鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 2017年。この一年の総集編の抜粋版です。感謝をこめて・・・。 | main | 恒例の鎌倉七福神歩き。「十日戎」の日は晴れていたけれど、風が冷たかった。 >>
新しい年を迎えました。今年もよろしくお願いします。


あけましておめでとうございます。


 
みなさまは、新しい年をどのように迎えられましたか。
 
今年も年賀状は2種類です。


 
【1年生の時に描いた夢の絵】
おとなは だれも はじめは子どもだった
しかし そのことを忘れずにいる
おとなは いくらも いない
(星の王子さまより)


 
【ゆるやかな挑戦】
目の前の真っ白な原稿用紙に、
どんな物語を書いて参りましょうか。
一歩一歩、私なりの変化を楽しんで参ります。
 
幼い時はカーボーイ(ジョン・ウェイン?)の夢を見ていたようです。
この歳を迎え、これから、どんな夢を見ているのでしょうか。秘密です。


 
大晦日から長男の家族、東京から二男が参加して、にぎやかな年越しでした。
翌朝は、恒例の家から10分弱の海岸に6才と3才の孫たちも頑張って起きて、
6時58分に三浦半島から上がる「初日の出」を家族7名全員で拝みました。
 
今年も、いいことがありますように・・・。


 
小動神社にお参り。


 
腰越港から凛々しい富士を拝む。


 
江ノ島弁天橋を江の島に向かって歩きます。


 
こんな富士山の拝み方もあります。


 
相模湾越しの富士山


 
鶴岡八幡宮のお参りは毎年本殿にあがり特別のご祈祷をお受けします。


 
舞殿の周りには大勢の参拝客です。

 
今年も毎週一回は新しいお話を書いて行こうと思います。
 
(*)今年の新年のご挨拶が遅れましたのは、正月3が日が明けたら、
   このパソコンがトラブルでメールが全て消えてしまいました。
   帰宅中の二男に助けられて、ほぼ100%復元が出来ました。
   ホッ!


今年もよろしくご愛読のほど、お願いいたします。 間宮武美
 
| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 21:59 | comments(0) | - | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    三戸 寛子 (05/11)
  • NHKBS1に、日韓の架橋・安東の緒方恵子さんが出演しました。
    小嶋英生 (03/07)
  • まだんの新年句会は世田谷・豪徳寺句会。その前に松蔭神社もお参りしました。
    yasuto (02/05)
  • 洪知恩と書いて(ホン・チウン)と読みます。ソウル時代の秘書さんです。
    Jieun (06/09)
  • ヨットでワイン。ジャズでワイン。元気な同世代と過ごした週末です。
    植村 (02/02)
  • 初めて見る黒部ダムのアルペンルート。しかし天気は絶望的。ロープウエイは動くだろうか?
    山本雅世 (09/27)
  • 高遠の隠れ家は早朝18度。長袖のパジャマが丁度良いです。都合2泊の天国でした。
    noriko8 (08/14)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE