鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、ずいぶん時が経ちました。
鎌倉の事、徒歩の事、その他の事。
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< いよいよ3月5日に『僕たちの広告時代』が発売されます。しかし……。 | main | フェイス・トゥ・フェイスは大事だけれど、やっぱりSNSもすごい。 >>
鎌倉はガラガラだ。されど子供たち、シニアたちは元気に遊んでいる。

 

まさかの新型コロナウィルスの恐怖に、毎日のように日本中、

いや世界中が脅かされている。

テレビはマイナス情報ばかりが垂れ流しになっている。

真面目にみていると、気持ちが滅入ってくる。

 

 

『僕たちの広告時代』の出版パーティは著書の発売後10日目に開催予定だった。

15年ぶりのせっかくの機会を苦渋の決断で延期した。

理由は、こちらがキャンセルや延期をすると、お店の予約金が没収になる。

それが2ヶ月以内の延期はペナルティーがゼロになったので、幹事と相談して延期した。

おっと!これは前号で書いてあった。繰り返しになってしまったようだ。

 

毎朝テレビのニュースを見ていると、どうも気分が前向きにはなれない。

なのでYoutubeでマイナーなトーク番組を見ていたりする。

 

このところ3月中旬開催予定だった「元勤務先湘南OB会」は延期、

「高校野球部OB会総会」は中止。

世の中、大相撲の無観客場所、甲子園の選抜高校野球の中止、

プロ野球の開幕延期、大きな話ではオリンピックも危ないことに……。

 

(スポーツ観戦)が(スポーツ感染)に聞こえてくる。なんということだ。

そんな時に元勤務先のOB会総会・懇親会も中止の知らせが来た。

せっかく昔の仲の良い仲間に会えるのに。残念だが、当然の成り行きだ。

 

元勤務先の大学教授などの仲間の「博学会」のセミナーのみ開催で懇親会は中止。

ほんとうは懇親会目当ての仲間たちは、たぶん不参加だろう。

 

 

そんな事で、私は不要不急な用事以外では東京へ行かない。

だから、このところ半月近く東京へは行っていない。

 

 

家の近所のウォーキングに努めている。

スマホの万歩計で最低1万歩は歩くことにしている。

 

特にマスクをしないで歩けるように、誰も歩かない道を選んで歩いている。

 

 

平日の午前中なのに、浜辺は子供たちでにぎわっている。

まるで春休みの海岸のようだ。

 

 

平日の夕方の堤防の歩道には高校生がスマホを手に、中学生たちはガヤガヤと戯れている。

 

 

町内の「鎌倉広町緑地公園」の駐車場は子供用荷台付きの自転車が満車状態。

 

 

入り口付近では幼児を母親たちが囲んでいる。

 

 

シニアの夫婦たちにすれ違うケースが多い。

マスクも無しに、どんなおしゃべりをしているのだろう。

 

 

誰も歩かない木道をマスクもせずに、おいしい空気を吸いながら本来のウォーキングを楽しんでいる。

一体いつまで、このような生活をするのだろう。

 

 

たまには地元の街中の書店をのぞいてみる。

どちらも鎌倉の有名書店だ。

『僕たちの広告時代』が店頭に並んでいるのを見つけるとうれしい。

それも、少しずつ少なくなっているのが、さらにうれしい。

 

このようなときは家でじっとして読書でしょ。

でも、私はたまっているテレビ録画した日本映画を集中してみている。

 

 

それより契約中の「アマゾンプライムビデオ」だ。

 

 

やまほど洋画、邦画を見ることができる。

アマゾンのサブスクだ。見ないと損する感じがする。

 

執筆に集中しているときには、このような時間の過ごし方はできなかった。

ゆっくりリビングのソファで、たくさん映画を見るとしよう。

評判の封切り映画は街内の映画館だが、いまはそんな気分になれないでしょう。

 

 

結局、夕方になると運動不足が気になり、ふらっと歩き出す。

風が強いので、少し寒いが絶好の夕景を楽しめた。

と、言いながら風呂上がりのビールからハイボールに。

今晩は、なんの映画を見ようかな?

 

早く普通の生活にもどろらないかと思うのは、私だけではないと思うが…。

どうだろうか。みなさん!!!

 

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 22:43 | comments(1) | - | - | - |
Amazon prime毎日見ています
huru&netfirixも以前さんざん見ました
限られた空間でストレスがたまります
変化が欲しい 前向きにと毎日思つていますが
嘆く88翁です。
| eiichi yamamoto | 2020/03/23 8:09 AM |









  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ RECOMMEND
僕たちの広告時代
僕たちの広告時代 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
<最新刊>宣伝会議より、2020/3/5発売!

上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

Kindle版も公開中!
※ただし「Kindle unlimited」内提供コンテンツとなります。
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • エンジョイ・ホーム。自粛生活の節目の時がやって来た。東京アラームも解除されたが…。
    間宮武美 (06/14)
  • エンジョイ・ホーム。自粛生活の節目の時がやって来た。東京アラームも解除されたが…。
    千葉篤 (06/13)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    MG (05/27)
  • 鎌倉はガラガラだ。されど子供たち、シニアたちは元気に遊んでいる。
    eiichi yamamoto (03/23)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    間宮武美 (03/19)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    川辺 (03/16)
  • いよいよ3月5日に『僕たちの広告時代』が発売されます。しかし……。
    間宮武美 (03/04)
  • いよいよ3月5日に『僕たちの広告時代』が発売されます。しかし……。
    柴山康彦 (03/04)
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    間宮武美 (06/30)
  • 鎌倉には青木さんがいる。老舗人力車、昭和から平成を駆け抜けた男。
    真崎春望 (06/09)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE