鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 「私の企画案がまずかった。ごめんなさい」。たった5人のハイキング。でも充実した歩きでした。 | main | 鎌倉のアジサイ歩き。梅雨の合間の一日は、鎌倉は歩けないほどの混雑でコースも変更。 >>
9番ピッチャー星野君、4番キャッチャー田淵君。神宮で初めての女性による場内アナウンスです。

 
 

放研とは放送研究会。私が所属していた大学の文化系のクラブです。

浪人した結果、それまでの野球部入部をあきらめてラジオドラマのシナリオを書くために放研に入部しました。


 

そのOB/OGが集う「放研三田会」の第20回総会の日となりました。


 

OB/OGの参加は約120名、現役の幹部メンバーも招いての大掛かりな総会です。


 

 

総合司会は日本テレビの「Every」のレポート役で活躍中のアナウンサー藤田大介さん(55期)。

現役の3年生女子アナがアシスタントです。



 

山下名誉教授の会長挨拶、佐藤事務局統括による一年の活動報告の後、続いて会計報告・監査報告、
現役活動報告がスムースに進行しました。


 

今回のイベント企画は「〜それぞれの慶早戦〜 朝早くからの応援ご苦労様です」。

放研は神宮の六大学リーグ戦で裏方としてサポートしてきた長い歴史があります。

どの年代はどんなことをしていたか、実行委員会で調べて内容を取材し登壇の交渉した結果、

とても楽しい企画になりました。




 

年初の実行委員会で企画した時は予想もしなかった想定外の現実になったのです。

春季シリーズで母校は勝ち点4で優勝。27年ぶりの秋季春季の二連覇を成し遂げました。

慶早戦で勝利すれば完全優勝となるはずだった。

現役はその熱戦ぶりをダイジェストにまとめ会場ホールで先輩達に披露してくれました。

会場でスクリーンを見ながら、先輩後輩がまるで実戦を楽しんいるような錯覚になったのです。


 18期の板橋雅子さん、東雅子さん
 

50年前の「神宮球場で始めての女性場内アナウンス」の話です。

当時は六大学の野球部の男性が毎年順番に場内アナウンスを担当していて、

母校の担当の順番の年に神宮球場から女性でお願いしたいという事で、さっそく放研にお鉢が回ってきた。

当時、野球の(野)の字も知らない18期の女子大生二人が当日神宮へ。あわてたスタッフは、1は投手、
2は捕手、3は一塁手と懇切丁寧に教えてくれました。

翌週は別の18期の女子大生二人が神宮へ。「先週教えた二人は?」と不思議がり、再びスタッフは1は投手と、同じことを教えた後で「いちいち大変なので、先週と今週の4人だけにして」とお願いされた。
アナウンス部長の女子アナが毎週全員が貴重な経験をするという考えは頓挫したという。


 

そんな中、当時一年生から活躍していたのが明大の投手(星野仙一)、法大の捕手(田淵幸一)。

そこで、「9番ピッチャー星野君**高校」、「4番キャッチャー田淵君**高校」
というアナウンスになった訳です。

50年前の事ですが良く覚えていましたが若い後輩はどこまで具体的にその凄さを理解してくれたのか心配です。
(ちなみに、この出来事は当時のスポーツ新聞の記事になり、放研三田会のアーカイブ資料として残しました)。


43期、61期の若い後輩の頃になると試合前の応援合戦のMC(セレモニーの司会役)、つまり応援席の学生を元気づける役ですが、どのような活動だったかのレポートです。

歴代の女性アナがダッグアウトの上で、大声をあげて声援するのです。いろいろな経験を話してくれました。

最後は慶早戦の3回戦でMCを務めた現役女子アナ君が、ステージで迫力ある実演をしてくれました。
(調べると、当時「バンド合戦」として僕らの20期の女子アナがMCに立っていた事実が判明しました)。

 
 
ステージで記念写真です。

さて会場を変えて生協食堂を借り切っての第二部の懇親会です。

現役を交えて150人ほどの大宴会です。

現役の一年生で未成年は胸に「U20」のマーク、お酒を飲ませません。



 

ここでも活動報告があります。「就職活動相談会」の報告。
先輩OBが現役の就活メンバーに「エントリーシートの書き方」「働く意味」などを指導します。 


 

「ハイキング部会」の報告。3分のはずが5分以上に。
楽しかったあのときのハイキング、きつかったあの時のハイキングと、止まりません。


 

「ゴルフ部会」の報告も3分のはずが、負けずと5分以上に。
運営メンバーの後輩たちは、元気な先輩のコメントオーバーを許しています。




そのあとも、会場内はにぎやかに懇談が続きます。
私も記念写真を撮ってもらいました。




 

最後は恒例の「丘の上」「若き血」を全員が肩を組んで歌います。

現役代表のエールです。


 

総合司会の藤田大介さん、和歌山の事件の中継から、台風のレポートの合間に、母校のイベントの総合司会。
急な取材仕事が入らないように特別休暇を取ってのボランティア精神豊かなお仕事(?)ありがとう。
本当にすべてに配慮した進行、お疲れ様でした。




さらに後輩で60期の天野裕真君、65期の山崎真君も、日本テレビの若手アナウンサーとして
活躍しています。(山崎さん、今日テレビで見ましたよ)。



 

実行委員長の35期の星野さん、お疲れ様でした。

一部プロデューサーの40期の高橋さん、いい企画をありがとう。

二部プロデューサーの45期の山口さん、50期の永井さんお疲れ様でした。

 

放研三田会の運営のコアメンバーの世代交代で、ますます組織がパワーアップしました。

 

18期も若い佐藤博之さんに事務局運営を世代交代して数年。
本当に若いネットワークが広がりパワーアップしました。
老兵は死なず、ただ消え去るのみ。
最近は事務局担当補佐の黒子として会の運営を楽しくサポートしています。

さて二次会は、古希前後のシニアメンバー23人(17期から21期)と三田仲通りの一番奥にある
いつもの店に流れ込みました。

更にお店をかえて残った12名が11時過ぎまで飲んで喋って、しぶといシニアパワー炸裂の夜でした。

 

| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 17:56 | comments(0) | - | - | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    間宮武美 (06/22)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    間宮武美 (06/21)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (06/21)
  • 「まだん俳句連中」の特別吟行は、一泊二日の初秋の伊勢路。伊勢の間宮の遺伝子が騒ぎました。
    原条令子 (03/03)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    miyu (11/02)
  • 鎌倉市民プール(鎌倉海浜公園プール)はオープンして58年目です。ここでお願いです。
    yuzo seo (04/21)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    カナダからの手紙 ♪ (10/31)
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE