鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、ずいぶん時が経ちました。
鎌倉の事、徒歩の事、その他の事。
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 『僕たちの広告時代』発売まで1か月を切った。いろいろと学ぶことが多かった。 | main | いよいよ3月5日に『僕たちの広告時代』が発売されます。しかし……。 >>
晴れ男のエネルギーが消えた。小雨の誰もいない鎌倉梅見歩き。

 

 

誰もいない鎌倉。段蔓も、ほとんど誰もいないような景色だ。

 

三日前まで朝から午後までは曇り、夕方から小雨の天気予報だ。

しばらく、この状態が続いていた。

原稿提出の関係で宣伝会議に行った。隣のマスメディアンに寄りMさんと会う。

「だめなら朝から新年会をしましょう」と。

ということで、参加予定の仲間に、とにかく朝10時半に北鎌倉駅に集合となった。

天気予報は、望みと逆に雨のタイミングは早くなる。それも降雨量は1mm、2mmだ。

 

定刻に全員が北鎌倉に集まった

相談の結果、円覚寺、東慶寺、浄智寺を回り、県道を一路鶴岡八幡宮へ。

段蔓を歩いて本日の鎌倉歩きは終了する。

打ち上げのお店の予約を夕方から昼過ぎに変えた。

 

 

さっそく円覚寺へ。電車が来たが駅で降りる観光客がいない。

円覚寺の階段はだれも登って行かない。我々だけだ。

大陸系からの団体客が来ない。日本語も聞かれない。誰もいないからだ。おまけに終日雨だ。

 

 

「こんな、景色を見たことがない」と仲間が言う。

私も、誰もいない鎌倉、誰もいない円覚寺。私の記憶にはない。

 

 

梅が見ごろだ。雨露に光っている。

 

梅の芽や雨露おいて銀と咲く 武舟     

 

ほんとうに、静かな境内で、ゆっくりと梅を眺めては、仲間だけが写真を撮っている。

 

 

こういう鎌倉の景色も、なかなかお目にかかれない。

 

 

境内のお土産店にもお客は一人もいない。

 

 

普段はこんな人迷惑な記念写真は撮れない。

撮ってくれる人がいないので自動シャッターで撮った。

 

誰もいない京都はマスコミのニュースで見たが、こんな鎌倉は見たことがない。

 

次の「東慶寺」をゆっくり拝観することにした。

 

 

東慶寺も人気がない。(にんき)がないではなく(ひとけ)がないと読んでほしい。

 

 

 

ゆっくりと梅を楽しむ。紅と白の梅が一本の木に咲いている。札に犹廚い里泙洵瓩箸△襦

このころになると小雨の雨がやみ、雲の切れ目から薄日も差す。ちょっとした爛魯戝豊瓩澄

 

 

次は浄智寺。目印の早咲きの黄色の蠟梅も、もう満開を過ぎている。
時間の関係で山門だけをお参りする。

普段より訪問客の少ない鶴岡八幡宮をお参りして、段蔓の通りを鎌倉駅まで歩く。

 

 

狠もいない京都瓩離謄譽喨麁擦陵名な観光地のシーンが視聴者を驚かす。

狠もいない鎌倉瓩諒麁擦蓮△△泙蠍たことがない。

その一片を紹介する。

 

 

このように古くは江戸時代、明治、大正時代の訪問客の少ない鎌倉を想像してみた。

 

途中で建長寺の近くにある鎌倉の有名な和食の精進料理、会席料理の店は、

昼時なのにお客さんがいない。社長は大学の仲間だ。

 「このところ団体客が100人単位で、毎日のようにキャンセルされます。

 法事もご年配の方が多いので、同じくキャンセルが続きます。早く回復してほしい」

 と苦笑いをしていた。

 

 

いつものお店には1時に入店。女将さんは大歓迎してくれた。

店の前では若い店員が、お客さんの呼び込みをしている。

お店には一組の西洋から来たお客さんがいるだけだ。

店主の女将は「いらっしゃい。このようにガラガラなの。いつもありがとう!」

 

これは京都と同じで大陸系の団体が、一切来日をしないこと、日本人も少しは遠慮している。

重ねて終日の雨模様が重なった。

 

実は私は3月中旬に100人規模の本の出版パーティーを計画して、仲間に呼び掛けている。

 

 

どうしようかと逡巡したが、本番のひと月前から案内状を発信した。

瞬時に参加表明してくる仲間もいて、心強く思う。

その後も参加の便りがぽつぽつと入ってきている。

主催者側の私たち幹事メンバーと粛々と、丁寧に、前向きに進めている。

 

そこに個人的な週末の定例会合は、わずか10名ほどだが、懇親会が中止になった。

なんでもかんでも、中止はどうだろうか。勉強会という不要不急の会ではないのに。

 

この後、この騒ぎが少しでも早く終息に向かうことを祈っている。

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 09:07 | comments(0) | - | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ RECOMMEND
僕たちの広告時代
僕たちの広告時代 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
<最新刊>宣伝会議より、2020/3/5発売!

上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

Kindle版も公開中!
※ただし「Kindle unlimited」内提供コンテンツとなります。
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • エンジョイ・ホーム。自粛生活の節目の時がやって来た。東京アラームも解除されたが…。
    間宮武美 (06/14)
  • エンジョイ・ホーム。自粛生活の節目の時がやって来た。東京アラームも解除されたが…。
    千葉篤 (06/13)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    MG (05/27)
  • 鎌倉はガラガラだ。されど子供たち、シニアたちは元気に遊んでいる。
    eiichi yamamoto (03/23)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    間宮武美 (03/19)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    川辺 (03/16)
  • いよいよ3月5日に『僕たちの広告時代』が発売されます。しかし……。
    間宮武美 (03/04)
  • いよいよ3月5日に『僕たちの広告時代』が発売されます。しかし……。
    柴山康彦 (03/04)
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    間宮武美 (06/30)
  • 鎌倉には青木さんがいる。老舗人力車、昭和から平成を駆け抜けた男。
    真崎春望 (06/09)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE