jieun (06/09)
  • ヨットでワイン。ジャズでワイン。元気な同世代と過ごした週末です。
    植村 (02/02)
  • 初めて見る黒部ダムのアルペンルート。しかし天気は絶望的。ロープウエイは動くだろうか?
    山本雅世 (09/27)
  • 高遠の隠れ家は早朝18度。長袖のパジャマが丁度良いです。都合2泊の天国でした。
    noriko8 (08/14)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE