鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< さば街道の小浜に行った。「さば街道」を歩くのではなく、「さば街道」を書いたからだ。 | main | 天皇陛下のお出まし。生まれて初めての一般参賀。進んで止まっての繰り返し。 >>
鎌倉に桜が咲きはじめるとにぎやかな「鎌倉まつり」がやってくる。

 

年の鎌倉まつりは、4月14日から21日の間に開催される。

 

 

初日は若宮大路でのパレード、ミス鎌倉のお披露目、舞殿における静の舞が繰り広げられる。

地元の腰越では義経にご縁のある満福寺で地元の方々による「義経祭」が行われる。

最終日の21日には鶴岡八幡宮の境内で「流鏑馬」が行われる。

このイベントは復興支援事業になっており、観客席450席を3000円で購入できる。

 

 

2009年の鎌倉まつりでは、パレードの先陣を切ってパートナーシティを、

目指している韓国の安東市の仲間たちが行進した。

「韓国河回(ハフェ)仮面劇」のメンバーだ。

サムルノリの打楽器の音色に合わせて、いろいろなお面が登場したのだ。

 

 

行進の後、彼らは鶴岡八幡宮の境内で伝統的な「韓国の仮面劇」を、

たくさんの聴衆の前で演じてくれた。今となっては、懐かしい出来事だった。

 

 

今年はうっかりして、パレードの開始時間が早まっていることに気がつかなかった。

鶴岡八幡宮についたら、すでにパレードは解散して、法被姿の参加者たちは帰途に就くところだった。

 

 

この写真は、かつて「鎌倉プロモーショナルフォトコンテストに優秀賞になった作品だ。

『赤だ!そのまま止まれ』。パレードのフィナーレの一コマ。鳶職による梯子の演技だ。

優雅な鎌倉の景色ばかりの参加作品の中で、ユニークな作品と審査委員長から評された。

グランプリにも匹敵するほどだと。(ならば、せっかくなので、そうして欲しかったな)

そんな思い出にあふれる「鎌倉まつり」。

 

天気が良いので、そのまま午後から行われるミス鎌倉のお披露目だけ付き合った。

市政80年という割には、観光協会は力が入っているのかどうか。

観客の数は、いつもより少ない。なぜだろう。

市の広報の問題なのか、毎年、判でついたような、まったく同じ企画だからなのか。

まったく、工夫が感じられないと思わざるを得ない。

 

 

 

 

20日の土曜日は地元の腰越で「義経祭」。

平家を滅ぼして凱旋した源義経は、頼朝の命に背いたというの理由で鎌倉入りを拒まれた。

腰越の満福寺で頼朝へ対して鎌倉入りの許しを乞う「腰越状」を書いて頼朝の怒りを解くことに努めたが許されずに、逆に追われる身となった。有名な話だ。

 

 

腰越の龍口寺から腰越の電車通りを経て満福寺迄のパレードだ。

地元の高校や中学の吹奏楽団を先頭に、ミス鎌倉を乗せた乗り物。

いつもはN社の真っ赤なオープンカーなのだが、ある騒ぎのために自粛で借りることができない。

ならば、流行りの人力車にでも乗って、パレードに参加すればよいのにと思った。

 

 

義経姿の松尾鎌倉市長、地元の議員さんたちも法被姿で行進。

最後は地元腰越小学校の子供たちの「よさこいキッズ」たちの踊りが続く。

 

最終日は、やはり日本晴れなので、鶴岡八幡宮の「流鏑馬」に出かける。

少し出遅れたが、地元マスコミの撮影場所の近くになんとか陣取れた。

ナイスショットが期待できる場所だ。

1時間余の迫力ある名場面が始まった。

 

 

ナイススポットだが、馬のスピードとシャッターチャンスがうまく合わない。

スマホの連射撮影など駆使したり、数年間で撮りだめした中から名場面を紹介します。

 

話が変わるが鎌倉市の観光客は、年間2000万人。地元に落ちるお金は平均で3500円。

オリンピックが近づき、外人の訪問者が増えている。課題が山ほどだ。

街のインフラから考え直さないと、京都のように日本人の観光客に敬遠されることになる。

さぁ〜、どうする。

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 10:57 | comments(0) | - | - | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    間宮武美 (06/30)
  • 鎌倉には青木さんがいる。老舗人力車、昭和から平成を駆け抜けた男。
    真崎春望 (06/09)
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    Asuka (06/07)
  • 2019は、もう動き出した。何を目指そうかなと考えています。
    間宮武美 (01/29)
  • 2019は、もう動き出した。何を目指そうかなと考えています。
    山田光義 (01/26)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    間宮武美 (01/16)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    篠宮百合香 (01/15)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    間宮武美 (06/22)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    間宮武美 (06/21)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (06/21)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE