鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 講演を聞いてから、家では事情があって夕飯のおかずを自分で作りました。 | main | 母校の高校野球部OB会の総会で役員になりました。まだまだやることがあります。 >>
今年の12回記念ウォークは大磯から小田原まで、いつものシニア仲間で歩きました。


2005年3月9日に鎌倉からソウルへ向けての徒歩の旅の出発記念ウォークは、予定を変えて7日に実施しました。
いつもは、省略して鎌倉ではなく、小田急線(片瀬江の島)から小田原を目指して、二宮あたりでギブアップを繰り返していました。
今回は大磯から、第1日目の終着点の小田原を目指そうという事になったのです。
メンバーはいつもの高橋夫妻、伊豫部夫妻に毎回参加の鍋倉さん。
高橋夫妻は小田原までとか京都からのさば街道。伊豫部さんは韓半島の部分で歩いてくれました。


 
予定通り大磯駅に集合、人によっては未踏のコースになる。




 
まずは近くの島崎藤村邸を見学する。
1943年8月に藤村は、ここで亡くなる。当時の部屋はそのまま保存されている。
(余談だが亡くなった日から丁度1年後に私が生まれているのだ)。


 
大磯の松並木。当時の東海道を思い起こさせる。


 
一度、海側の道を歩く。横は西湘バイパスが通っている。




 
吉田茂邸は平成21年(2009年)3月に焼失した。大磯町が再建の為に動き、完成まじかになっている。
赤白の梅が見ごろだ。


 
丘の上には吉田さんの像が立っているが、向かっているのは霞が関の国会方面。いつも睨みをきかせているのだ。


 
一路、目標の小田原を目ざして、昼時を外してランチタイムだ。私はカツ丼、今日はカロリーは気にしない。


 
江戸(日本橋)から18里(約72キロ)の一里塚。説明を読み、しばらくは旧道を歩く。



 
国府津あたりから海が見え始める。
そして酒匂川。富士山東麓と丹沢山地を主な源流として、昔は暴れ川だった。


 
十国峠も夕景に染まっている。


 
いよいよ小田原城だ。
当時の合戦図。
こんなに完璧に囲まれては北条も手を出せないですね。




 
小田原城をバックに記念写真。








 
そして魚の旨い店を調べたら数名が一致した、海鮮横丁「魚国(うおくに)」。
そこそこに飲んで魚三昧で3500円割り勘。シニアにはぴったりのお勘定感覚だ。


 
シニアと言っても古希前後のメンバー。身も軽く、気持ちも若いです。
来年の企画は小田原から箱根峠を越して三島へ降りるコース。
三島では鰻を堪能しようという事で解散。

>

| team-mamiya | from-mamiya「徒歩の話」 | 09:55 | comments(0) | - | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    間宮武美 (06/22)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    間宮武美 (06/21)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (06/21)
  • 「まだん俳句連中」の特別吟行は、一泊二日の初秋の伊勢路。伊勢の間宮の遺伝子が騒ぎました。
    原条令子 (03/03)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    miyu (11/02)
  • 鎌倉市民プール(鎌倉海浜公園プール)はオープンして58年目です。ここでお願いです。
    yuzo seo (04/21)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    カナダからの手紙 ♪ (10/31)
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE