鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 皇居の乾門通り抜けの紅葉を見てきました。単なる野次馬ですが。 | main | 鎌倉の海岸は快晴の初日の出。初めて家族全員で拝みました。 >>
本当に最後のリングリンクホールのイベント。たくさんの方がお祝いに現れました。



本当に最後のリングリンクホールのイベント。たくさんの方がお祝いに現れました。
リングリンクホールを主宰している小林節子さんは、この15年の間、フリーアナウンサーでありながら、
東京での仕事と、原村での地元の活動を続けていました。
その活動拠点の「リングリンクホール」を古希を迎えて、手放すことにしたのだ。
この一年、不動産会社を通じて、また、マスコミやクチコミを通じて買主を求めていた。
周りの仲間の心配をよそに、あっけらかあんと新しい住宅も同じ町内の少し便利な場所に建て終わりました。

 
ようよう1年待って、このほど節子さんと同じ志を持った若い買い主が現れて、めでたしめでたし。
早速、移転計画が始まった。

 
この度、いきなり「リングリンクホールの本当に最後のイベント」が企画されたので、おっとり刀で原村へ向かった。
八ヶ岳もいつものままだ。
何も企画が考えずに、仲間に集まってもらうことだけを考えている。

 お酒も準備した。

 料理も準備した。
 ストーブも赤あかと燃えている。


 
三々五々と仲間が集まってきた。(主催者としては何人お出でになるかわからない)。


 
ここで育った美咲さんが来て、早速初めて作詞作曲した(ありがとう)を熱唱して盛り上げてくれた。


 
食事も始まり、懇談時間。(よかった、たくさん集まりそうだ。一安心)


 
いつもの昭恵さん、のんちゃんも参加している。


 
パンちゃんの太鼓から始まった。


 
ギター演奏。


 
動くクリスマスツリーも参加した。


 
今日は深夜までの会。普段よりお酒を飲む覚悟で運転者同伴で仲間がやって来る。
予想以上に酒、酒、酒が減ってゆく。


 
マンドリンに、ボンゴ。


 
節子さんが、師匠と仰ぐ永六輔さんのエッセーを読み始めた。


 
美咲さんが第2ステージに登場。
なんと「にわっとり音頭」(作詞:間宮武美、作曲:森ミドリ)を歌ってくれた。
八ヶ岳農場を舞台に「原村讃歌」に仕上がっている歌だ。
 
深夜3時までこの宴会は続いた。
総括すると、家が売れる前に、新築をしてしまった。
資金繰りは、どうするの。
売れなかったら新築のお金は、どうするの。
周囲の「ヤキモキ」する仲間をよそに、最上の結果に終わった。
 
この一年の無謀に近い行動を、私は名づけて「小林節子の、出たとこ人生」と名付けた。
本を出版するなら、このタイトルがぴったりだ。


 
翌朝、そして誰もいなくなったホール。


 
10年間、お世話になった「ルーム・マミヤ」。今日が最後の朝だ。


 
亡くなった後輩、門司(もんじ)が作った薪小屋「Mon Mememory・門司の薪小屋」


 
懐かしい庭の風景。


 
ホールの全景。


 
父:慎一さんの白寿記念のもみの木、大きくなった。



昨日頂いた古希(70本のバラ)。
加藤登紀子さんの「100万本のバラ」には少し足りない。


 
新しい家のロフト。(新居は次回紹介します)。
マーク・アキクサ、マネージャーの小石みなさん。節子さん、瑠奈さん、パパリン、
そして私。


 
そして最後のイベントの翌日は、蓼科の常連、堀内さんの家で「誕生会&クリスマス・ピザパーティー」。


 
お招き頂いたメンバーが、乾杯。



 
ピザが焼けてきました。


 
主役の堀内さんが、ケーキにナイフを入れました。


 
そして空には満月。

 
鎌倉の男が通い続けた「リングリンクの最後のイベント」の最後、宿舎のリングリンクの最後。
節子さん本人の(アッケラカン)をよそに、少しだけセンチメンタルになる原村の夜でした。

 
翌日は日比谷のオフィスの年末の納会には間に合うように帰らなければ・・・。また飲むぞ!
| team-mamiya | from-mamiya「原村のイベント」 | 09:53 | comments(0) | - | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    間宮武美 (06/30)
  • 鎌倉には青木さんがいる。老舗人力車、昭和から平成を駆け抜けた男。
    真崎春望 (06/09)
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    Asuka (06/07)
  • 2019は、もう動き出した。何を目指そうかなと考えています。
    間宮武美 (01/29)
  • 2019は、もう動き出した。何を目指そうかなと考えています。
    山田光義 (01/26)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    間宮武美 (01/16)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    篠宮百合香 (01/15)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    間宮武美 (06/22)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    間宮武美 (06/21)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (06/21)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE