鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 童謡が誕生して100年。童謡(わらべうた)を考えたり、聞いたりしてみました。 | main | バーンロムサイって、「ガジュマルの木の下の家」という意味です。 >>
もうじき2月。時の立つのは、早いですね。記録的な寒さの中、俳句会と偲ぶ会です。



 
【まだん勉強句会】
『まだん』と言う俳句連があります。韓国駐在時代の『ソウル俳句会』の帰国仲間が中心の会です。
「まだん」とは韓国語で「庭(ひろば)」と言う意味です。
 
新年早々の句会は、椿山荘の近くの会場での俳句勉強会から始まりました。
勉強会とは、普段の吟行句会と違って、兼題と嘱目季語で句を作って持ち寄り、みんなで句評をするのです。

今回の兼題は―夜、除夜の鐘 1句 △年玉の1句。残り3句は当季嘱目3句。
私は葱(根深)、寒見舞い、雪の3句を出句しました。

会場は肥後細川庭園(旧名:新江戸川公園)。
今日は、他に夜も集まりがあるので、句会の懇親会は欠席で、午後の句会のみの参加です。
出句した5句とも全部点を戴きました。珍しい。



 
神田橋の駅を出ると神田川。その川沿の道を1kmほど歩きます。




 
「肥後細川庭園」は幕末時代は細川家の下屋敷で、明治になって細川家の本邸として使われました。
整った庭は素敵な庭園になっています。
先日の大雪もきれいに邸内の縁路は除雪されていました。
雪吊りもキリリとして、佇まいが素晴らしい。


 
記録的な寒さで、池には薄氷が張っています。
 
池凍る何か投げたくなる気持ち UTさんの句

勉強会ですが、吟行句のような、さっき見た景色が詠まれています。
2番目に多い得点の5点句でした。




 
句会の準備で清記用紙、選句用紙、予備選句用紙と配られて、
句を書き込む短冊も5枚あります。
そうです、今日は5句提出です。
 
リュックより頭出したる根深かな  武舟 3点句(特選句含む)
根深は葱のことです。
良く見かける風景ですよね。

寒見舞い里から届く伊勢手拭   武舟 3点句

お年玉母の手づくりポチ袋     武舟  並選句

紫の法衣の揺れし除夜の鐘    武舟  並選句

雪はげし五輪の里は視界ゼロ   武舟  並選句
平昌(ピョンチャン)五輪を平壌(ピョンヤン)五輪と言われるくらい韓国は妥協して譲歩しています。
オリンピック&パラリンピックが終わった後は「北」がまた暴れだすんでしょう。
ソウル赴任経験者ならば理解できます。
 
五句の提出句が全て点が入りました。
このところない快挙ですね。



会場の前で記念写真で、解散。
 
【スタンプガーデン 充子さんを偲ぶ会】
 
その足で地下鉄を有楽町線、半蔵門線、大江戸線と乗り換えて一気に六本木まで。
夕方からの会合は、高校の仲間で14年前に亡くなった、スタンプ充子(ちかこ)さんを偲ぶ会。
10人ほどの仲間が集まりました。



 
近くには30年通った俳優座裏のバー「若いおまわりさん」がありました。
2006年に閉店しました。今は違う名前の店になっています。
オーナーだった同年代の南子さんは、どうしているだろうか。


 
そのすぐ近くに今日の会場「スタンプ・ワインガーデン」があります。
充子さんのご主人の故:スタンプさんのお店です。
 
お店の真ん中のテーブルに高校仲間の男女が集まり、ガヤガヤとおしゃべりを続けます。

 コンソメスープ
 佐賀牛のステーキ

 
ウニのカクテル、コンソメスープ、佐賀牛のステーキ、デザート。シェリー酒、白ワイン、赤ワインが続きます。
こんがり焼けたフランスパンもおいしい。
デザートは写真を撮り忘れました。それに〆はコーヒー。
 
そもそもこの仲間の集まりは、1964年の12月から高校の野球部の男性中心に始まった会です。
その流れで、いつしか女性も加わり、いつしか、充子さんの薦めで「スタンプガーデン」が会場になりました。
私はソウル赴任中も、ほぼ100%駆けつけました。
50年近くも続く会なのです。
 
今回も清水市、西浦和から、鎌倉市からと遠方から集まってきました。
食べて、飲んで、しゃべっての3時間。
昔は人数分のワインが空いて、今は3時間で3本のワインが空いただけです。
みんな年取ったんですね。


 
お店の前で記念写真を撮って解散です。
 
2000年12月5日。
充子さんとあった最後の日です。
恒例のスタンプの会の出席の為に、ソウルから駆けつけました。


 
二次会のお店「若いおまわりさん」で、残った人数で唄って、飲んで、おしゃべりです。


 
和服姿の充子さんは、今でいうフラッグシップのキャビンアテンダント(スチュワーデス)で、
私はその航空会社が広告の得意先なので話が合い、ウマが合いました。
みなさんをそっちのけで、二人で話が続いたものです。

 
2003年に、私にとっては忽然と姿を消した人です。
ソウル赴任中でもあり知らない間に、彼女は天に召されて仕舞いました。
今では懐かしい友人です。
 
人生いろいろですね。
| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 21:31 | comments(0) | - | - | - |









   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    間宮武美 (06/22)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    間宮武美 (06/21)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (06/21)
  • 「まだん俳句連中」の特別吟行は、一泊二日の初秋の伊勢路。伊勢の間宮の遺伝子が騒ぎました。
    原条令子 (03/03)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    miyu (11/02)
  • 鎌倉市民プール(鎌倉海浜公園プール)はオープンして58年目です。ここでお願いです。
    yuzo seo (04/21)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    カナダからの手紙 ♪ (10/31)
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE