鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 元勤務先の3回目の湘南OB会。江ノ島は日本晴れ。元気な仲間が集まった。 | main | 新企画:鎌倉の梅見歩きは、快晴の中、日蓮上人のゆかりのお寺をめぐりました。 >>
晴天の中、翌週の「鎌倉梅見ウォーク」の下見をしました。梅は咲いているかな。


日本海側では記録的な雪に襲われています。大雪の被害を受けられた方々にはお見舞い申し上げます。

 
太平洋側の湘南は先週、一時的な雪が降りましたが、今日は快晴。向かいの大島が大きく見えます。
来週の「鎌倉梅見ウォーク」(新企画)の下見のために鎌倉市内へ足を向けました。
恒例の七福神歩き、櫻ウォーク、紫陽花ウォーク、紅葉ウォークは同じような寺社をめぐるため、
いつもと違う寺社歩きをしたいという希望もあり、少し工夫をしました。




 
まずは「妙寺」。
梅はちらほらと5分咲き程度でした。


 
「安国論寺」へ向かう道なりに「常栄寺(ぼたもち寺)」に寄りました。ここは、まだ2分咲き程度です。
鎌倉時代、この地に住んでいた桟敷の尼が龍の口刑場(藤沢市片瀬)へと護送されていく日蓮に、
(胡麻入りのぼたもち)を捧げたという伝説から「ぼたもち寺」と呼ばれている。
9月12日の(ぼたもち供養)の日には大勢の来場者が集まってきます。



 
「安国論寺」に着きました。
日蓮が鎌倉で布教するに際して拠点とした松葉ヶ谷草庵の跡とされ、松葉ヶ谷安国寺とも言う。
日蓮が(立正安国論)を執筆した岩穴(法窟)の側に安国論窟寺を建てたのが始まりだといわれる。



 
裏山の富士見台からは由比ガ浜海岸を含む市内を一望でき、日蓮が富士山に向け題目を唱えたとされる。




続いて近くに「大宝寺」がありました。





 
鎌倉駅に戻り扇谷方面に足を延ばして「英勝寺」「海蔵寺」。
こちらの寺は初めての案内になる。
仲間も喜んでくれると思う。
しかし、鎌倉旧市内の寺社の梅は、咲き遅れているようなので、
当日は満開の梅を楽しんでもらうために、おもいきりコースを変えました。
次週の報告をお楽しみに・・・。
| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 19:01 | comments(0) | - | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    三戸 寛子 (05/11)
  • NHKBS1に、日韓の架橋・安東の緒方恵子さんが出演しました。
    小嶋英生 (03/07)
  • まだんの新年句会は世田谷・豪徳寺句会。その前に松蔭神社もお参りしました。
    yasuto (02/05)
  • 洪知恩と書いて(ホン・チウン)と読みます。ソウル時代の秘書さんです。
    Jieun (06/09)
  • ヨットでワイン。ジャズでワイン。元気な同世代と過ごした週末です。
    植村 (02/02)
  • 初めて見る黒部ダムのアルペンルート。しかし天気は絶望的。ロープウエイは動くだろうか?
    山本雅世 (09/27)
  • 高遠の隠れ家は早朝18度。長袖のパジャマが丁度良いです。都合2泊の天国でした。
    noriko8 (08/14)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE