鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 4月8日は鎌倉まつりの初日。お釈迦様の誕生日花まつりです。二つの(おまつり)を楽しみました。 | main | 童心に戻って上野動物園。久しぶりのまだん句会は動物園。シャンシャンも見ましたよ。 >>
いつもの徒歩に合わせて、冗談のように、わずかな字数で「間宮林蔵」を思っていました。

 

  

いつもの徒歩の写真とソウルへの徒歩の旅のシーンのコラージュです。
歩きながら13年前の大変な行動を思い出しています。
間宮林蔵は、もっと大変な歩きで偉業を成し遂げました。


こちらは太平洋。方向が違うので樺太は見えません。


 

間宮隼人は関東に攻め入る豊臣秀吉に対峙した北条軍勢を

海から守る間宮水軍の将であることはあまり知られていない。
間宮林蔵の7代前の先祖に当たります。



  

あの秀吉であれば一夜で城ができてしまったと北条軍勢は思ってしまったのでしょう。

一夜城の戦いに負けた北条方の間宮水軍はぐるりと房総半島を経て一気に常陸国の海岸に船を捨てて、

隼人は筑波郡上平柳村で帰農した。(ここが大事なところです)。



鎌倉からソウルへ続く134号線。海はありますが……。

 

安永9年、なんとこの地の農家に生まれたのが間宮林蔵である。

隼人の7代後の子孫であると前述した。
幼いころから利発な子と言われ、地元では有名であった。

わずか13歳にして役人の下僕として、普請役人と共に江戸に出ることになったのです。

 

 

江戸で測量技術や地図作成術を覚え24歳にして東蝦夷地、南千島の測量に従事し、

その後、海峡地帯を突破して、ついに間宮海峡を発見するのでした。わずか30歳の時だった。

私が鎌倉からソウルまで2328キロを踏破したのは、倍の年齢の60歳の時だった。



 

 


 

 

林蔵は、その功を褒められて役職についた。

私のソウルへの徒歩の旅は外務省の「日韓正常化40周年」の記念行事に認定されたのですが……。

マスコミにも取り上げられて、一人旅が大げさな話になってしまったのです。

 

 

 


 

江戸に戻っての林蔵は、公の職を離れて、
全国を歩き回り異国船渡来の見聞内偵の仕事のために隠密的な生活を送っていた。

晩年は「シーボルト事件」に巻き込まれて表だった役目から離れた。
 

 

一方、伊能忠敬は幕府の命により日本全国を測量し「大日本沿海興地全図」を作成したが、

忠敬の死後も林蔵は地図を書き続け、その日本地図の大半を完成したことは世にあまり知られていない。
 

64歳、江戸の深川でその生涯を閉じた。

 

 

天保15年2月26日の事だ。

今でいう1844年。その100年後に私は生まれた。

 

私は間宮林蔵の子孫かどうかは大きな謎である。

いつかは、その謎を解かねばならない。(続く)

| team-mamiya | from-mamiya「徒歩の話」 | 14:02 | comments(0) | - | - | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    間宮武美 (06/22)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    間宮武美 (06/21)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (06/21)
  • 「まだん俳句連中」の特別吟行は、一泊二日の初秋の伊勢路。伊勢の間宮の遺伝子が騒ぎました。
    原条令子 (03/03)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    miyu (11/02)
  • 鎌倉市民プール(鎌倉海浜公園プール)はオープンして58年目です。ここでお願いです。
    yuzo seo (04/21)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    カナダからの手紙 ♪ (10/31)
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE