鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< いつもの徒歩に合わせて、冗談のように、わずかな字数で「間宮林蔵」を思っていました。 | main | 桜が満開でした。久しぶりの信州原村。桜といつもの仲間が待ってくれていました。 >>
童心に戻って上野動物園。久しぶりのまだん句会は動物園。シャンシャンも見ましたよ。
『まだん』と言う俳句連があります。韓国駐在時代の『ソウル俳句会』の帰国仲間が中心の会です。
「まだん」とは韓国語で「庭(ひろば)」と言う意味です。
 
今年初めて参加した吟行句会は上野動物園です。
天気予報では、好天の今日は真夏日になるという。
 
我々はパンダのシャンシャン人気で大混雑を予想される表門(東園)を避けて、
不忍池の弁天門(西園)に集合した。
 

 
久しぶりの上野です。まずは上野の山に西郷さんの銅像に挨拶しなくては・・・。
山を登ると何とパイプフェンスが組まれている。
見ると「西郷南洲像清洗式」と書かれている。
年に一度の大掃除なのだ。黒服の紳士たちが式典の準備に邁進していた。
 

 
さて30分も早く集合場所に到着し、不忍池の弁天堂をお参りする。


 
定刻の10時に弁天門から西園に入場。16人の参加者は、65歳以上の入園料300円。
 
池の西側のコースを歩きながら吟行をはじめた。
この池にはペリカン、ニホンコウノトリ、オオワシなどに鴨も居る。
鴨は春になると北へ帰るのだが、一部にはそのまま留まる鴨が居る。
残る鴨には残された哀れさを感じたりする。

 
不忍に残る番の春の鴨  武舟(特選を戴きました)
 
しかし句会で(春の鴨)には残るという意味があり、(残る番)は意味が重なるという指摘があった。
 
不忍の池に番の残る鴨 武舟 
 
「残る鴨」も季語であり、このように詠み変えても少しの哀れさは出るだろうと思います。
 
ペリカンの家族だろうか、数匹が群れを成して同じような動き方をしている。


 
池のほとりの我々に向かってショータイムを愉しんでいるようだ。
 
ペリカンの群れなす列に水温む  武舟
 



 
池の周りには数々の樹木があり、ミズキが目立って花を咲かせていた。
 
風光る並びて競ふ花ミズキ  武舟
 
一つの幹から何本も垂直に枝が付いていて花を咲かせている。奇妙な光景に気が付いた。
 
池の北側にはフラミンゴやハシビロコウがいる。
フラミンゴがご存知でしょうが、ハシビロコウとはなんだろう。



 
中央アフリカに多く生存する鳥で、体長は大きいもので150cmほどになる。
ゆったりとした動きで、しばしば彫像のように動きを止めるため、「動かない鳥」として知られる。
 
私が見たときには羽根を大きく開き閉じるところだった。
一旦閉じたのでカメラをむけて再び開くまで私も動かない、ハシビロコウも動かない。
数分間の意地比べになった。
 
あきらめてフラミンゴの檻に移った。

 
春の昼一本の足なるフラミンゴ 武舟
 



 
(いそっぷ橋)を渡り猿山を見ながら、東園の入り口近くのジャイアントパンダの檻へ向かった。
話題のシャンシャン(香香)は整理券がないとみることができない。
生憎今日の整理券は配布が終わってしまった。

 



父親パンダを見て帰ろうとしたら、なんと檻の奥の垣根の向こうにシャンシャンが見えるではないか。
何枚もシャッターを切った。
全体の姿が見えていたのだが、次第に後ろ姿になったままだ。
句としては(後ろ姿)を詠みました。
 
香香の後ろ姿や春うらら 武舟  三点句(特選一句)。



なんでシャンシャンだけが人気者なんだ。父親パンダは若干ふてくされているようだった。
 

 
今日の上野公園は、小さな子どもを連れた親子連れが、とても多かった。
この家族の光景を見て、80年代に子どもを育てた私達には動物園に子ども連れて行った思い出はほとんど無い。
時代が大きく変わったのか、私たちがあまりにも家にも帰るのを忘れて働き過ぎていたのか・・・。
あのバブル時代の働きすぎの複雑な思いで若い家族たちを眺めて居ました。


 
句会はカッパ橋の近くの江東区生涯学習センターの会議室。


 
句会の後の記念写真。


 
そのあとは会費3500円の懇親会。飲み放題で飲みすぎました。
もちろん食べ過ぎました。
 
ところで、吟行句会のために参加できなかった母校の豊多摩マスターズの東大球場での野球の試合は、
麻布高校を相手に23対5で大勝利。満塁ホームランもあったようだ。あっぱれ後輩野球部員!
今年度の大会の初戦で豊多摩マスターズは初勝利を飾った。大きな成果だ。
次回の試合が楽しみだ。

 

| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 21:20 | comments(0) | - | - | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    間宮武美 (06/22)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    間宮武美 (06/21)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (06/21)
  • 「まだん俳句連中」の特別吟行は、一泊二日の初秋の伊勢路。伊勢の間宮の遺伝子が騒ぎました。
    原条令子 (03/03)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    miyu (11/02)
  • 鎌倉市民プール(鎌倉海浜公園プール)はオープンして58年目です。ここでお願いです。
    yuzo seo (04/21)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    カナダからの手紙 ♪ (10/31)
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE