鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 櫻も、そろそろ終わりを迎えます。鎌倉の田谷と大船フラワーセンターの櫻です。 | main | 元勤務先のOB会は町の名前を取って「錦会」。鎌田實さんの講演でした。 >>
初代「兼六園菊桜」は天然記念物。珍しい桜がわが庭にあります。


ある時「兼六園の菊桜」の存在を知りました。
家人の還暦の贈りものを探すために、近所のある花屋さんに入ったところ4月末に満開になる桜の苗木を見つけました。
と言っても背丈1mほどのものである。つぼみが色づいていました。
お店の方に質すと、ちょうど家人の誕生日の頃に満開になると言います。
さっそく購入してお店で1週間ほど保管してもらいました。

家人もとても喜んでくれ、プレゼントした菊桜は、当面ベランダでその見事な花を愛でていました。



 
日本三名園の一つである兼六園は、もとは加賀百万石大名である前田家の庭園。
その名は、六つのすぐれた景観を兼ね備えていることから、豊かな風情を見せてくれる兼六園。
桜のシーズンは特に人気があるようです。

40種類、420本ほどもある兼六園の桜の中でも最も美しいと言われているのは、

「兼六園菊桜」。一般的に菊桜の花弁は150枚から200枚。「兼六園菊桜」は花弁が250枚から400枚近くもあり、

日本で最も花弁の多い、珍しい品種です。
後日、その菊桜は我が家の庭に植え移して、数年が経ちました。





今年は久しぶりに見事な花が咲きました。

鎌倉の桜がすべて散った後に、しばらくは満開の桜を楽しみます。



 
横にあるアメリカハナミズキも、今年は大きな花が咲きました。
ふたつあわせて、しばらくは華やかな花を楽しめそうです。

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 23:15 | comments(0) | - | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    三戸 寛子 (05/11)
  • NHKBS1に、日韓の架橋・安東の緒方恵子さんが出演しました。
    小嶋英生 (03/07)
  • まだんの新年句会は世田谷・豪徳寺句会。その前に松蔭神社もお参りしました。
    yasuto (02/05)
  • 洪知恩と書いて(ホン・チウン)と読みます。ソウル時代の秘書さんです。
    Jieun (06/09)
  • ヨットでワイン。ジャズでワイン。元気な同世代と過ごした週末です。
    植村 (02/02)
  • 初めて見る黒部ダムのアルペンルート。しかし天気は絶望的。ロープウエイは動くだろうか?
    山本雅世 (09/27)
  • 高遠の隠れ家は早朝18度。長袖のパジャマが丁度良いです。都合2泊の天国でした。
    noriko8 (08/14)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE