鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 古い港のシャンゼリゼ。賑わっていた頃の三崎港の商店街を思い唄っています。 | main | あの「慶楽」が12月28日で閉店だ。行列になる前に並ばなければならない。 >>
意外だった鎌倉の紅葉。台風の潮風にやられていたはずなのに。想定外の長寿禅寺。

  
 

今年の鎌倉は、何回も台風に見舞われた。潮風に葉が傷み、紅葉は期待できなかった。



 

そんなわけで昔の紅葉を私の画像の中から探し出していた。

覚園寺の紅葉が一番と保存していた。


 

鶴岡八幡宮の銀杏も見事だった。

 


 

「安国論寺の紅葉がまあまあですよ」

12月5日、鎌倉駅前の観光協会の係りの言葉だった。

午後からの歩きだったが、妙本寺、ぼたもち寺を経由して、安国論寺へ向かった。

鎌倉駅から徒歩で20分だった。到着した時は生憎の曇りだった。

本殿の周りの葉が、1週早いようだった。はやまったか。

 

一気に鎌倉駅に戻り、北鎌倉方面に歩きだした。

建長寺を過ぎて亀ヶ谷坂の入り口に、足利尊氏が祀られている邸跡が長寿寺だ。




 

季節限定のこのお寺は、紅葉の時期、アジサイの時期の週末に公開される。

観光客にあまり知られずに、穴場として、とても美しいお寺だ。

参道敷石以外は歩かない。苔の中に入らない。心静かに拝観すること。拝観料は300円。




 

紅葉の時期は、極上の美しさを楽しませてくれる。

なんといっても、今年の台風の潮風にやられていない。とても美しい。

静かな佇まいの中、紅葉の全開。明日は雨なので幸運にも実質上は今年最後の拝観になる。 



 

最後は夕方の円覚寺。さすがに人は少ない。この時間になって晴れてきた。


 

総門の紅葉は午前中の方がよさそうだ。


 

この時間は山門の脇の銀杏が夕日に映えている。



 

今年最後のチャンスに、本物の鎌倉の紅葉を楽しめた。

年明けには、いつもの若い仲間との七福神歩き、梅見歩きが待っている。

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 18:15 | comments(0) | - | - | - |









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    間宮武美 (06/30)
  • 鎌倉には青木さんがいる。老舗人力車、昭和から平成を駆け抜けた男。
    真崎春望 (06/09)
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    Asuka (06/07)
  • 2019は、もう動き出した。何を目指そうかなと考えています。
    間宮武美 (01/29)
  • 2019は、もう動き出した。何を目指そうかなと考えています。
    山田光義 (01/26)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    間宮武美 (01/16)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    篠宮百合香 (01/15)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    間宮武美 (06/22)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    間宮武美 (06/21)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (06/21)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE