鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 小学校一年生の時の作品ノートが出てきた。私の表現者としての「DNA」は、これだ。なんちゃって! | main | 新しい年を迎えました。今年もよろしくお願いします。 >>
2017年。この一年の総集編の抜粋版です。感謝をこめて・・・。
みなさま
既に、この一年でご覧になった内容の抜粋編です。
もう一度お付き合いください。
あっという間に2017年も暮れていきますね。
あっという間に1年間です。
あっという間に1ヶ月です。
あっという間に1週間です。
流石に一日はあっというまという訳にはいきませんね。
今年も毎月、主だった思い出を振り返ってみます。

 
まず1月です。
【初日の出】

 
大晦日から長男家族全員と次男も加えて、総勢7名で新年を迎えました。
歩いて8分、鎌倉高校前の海岸で日の出を迎えます。
 
【鎌倉七福神歩き】
毎年、地元メンバー(関東史跡研究会)が主催する「鎌倉七福神歩き」が復活しました。
しばらくは取りやめになるのではと思っていました。
長老の田中さんが、この企画を復活させてくれました。



この日はちょうど十日夷にぶつかり、賑わっていましたました。「本覚寺」は(夷神)です。
「商売繁盛、ささ持って来い」という関西の掛け声とは少し違いますが、大金払って大きな熊手を買い求めています。
 
2月
【鎌倉梅歩き】


 
若手中心の今回の鎌倉歩きはいつものシニア仲間も加わり新企画の梅見歩きにしました。
それも、いつもは歩かない鎌倉のお寺巡り。
まずは、片瀬にある枝垂れ梅の名所でもある「常立寺」。
一日中、いつも歩かないお寺巡りに、この新企画は、みんな喜んでくれました。鎌倉は奥が深い。
 
3月

【高校の同期ゴルフ会】


 

年に3回の高校同期の湘南組のゴルフ会。
のびのびした仲間のゴルフ会。心置きなく遊べる同じ歳のゴルフ。

同期の櫻という言葉がありますが、同期は本当に素晴らしい存在ですね。

現役時代と違いなかなか100が切れません。末永くお付き合いください。
 

4月
【桜の季節】 
ある時、家人の還暦の贈りものを探すために、近所のある花屋さんに入ったところ4月末に満開になる桜の苗木を見つけました。


 
と言っても背丈1mほどのものである。つぼみが色づいていました。 お店の方に質すと、ちょうど家人の誕生日の頃に満開になると言います。
「兼六園の菊桜」の存在を知りました。さっそく購入してお店で1週間ほど保管してもらいました。
桜の思い出です。


5月
【豊多摩マスターズのユニフォーム】 
豊多摩高校野球部OB会は(マスターズ甲子園)に参加しています。
仲間の監督の提案で軟式で練習試合が出来たら、野球慣れすると言い出しました。
さっそく元勤務先の後輩のチームに頼み、練習試合を世田谷公園球場で行いました。それもナイターです。


 
私は後半戦で代打で打順が回って来て打席に立ちました。見事に・・・。ナイスバッティング!!
(この写真は種も仕掛けもあります)。
 
6月
【出雲大社へ家族旅行】


 
久しぶりの家族の旅は出雲の神話の里。神様は、大別すると二つに分かれます。「出雲」の意味を神霊的に紐解くと、
「雲が出て地球を守る」=天からのエネルギーを媒介する雲」という意味になるそうです。
今回の出雲旅行の目的は、大社の本殿にてお祓いを受けることにあったので、「神恩感謝」とのお祓いを受けました。



最終日のメインイベントは、夕方のフライトまで「足立美術館」めぐりの後は、
となりにある【安来節園芸館】に寄りどじょうすくいの舞台を見て、どじょう鍋を楽しみ機上の人になりました。

7月
【桑ちゃんのバターボール号】


 
海の日です。横浜ベイサイドマリーナのオーナーズロビーに桑ちゃんの仲間が集まります。
恒例の桑ちゃんのヨットパーティーです。日本晴れの港に10人の仲間が集まりました。
当日は会費制でワイン、お酒各種、バーベキューの材料とたくさん準備されています。
まずはBBQパーティーを楽しみ、目の前の桟橋に係留してある「バターボール号」に乗り込みました。夜更けまで宴は続きました。
 
8月
【鎌倉のぼんぼり祭り】


 
毎年8月、立秋の前の日から9日までの3日間(または4日間)執り行われ、鎌倉の夏の風物詩です。
そして9日は源実朝公の誕生日に当たります。この日には実朝祭がおこなわれます。
境内には鎌倉市在住の文化人、各界の著名人が揮毫して奉納します。
そして、約400人の作品の中、15年連続で我が家の巨匠の力作です。
 
9月
【いつもの俳句会でお伊勢さん詣で】 


 
伊勢は父の故郷です。
文政3年の(間宮たえ)さんから記録があり、間宮耕山(兵次郎)、間宮酒煙(貞次郎)と、
船江の町を治めていた有名な方々も私の先祖です。
江戸時代には伊勢に500万のおかげ参りのお客さまが来ました。
その食料の大半は江戸から海を経由して伊勢に届いたのです。

私の父・富雄は二男のために、実家は兄に任せて、若いときから東京で仕事をしました。

それなので伊勢(宇治山田)は、私の故郷でもあります。
小さなころは毎年、夏になるとひと月は山田の家で過ごした記憶があります。

 
10月
【倍賞千恵子さん。澄んだ声で、楽しく元気なコンサート】
倍賞千恵子さん。一年ぶりに会いました。


 
JR王子駅前の「北とぴあさくらホール」倍賞千恵子(歌とトークのコンサート)です。
「私の歌も聴きに、たまには来なさいね!」と、以前お会いした時に言われて、昨年の大宮会場に次いで、
今年は王子会場まで行ってきました。
 
11月
【和光学園評議員20年表彰】


 
小中でお世話になった母校の84周年の創立記念日に参加した。
当日、大学のホールで式典の受付に行くと「おめでとうございます」と、いつもの係りの先生がニコニコと挨拶してくれた。(???)。
聞くと案内状に、書いてあったという。うかつにも気が付かないまま出席したのだ。帰宅して案内状を見てみると、
本学園のためにお尽くしいただいてきている労に対し感謝の敬意を表したいと考えております」
と、書いてあった。「評議員永年勤続20年表彰」を見逃したのだった。
 
12月
【鎌倉の紅葉歩き】





12月初めの日曜日、日本晴れで鎌倉の紅葉見物で、北鎌倉駅前は観光客であふれかえっていた。
しかし、一週間前だったら紅葉のピークだったのに・・・。
と思いつつ、今週は今週でそれなりの紅葉を楽しめた。
人生は考えようだ。
何しろ久しぶりの参加者に神田紅師匠の弟子の神田紅佳さんが何を思ったのか、ハイキングに着物で現れた。

「鎌倉から、こんにちは」に、今回も訪ねていただき、ありがとうございました。
また、来年からも、よろしくお願いします。間宮武美

 
| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 19:54 | comments(0) | - | - | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    三戸 寛子 (05/11)
  • NHKBS1に、日韓の架橋・安東の緒方恵子さんが出演しました。
    小嶋英生 (03/07)
  • まだんの新年句会は世田谷・豪徳寺句会。その前に松蔭神社もお参りしました。
    yasuto (02/05)
  • 洪知恩と書いて(ホン・チウン)と読みます。ソウル時代の秘書さんです。
    Jieun (06/09)
  • ヨットでワイン。ジャズでワイン。元気な同世代と過ごした週末です。
    植村 (02/02)
  • 初めて見る黒部ダムのアルペンルート。しかし天気は絶望的。ロープウエイは動くだろうか?
    山本雅世 (09/27)
  • 高遠の隠れ家は早朝18度。長袖のパジャマが丁度良いです。都合2泊の天国でした。
    noriko8 (08/14)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE