鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 梅雨も明けないのに、球児の夏は終わった。しかし、素晴らしい夏だった。 | main | 鎌倉の夏の風物詩「鎌倉ぼんぼり祭り」は3日間、晴天だった。 >>
野球部のOB会、勤務先のOB会、また、ほかにもOB会はありますが……

 

 

都立高校の野球部OB会は今年10周年、勤務先のOB会(錦会)は30周年、

勤務先OBが大学などで教壇に立つメンバーのOB会も今年で10周年。

大学の放送研究会のOB会(放研三田会)は昨年20周年を迎えた。

節目のタイミングには記念行事のために、様々な周年企画に工夫をするものだ。

 

その中で私が一番力を入れているのが「放研三田会」だ。

 

 

毎年初夏の頃に三田キャンパスで「総会」を開催する。

第1部は大ホールで総会とイベント企画、第2部は大食堂での懇親会。

毎年定額の会費を取らずに、総会のイベントに参加する参加費が年間の収入になる。

会員数は1200名。常に活動に熱心に参加する仲間は150名ほど。

このために芸達者のメンバーがイベントに力を入れる。

参加者が増えないと収入が増えないからだ。

 

 

親友の同期のM君が病に倒れ急逝し、ピンチヒッターで(事務局統括)を5年間務めた。

 

 

放送界で知名度の高い先輩後輩がボランティアでイベントの中心で支えてくれる。

今回はフリーアナの魚住リエさんが協力してくれた。

イベントを企画プロデュースする後輩達も若き頃の【放研魂】を発揮して、

企画作りにDNAを受け継いでくれた。

 

 

課題だった資金面も活発な分科会活動を実行しても、安定した繰越金を残せるようになり、

数年前に世代交代で大役を後輩に譲ることができた。

今は事務局担当の副会長として、黒子になって後輩を支えている。

 

 

次に私が力を入れているのが高校野球部のOB会。

 

 

 

私たちは野球部72年の歴史の中で、かなり初期の先輩である15期にあたる。

私は一年からレギュラーでサードを守り、三年ではキャプテンを任された。

そんな流れで、今でも役員の一角として活動を支えている。

 

 

一昨年、野球部70年を迎え「70年記念誌」の発行に奔走した。

OB会が活性化するのは仲間の協力が必要だが、

なんといっても現役が夏の大会などで強くなって試合で活躍してくれることが一番だ。

 

 

 

そうすれば球場にOB達が足しげく、何度も応援に駆けつけることができるからだ。

西東京大会で5回戦のベスト8で準々決勝まで、唯一の都立校として勝ち進んだ。

ことしの現役の活躍は、すでに前回の掲載で詳しく書いた。

秋に予定している「10周年記念イベント」の準備も着々と進んでいる。

夏の大会の現役の活躍を背景に。盛会になることを祈っている。

 

博報堂のOB会は「錦会」という。

明治28年(1895年)に創業し、大正になり神田錦町を

活動の本拠地にしたことから「錦会」となったようだ。

ことしで創立30年になる。

私は引退して約15年になるので半分の歴史を供にした事になる。

 

 

年1回の総会にただ参加して、たまにゴルフ会などに参加し、

たまに会報誌1ページに駄文を投稿する程度の会員だ。

現在、私の親しい後輩が会長、運営のコアメンバーになっているので、

少しでも頑張ってほしいと思い、投稿などで応援している。

先日の30周年記念行事は、約130名のOBが本社のパーティー会場に招かれ、

相談役、会長、社長、関連会社の社長などと懇親を深めることができた。

 

 

参加者の中に私が韓国赴任中に親しくお付き合いのあった二人の幹部が特別参加していて、

久しぶりに友情を交わすことができた。

 

もう一つ、会社を引退して大学教授などの経験者で構成するOB会がある。

当初、私は宣伝会議で講義していた関係で参加を希望したが、

「君は社会人を教えているので、会の趣旨とは違う」と会長に入会を断られた。

幹部の世代交代で「君のような現場経験者が、むしろ必要なのだ」と新会長から会に誘われた。

 

 

そのOB会が、今年10周年を迎える。

私は会の中心には交わらずに、今でも業界生活をしている人間として、

外側から傍観者的気分で会に参加している。

今回、10周年記念イベントの基調講演をどうするかということで議論が白熱している。

その候補になっている「デジタル大改革」の自論を主張する学者と、異論を唱えるメンバーとの間で収拾が付かずに数名の退会者もでる騒ぎになった。

 

私はこの4月から業界生活50年。

携帯もない、メールもない時代から暴れた業界経験者の私は、

今やインターネットなどの出現で大きく社会のコミュニケーションが変わって、

今では浴びるようなSNS手法の時代が到来した。大きな変革の時代を現役幹部として、

170名の制作会社の将来を考えている身にとって、

学者の立場での上から目線の具体論にかけた論文は性に合わない。

誰に向かってアピールしたい基調講演なのかも不明だ。世話人会の奮起を待つだけだ。

大いなる疑問を抱えて、今後このOB会に参加を続けるか、否かを考えているところだ。

 

 

私の業界の生き残り戦略は、現場に基づくものだから……。さて。

| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 11:52 | comments(0) | - | - | - |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    間宮武美 (06/30)
  • 鎌倉には青木さんがいる。老舗人力車、昭和から平成を駆け抜けた男。
    真崎春望 (06/09)
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    Asuka (06/07)
  • 2019は、もう動き出した。何を目指そうかなと考えています。
    間宮武美 (01/29)
  • 2019は、もう動き出した。何を目指そうかなと考えています。
    山田光義 (01/26)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    間宮武美 (01/16)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    篠宮百合香 (01/15)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    間宮武美 (06/22)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    間宮武美 (06/21)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (06/21)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE