鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 1年ぶりの一泊ゴルフ。軽井沢は紅葉だった。でも、すぐにも台風がやってくるぞ。 | main | 秋になると運動会で忙しい。忙しいけれど楽しい。晴れたらいいな。 >>
日吉で50年記念イベント、新宿で10年記念イベント。すべて積み重ねの結果ですね。

 

 

10月20日の日曜日は、朝から日吉キャンパスに向かった。

母校の「連合三田会」が行われるのだ。

卒業生(三田会会員)15000人以上が午前午後に集まってくるイベントだ。

クルマや海外旅行の豪華賞品が当たり、有名タレントの公演や有名選手のトークショーもある。

 

 

そこで行われる記念式典に卒業50年の我々は「塾」から招かれた。

 

 

受付でご招待がわかる名札カードや特製クォーツ時計などの記念品を戴いた。

会場の日吉会堂は卒業50年(110三田会)以外にもたくさんの三田会会員で満席状態だ。

開会宣言に続き、塾旗登壇、掲揚、「慶応讃歌」「塾歌」斉唱。

 

 

スクリーンには今回のスローガンである伝統と革新をテーマに

「Legacy&Future」=共に讃えん社中の絆=

 

 

福沢諭吉先生の大きな肖像画を背景に長谷山塾長の挨拶だ。

ラグビーW杯やオリンピックを例に挙げて数々の卒業生のスポーツ界での活躍を讃えて、

最近オックスフォード大学を訪問した時のエピソードとして。

「私たちの大学は良い学生と良い先生で成り立っている」との学長の言葉に対して、

「私たちの塾は良い学生と良い先生、それに良い卒業生に恵まれている」と返したという。

 

 

この後「若き血」「丘の上」斉唱で30分の式典は終了した。

「丘の上」は早慶戦(慶早戦)に勝った時にだけ歌い、「塾歌」は酒を飲んだら歌わない。

厳しいルールだ。

各三田会では乾杯の前にしか歌わないというエピソードもあるくらいだ。

 

 

続いて日吉キャンパスの中央にある大学食堂棟で学部別の懇親会が用意されている。。

ここで多くの友人たちと出会うことになる。

50年ぶりに会う仲間もいる。

 

 

 商学部M組、

 

片岡ゼミ(マーケティング)、放送研究会の仲間たちだ。

 

 

この会場でも塾長などの祝辞があり、応援指導部の指揮のもと「塾歌」「慶応讃歌」「若き血」を、

ワグネル・ソサエティー男性合唱団のリードで歌った。

今日はお酒を飲んでの「塾歌」も特別に(あり)だった。

懇親会の後は放送研究会の仲間と軽くいっぱい飲んで解散した。

 

この後は、新宿に移動だ。

豊多摩高校野球部OB会の創立10周年を祝う会が待っている。

「クルーズクルーズ」というコンテンポラリ―ダイニングで、個室パーティー、マイク、映像やベランダもついている店を予約してある。

ご招待の歴代の監督4名を含めて、卒業3期から一番若い70期までの仲間約80人が集まった。

70年の歴史の中で我々の15期は、ほとんど上から数えて7番目だ。

 

 

会場には歴代のユニフォームなどが展示してある。

一番古いユニフォームで15期はグランドで吠えていたのだ。

 

 

驚いたことに開会の辞の後にすぐ集合記念写真。お帰りまでにプリントで受け取れるサービスだという。

 

 

五代目会長の谷中さんの開会挨拶、祝辞、乾杯に続いて、一番上の池田初代会長(3期)のお祝い演目「かっぽれ」が始まった。

机上のプランでは(どうかな)と思ったが、おめでたいイベントの開幕にぴったりだった。

中でも各年代が登壇して自分の時代と野球部をテーマに、簡単な挨拶が大いに楽しく受けた。

 

 打者は吉田、次打者が私。神宮球場だ。

 

中学でどこ守っていた?との先輩の声に「サードです」に

「ちょうどよかった、サードは空いている」ということで1年生からレギュラーになれたとコメントした。

たった18名のチーム。都立受験校の野球部では不思議な話ではない。

高校3年でキャプテンになり、当たり前のように大学入試の準備は遅れた。

当然のように浪人。人より多い2浪だ。

今は60人ほどの部員になっている。かなりすごいチームになっている。

 

 

夏の大会の西東京でベスト8になった監督の挨拶の裏話が興味あった。

淡々とコメントする姿に好感を持てた。

平岩先生(監督)、ありがとう。

増島先生(助監督)、ありがとう。

 

 

 

ちなみに、この10周年イベントのスローガンは、昨年、広報担当理事の私の急ごしらえのアイデア。

「今も夢追う豊多摩球児 笑顔で迎える10周年」

スローガン通りに豊多摩野球部史上初のベスト8になった。

 

 

 

そして若いメンバーが、たくさん参加してくれた。

 

 

〆の言葉は前会長で今でも6大学OB戦で、神宮球場で投げている吉田前会長の閉会挨拶だった。

 

 

最後はいつものように慶応応援指導部で鍛えた15期の鬼頭君のエールで終わった。

楽しい3時間のイベントは和やかなうちにあっという間に終了した。

 

朝11時半から、1時間の異動を挟んで18時半まで、よく飲んだ。。

午前も午後も節目の記念イベントで楽しく、満喫した一日に感謝です。

| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 16:22 | comments(0) | - | - | - |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    間宮武美 (06/30)
  • 鎌倉には青木さんがいる。老舗人力車、昭和から平成を駆け抜けた男。
    真崎春望 (06/09)
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    Asuka (06/07)
  • 2019は、もう動き出した。何を目指そうかなと考えています。
    間宮武美 (01/29)
  • 2019は、もう動き出した。何を目指そうかなと考えています。
    山田光義 (01/26)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    間宮武美 (01/16)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    篠宮百合香 (01/15)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    間宮武美 (06/22)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    間宮武美 (06/21)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (06/21)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE