鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 【三浦トライアルステイ】第11弾 三崎生活を振り返って考えています。 | main | 「にわっとり」について考えた。集まった。しゃべった。そして、しこたま飲んでしまった。 >>
初秋のハイキングは武蔵野の面影を追い、緑の玉川上水の源流歩き。

 
 

「たまには湘南以外で企画してよ」

先輩から痛いところをつかれました。

 

そして考えました。

武蔵野の面影を追いかけて、玉川上水の源流を川沿いに歩きました。



 

まずは小作緑地公園


 

車の来ない道を歩く

青梅線の「小作(おざく)駅」から出発して、最後は二つ隣りの「福生駅」まで。

ゆっくり歩いて、約13キロのハイキングになった。

 

今回は同じ幹事だった佐藤真一さんを偲びながら歩きます。

彼は1年上級で同じ「制作」に所属してラジオドラマのシシナリオを書いていました。

仕事はテレビ朝日のディレクターとして、昼ワイドなどを仕切っていました。

最近は大人しい性格でしたが、頼りになる幹事でした。

ハイキングの下見のよき相棒でした。合掌



 

 

阿蘇神社。

推古天皇9年(901年)創建と伝わる羽村最古の社だ。

地元の方が七五三のお祝いをしていました。代々氏子だそうだ。

仲間は遠巻きにかわいい子供の儀式を眺めていました。

 


 

神社の前で記念写真。


 

すがすがしい風を受けながら、青空一杯の堤防道を歩く。

ここで少年野球を見ながら軽いランチタイム。

 
 

 

羽村堰(はむらぜき)。多摩川からの第一水門(取水口)の構造が分かる。

この「堰」は「投渡堰」と呼ばれ、今も昔も変わらぬ手法で取水が行われている。

 

 

玉川上水は承応2年(1653年)に工事が始まり指揮を取った玉川兄弟は、

羽村から四谷大城戸(現在の新宿)まで約43キロを僅か8ヶ月で完成させた。

 

私はその下流の下高井戸という町で生まれた。桜上水と言って桜の季節は見事な景観だった。

その頃は水流も滔々と流れて、上流ではあの太宰治も身を投げた事で有名な川だ。
 

 

 

玉川を渡って右岸を1キロ戻ると「羽村市郷土博物館」。

羽村と玉川上水の歴史、堰の仕組みが詳しくわかる。

羽村は長編小説「大菩薩峠」で有名な中里介山の生地だ。

羽村堰の近くの水車小屋で生まれたという説がある。
 

 


 

しばらくは玉川上水の流れを見ながら歩く。

 



 

宮本橋まで来ると「田村酒造場」がある。幻の酒「嘉泉(かせん)」の製造元。

タイミングよく酒造りの説明を伺うことができた。

数年前に天皇、皇后が酒蔵を見学されて、オーナーの家で休憩されたと……。

 

 

名誉ある話だと展示館に飾られた写真を紹介してくれた。

 

 

 

前日に作り替えた「杉玉」が青々と下がっていた。

「杉玉」は新種の酒が出来た知らせで新しい杉で作った玉を軒下に下げるのだ。

 

小作駅から多摩川に出て、玉川上水をゆっくりと歩くハイキングは、天気に恵まれて

印象的な歩きになった。

 

 

立川まで移動して予約した店で、おしゃべり&飲食タイム。

いつも集まる常連の仲間は元気な先輩後輩。

何杯も酒をお変わりして、夜の更けるのも忘れたようだ。

 

なお、11回続いた「三崎生活」レポートは、しばらくお休みです。

何か新しい進展があれば、レポート復活します。

| team-mamiya | from-mamiya「徒歩の話」 | 12:56 | comments(0) | - | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    間宮武美 (06/22)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    間宮武美 (06/21)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (06/21)
  • 「まだん俳句連中」の特別吟行は、一泊二日の初秋の伊勢路。伊勢の間宮の遺伝子が騒ぎました。
    原条令子 (03/03)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    miyu (11/02)
  • 鎌倉市民プール(鎌倉海浜公園プール)はオープンして58年目です。ここでお願いです。
    yuzo seo (04/21)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    カナダからの手紙 ♪ (10/31)
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE