鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 間に合ったね、鎌倉の櫻。 | main | 初代「兼六園菊桜」は天然記念物。珍しい桜がわが庭にあります。 >>
櫻も、そろそろ終わりを迎えます。鎌倉の田谷と大船フラワーセンターの櫻です。


鎌倉の田谷と大船フラワーセンターの櫻です。
春爛漫。鎌倉の桜を母とあちこちと堪能しています。
今年になって、日比谷の仕事場へは週2日出ていく程度になりました。
出番の日数は減っても、今まで通りミッションは変わりませんが、今まで妹たちに頼りにしてまかせていた母の付添の回数もこのところ増えました。



 
今お世話になっている施設の庭で桜の会が開かれました。
庭で桜をみなさんと楽しんでいます。



お茶とお菓子のサービスもありました。



 
ある日曜日。近くにある大船のフラワーセンターの桜が満開だという事で、出かけました。


 
染井吉野も頑張って咲いています。


 
八重桜も見頃です。


 
枝垂れ桜も満開で、花びらのシャワーの中で記念写真です。


 
一連の見事な枝垂れ桜を眺めています。
この数日、母は鎌倉の桜を堪能したようです。


 
二人の写真を見て、このお爺さんは誰?とボケをかましてくれました。


 
目の前の(ボケ)の花を見る母。


 
いつ来てもこの公園は素敵です。
次はつつじの見ごろのころに・・・。


 
| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 16:57 | comments(0) | - | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    三戸 寛子 (05/11)
  • NHKBS1に、日韓の架橋・安東の緒方恵子さんが出演しました。
    小嶋英生 (03/07)
  • まだんの新年句会は世田谷・豪徳寺句会。その前に松蔭神社もお参りしました。
    yasuto (02/05)
  • 洪知恩と書いて(ホン・チウン)と読みます。ソウル時代の秘書さんです。
    Jieun (06/09)
  • ヨットでワイン。ジャズでワイン。元気な同世代と過ごした週末です。
    植村 (02/02)
  • 初めて見る黒部ダムのアルペンルート。しかし天気は絶望的。ロープウエイは動くだろうか?
    山本雅世 (09/27)
  • 高遠の隠れ家は早朝18度。長袖のパジャマが丁度良いです。都合2泊の天国でした。
    noriko8 (08/14)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE