鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 藤沢七福神。久しぶりに歩いてみた。鎌倉七福神とは趣が違うようだ。 | main | 梅は咲いたか、桜はまだかいな。何とかサマになった鎌倉梅見ウォーキング。 >>
これさえあれば、なにもいらない。パソコンの話です。

 
 

 現在、書斎で使っているパソコンは、東芝ダイナブック(ノートパソコン)だ。

2011年の東日本大震災の直後に、購入したので、かれこれ8年になる。

 

韓国から帰国して定年退職した時にはSONY(VAIO)からパソコン生活が始まった。

しかし、VAIOはしっかり働き、3年で故障して使えなくなった。

3か月で著作を書き上げのため、かなり酷使したとはいえ、あまりにも早すぎる。

冗談で「VAIO3年時限爆弾説」も耳にした。

つまり「ハズレ」。相性が悪かった。

 

その次が「DELL」。結構パーフォマンスが良かった。

姉妹都市の事務局長、八ヶ岳農場を愛する会の事務局長、宣伝会議のPP制作メール、
資料作りなど世話になった。。

ある晩、夕飯直前まで書斎のパソコンで作業していた。

夕飯を終えて書斎の机に向ったら、ONの電源を入れても、ウンともスンとも言わない。

画面は真っ黒のまま。DELLのパソコンは5年で、いきなり即死した。

コールセンターに連絡しても大連の中国スタッフが、たどたどしい日本語で対応。

「それはマニュアルで確認してください」と。なんだそれは……。

 

 

そこで、いろいろと店頭で研究して、東芝ダイナブック(ノートパソコン)を購入した次第だ。

即死状態のパソコンのデーターは、長男の友人の専門家の手で見事にデーター復活してくれた。

このダイナブック(ウィンドウズ7)は、あしかけ8年も活躍してくれた。


 

ところが、三崎港にひと月移住体験した時にスクリーンの液晶にシミのような黒い模様が出て来た。

なんだろうと思ったが、大事に至らないうちに、息子に相談して次の機種の検討に入った。

 
息子から長時間パソコンに向かう屈んだ姿勢は体に良くないと、家の書斎ではデスクトップを薦められたが、

やはり、私はノートパソコンにこだわった。

 


 

いろいろ検討した結果、マイクロソフトのSURFACEに決めた。
モデルは、Pro6、Laptop2に絞られた。

記憶容量は128GB(ギガバイト)か、256GBのどちらにするか。

結局は256GBを選んだ。

 

ところが最終検討している時に、ありがたい事が起った。

対象の品物のオフィスが2016に対して、2019にバージョンアップすることになった。

つまり購入予定の商品が、いわゆる「格落ち」になり4万円強ほど安くなった。

そのために、購入希望者が一気に殺到することにつながった。

一時は情報戦争と人気商品争奪戦の様相を極めた。

 

こちらも、あわてて大型販売店を通じて、抑えにかかったが、

最終的にはネット購入で、SUFACE Pro6のスクリーンは13.5インチにした。

ウインドウズ10。商品や付属品を無事に購入した。



 

A4サイズで原稿を書くにも、いまのダイナブックと見た目の感触が変わらない。

スマホ感覚、タッチスクリーンで、指で広げると原稿が大きくなったりする。

搭載オフィスは2016年版。


 

私の写真の画像管理が8万枚と非常に多くて、記憶容量が、すでに約350GBになっている。

同時にマイクロSDカードも購入し、本体と合わせて約500GBになり、

しばらくは記憶容量については問題なく安心だ。

 手元に置いてみると店頭で確認したが、やっぱり今までのダイナブックと勝手が違う。

短期間に息子の特訓を得て、何とか稼働することになりそうだ。

 

Windows7からWindous10へ。

ノートパソコンの快適さに、タブレットの軽快さを味わえる。モバイル性も高まった。

まずは原稿を書くこと、ネットのお気に入りの活用になれること。

タブやスタートメニューにある記号やマークの意味を理解するためにメモを作った。

年齢の割にはスマホ生活が長いので、意外と慣れるのは早かった

少しづつ、慣れていくしかないが、楽しんで向かい合おうか。
 

広告制作会社の仕事場の私の席にあるパソコンは、DELLのウインドウズ10のデスクトップだ。

制作スタッフや一部の営業担当の多くが、Macデスクトップを使用している。

数日ぶりに出社してパソコンを開いたら、新しい画面になっていた。

先ほどまで自宅の書斎で見ていたのと同じ画面なのだ。

仕事場でも、いつの間にかに私のパソコンが、ウインドウズ10になっていたのだ。

本来ならば戸惑うはずなのだが、あわてずに情報機器担当に感謝した。

時代は急速に変わっていく。

 

| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 16:20 | comments(0) | - | - | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    間宮武美 (06/30)
  • 鎌倉には青木さんがいる。老舗人力車、昭和から平成を駆け抜けた男。
    真崎春望 (06/09)
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    Asuka (06/07)
  • 2019は、もう動き出した。何を目指そうかなと考えています。
    間宮武美 (01/29)
  • 2019は、もう動き出した。何を目指そうかなと考えています。
    山田光義 (01/26)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    間宮武美 (01/16)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    篠宮百合香 (01/15)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    間宮武美 (06/22)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    間宮武美 (06/21)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (06/21)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE