鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 夏のど真ん中。恒例の桑ちゃんの「バターボール号」に全員集合。 | main | 【三浦トライアルスティ】 三浦市移住者&住民交流会、市内バスツアーに参加しました。 >>
また、誕生日がやってきた。一つ齢を取り若くなりました。

 

【FB仲間のみなさまへ】

お祝いメッセージを深夜から深夜までたくさんの方々から戴きました。

出来るだけ、お一人ずつお返事しましたが間に合いません。スミマセン。

自分ではまだ自分の年齢を感覚として認識できません。

が、春には(座り病)による脚の痛みに悩み、ゴルフもウォーキングもままになりませんでした。

今後は少しだけ年齢を意識して、まだまだ元気ハツラツに前向きに歩きます。

よろしく遊んでやってください。(誕生日翌日の私のコメントより)

 

フェースブックにメッセージを返したら、またたくさんの(いいね)とコメントを戴きました。

私にとってフェースブックの中で、一年で一番賑やかな日でした。

 

 

昨年は一年間「東京作家大学」というところで、文章を書く事を学びました。

特に昔取った杵柄「ラジオドラマ」を学びなおすことが目的でもありました。

一年半で大学を中退し、もう終わったことなので初めてお話しします。

(なに!文章、全然うまくなっていないぞ!)という声が聞こえそうですが……。

 

本当の動機は10数年継続している「宣伝会議」で講師としての教える立場で、

一度、久しぶりに教わる立場を学んでみたい。ならば文章の学校が良いという「一石二鳥」の狙いでした。

「一粒で二度おいしい」というグリコのキャッチフレーズのとおりです。
 

モチベーションを上げてくれる教え方のうまい先生、著作はあっても教え方の下手な先生、

モチベーションを下げる先生は私の反面教師でした。
しかし作家大学で、いろいろな事を学びました。もちろん文章の技術的な書き方も体得できました。

 
 

 

年齢も経験もばらばら。年一回のパーティーでのクラスの集合写真。

それよりも、私は断捨離の最中。物の断捨離、役割の断捨離、誤解を招きそうですが人脈の断捨離。

そんな中で新しい仲間、新しい友ができるのは素晴らしい。

元高校の先生、特殊な経験をしてそれを題材に小説に挑んでる方、法廷にも立つベテラン公認会計士、

熱海市の観光大使、85歳でキリスト教文学に浸っている方、みなさん写っています。

中には現役の通信データー会社でバリバリの魅力的な女性と。人材の宝庫と言えるようだ。

今までお付き合いしてきた環境とは、全く違う人生を歩んでいる方々との親交が、一番の財産になった。

講座が終わった後のお茶会(たまにはワイン会)が、談論風発、これがまた楽しい。

これからも、引き続きワクワクするような話ができたらいいなと思います。

 

 

9月中旬からは三浦市の移住計画による一か月の移住体験。

空き家対策と人口誘導の一環で、150名ほどの応募者の中で20人に選ばれました。

三崎港の近くのマンションで一か月新しい体験をして、

また、ここで新しい人間関係が出来るのではと大いに期待をしているところです。

 

私の誕生日の日には孫達も元気に現れました。

二人のやんちゃ坊主は、あっという間に成長してどんどん変わります。

 

爺じの腰越の家はオセロがあって楽しいけど、食べ物は大人系!

6歳の時のKip君の言葉で多少メニューが変わりました。






段ボール一つで宇宙船になったり、誕生日のプレゼントの箱に自分がプレゼントになったり、
創造性では、子供の自由な発想力にはかないません。
家人が段ボールを捨てずに保管していた理由がわかりました。

 

 
 

「トッキ―、何か画用紙に描いてよ」と爺が言います。

「くも!」といいます。(雲?蜘蛛?)

 

 

「爺じ!これに携帯を置いて。アップグレードしま〜す」

絵に描いたのはクラウドだった。確かに雲なんですが。

4歳児の発想がここまで来ています。

時代はどんどん変わります。 

こちらも、もう少し元気にたくさんの事を吸収しないといけませんね。

 

 

家人の手作りデザートでパーティーは終了。

 

Kip君、トッキ―

これからもよろしく、爺じと遊んでやってください。
 

 

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 08:28 | comments(0) | - | - | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    間宮武美 (06/22)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    間宮武美 (06/21)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (06/21)
  • 「まだん俳句連中」の特別吟行は、一泊二日の初秋の伊勢路。伊勢の間宮の遺伝子が騒ぎました。
    原条令子 (03/03)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    miyu (11/02)
  • 鎌倉市民プール(鎌倉海浜公園プール)はオープンして58年目です。ここでお願いです。
    yuzo seo (04/21)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    カナダからの手紙 ♪ (10/31)
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE