鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。 | main | 「21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク」の最終コースに同行しました。快挙! >>
恒例:新緑の高原にチェロの響き。藤村俊介さん・チェロコンサートです。

 
もしかすると、この「リングリンクホール」にとって、最後の夏になるかもしれません。



 
15周年記念イベント「藤村俊介・チェロコンサート」です。



 
ソウル仲間の伊豫部さん(右)がお友達と参加しました。



 ホールの前にあるエゾりんごの花吹雪が舞う中でコンサートが開かれました。
2時半開場の前から続々とお客様が集まり、50人を超える盛況になりました。


 
オーナーの小林節子さんの司会により演奏が始まります。



 
ポッケリー二・ソナタから始まり、、、、 薫風が香る高原の日曜日の午後。
静かにチェロの響きが流れます。
圧巻は黛敏郎作曲・文楽。チェロの音で聞く文楽です。
舞台上の人形の動きが表情が見えてきます。
俊介さんは、いろいろと新しい工夫をしています。



約10年前から毎年一回のご家族揃ってのコンサートです。
2011年に8歳だった俊太郎君も、今年は中学一年生。
立派に「コンチェルト第一楽章」を聴かせてくれました。

 
俊介さんは、アンコールは3曲も、プレゼントしてくれました!



 
気取らない暖かく明るい俊介さん。お人柄そのままのコンサートを終え、打ち上げ会にも参加してくれました。
アンコールの花束は、今朝とれとれの地元の名産「セロリ」のブーケです。





 
演奏会場は、そのままパーティー会場になりました。
夕刻、藤村ご一家をお見送りします。本当にありがとうございました。
| team-mamiya | from-mamiya「徒歩の話」 | 21:25 | comments(0) | - | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    三戸 寛子 (05/11)
  • NHKBS1に、日韓の架橋・安東の緒方恵子さんが出演しました。
    小嶋英生 (03/07)
  • まだんの新年句会は世田谷・豪徳寺句会。その前に松蔭神社もお参りしました。
    yasuto (02/05)
  • 洪知恩と書いて(ホン・チウン)と読みます。ソウル時代の秘書さんです。
    Jieun (06/09)
  • ヨットでワイン。ジャズでワイン。元気な同世代と過ごした週末です。
    植村 (02/02)
  • 初めて見る黒部ダムのアルペンルート。しかし天気は絶望的。ロープウエイは動くだろうか?
    山本雅世 (09/27)
  • 高遠の隠れ家は早朝18度。長袖のパジャマが丁度良いです。都合2泊の天国でした。
    noriko8 (08/14)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE