鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、ずいぶん時が経ちました。
鎌倉の事、徒歩の事、その他の事。
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 自粛、自粛。近所の散歩で見た桜、とっておきの思い出の鎌倉の桜。 | main | 「おはよう」ではじまり、「おやすみ」で終わる一日。結婚記念日46年目。 >>
「アジ、さば、回遊魚」の私は「根魚」になった。「寝魚」かもしれない。

 

4月7日に発信された「緊急事態宣言」から、早くも1週間がたっている。

「不要不急」以外は出歩かない。それ以前から私は、行動開始している。

 

町内の掲示板は「鎌倉市の在住者あて」に外国語でのアナウンス。

子供が読めるようにひらがなも小さく書いてある。

英語、韓国語、中国語、フランス語、何とも国際的な掲示板だ。

 

 

フェイスブックのプロフィール写真にも。

 

45日以上、鎌倉から東京へ行っていない。(STAY HOME)の毎日である。

 

狡名錣茲蝪験筺⊃佑箸寮椰┐鮓困蕕修ΑA完が外出を控えれば…」という首相の言葉。

簡単に目標達成するのは困難な条件だ。

しかし私たち家族は、愚直に個人的に協力している。

 

なので必要な案件は、テレワークで毎日のように実践している。

爐Δ弔気覆い茲蝓△Δ弔気譴覆き瓩鯊臉擇法

後期高齢者という言葉は好きではない。

好奇、高貴、光輝、耕己高齢者なのだから……。

 

 

このところ毎日のスケジュールは、1日1万歩のウォーキング。

 

 

近くの坂道の多い七里が浜の住宅街をぐるぐると歩く。

距離は5km、約1万歩だが登った階段は26階とスマホの爛悒襯好吋↓

階は約3メートル(約16段)の高度を上昇したことになる。

つまり416段の階段を登ったことになる。

 

鎌倉の「頼朝公のお墓」は享年にあわせて52段だ。

8回も登ったことになる。わかりやすい話だ。

 

 

晴れた日は庭での日光浴(毎年GWの頃から始めるのだが)、その他は同人誌の原稿作成、

アマゾンプライムの映画見放題、かけ放題の携帯電話、メールの交信。

読書はなかなか集中できない。

 

 

夕方のゆっくり入浴、夜の家飲み。すぐに眠くなるので、早めの睡眠を心掛ける。

結構、毎日が単調な生活になる。しばらくは我慢、我慢、我慢だ。

 

 

「アジ、サバ、回遊魚」だった私は犧魚疇瑛佑遼萋だ。

メリハリの少ない日常は、記憶が指の間から砂時計の砂の様にこぼれていく。

年末に作成した手製のカレンダーは、不要不急ではない約束も2つなくなり真っ白だ。

 

夕飯はいらないと家人に伝える☆印が、カレンダーから消えた。

 

 

12日の日曜日に産経新聞の【産経書房】に『僕たちの広告時代』の書評が掲載された。

短い文章が、本の内容がきちんと表現されている。

記者さんは、ちゃんと読んでくれてくれたのだ。

 

 

さっそく近くの販売店に新聞を買いに行った。

店主さん、いつも配達してくれるスタッフのみなさんが休憩していた。

 

「なんで三部も?」と店主さん。書籍の紹介記事が出ていると理由を説明したら、

しばらくコロナ騒ぎの中、新聞事情、チラシ激減の話題になり、いきなり店主さんが、

「チラシ用の原稿作ってくれたら、産経、毎日にチラシ入れようよ」と提案してくれた。

「鎌倉の地元地区で2500枚だけど、ここで印刷してチラシに入れますよ」と。

 

想定外の展開に面くらってしまい、恐る恐る費用について質問したところ、

私が原稿を書いて、A4プリント用紙(2500枚)を用意すれば、

販売所の印刷機で刷ってくれると言う。

新聞と共にチラシとして各ご家庭に配布しようという話だった。

 

このところスーパー安売り情報、不動産案内、墓地参観などのチラシ売り上げが,

激減だと店主さんは言う。

自腹コストは紙代だけで約2000円前後で、思ってもいない新しい広報活動になる話だ。

 

まさにフェイス・トゥ・フェイスの会話から、想定外の会話が生まれた。

狆霾鵑良産物瓩箸いΑ著書の通りになった。

家に居よう。しかし、新聞購入という今日でなければできないこと。

不要不急ではない。会った人は店主さんといつもの配達の方だけだ。

 

「よく会った。よく喋った。また、会った。そして、またよく喋った」

拙著の全編を通してデジタル化時代の中の会話の在り方として、一番伝えたいキーワードだ。

 

その著書のキーコンセプトが、結果的に国難と言えるいま、

犹位爐鯣鬚韻茲Δ函国の宣言と大きくバッティングすることになる。これこそ想定外。

 

 

ところで、このペンギンのカップルは禁じられている倏燦密接瓩砲覆辰討い襦

このことが、皮肉にもすべてを象徴している(笑)。

平時では、想像もつかないことが猊垓狄記瓩淵▲圈璽襪砲覆辰討靴泙Α

 

結局は、降ってわいたマーケティング手法も、ご辞退する方が良いと考え、丁寧なお断りを入れた。

 

 

「東京新聞」、「夕刊フジ」と書評が続いた。

これはすべてテレワークで実現した。

 

本来4月中旬の今頃は、著書の販売活動、手売りの企画の講演会、トークショーのセッティングが、

予定のつかないまま過ぎていく。

 

書店の行かずに、Amazon購入、キンドル(電子ブック)の上位○位の情報が気になる。

確実に数字が動いている感触だけが伝わってくる。

 

「よく会った。よく喋った。また、会った。そして、またよく喋った」

こう主張できる日はいつになるのだろう。

その日まで私は狄乙瓩里泙泙撚瓩瓦垢里世蹐Δ。

 

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 19:41 | comments(0) | - | - | - |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
+ RECOMMEND
僕たちの広告時代
僕たちの広告時代 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
<最新刊>宣伝会議より、2020/3/5発売!

上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

Kindle版も公開中!
※ただし「Kindle unlimited」内提供コンテンツとなります。
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • エンジョイ・ホーム。自粛生活の節目の時がやって来た。東京アラームも解除されたが…。
    間宮武美 (06/14)
  • エンジョイ・ホーム。自粛生活の節目の時がやって来た。東京アラームも解除されたが…。
    千葉篤 (06/13)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    MG (05/27)
  • 鎌倉はガラガラだ。されど子供たち、シニアたちは元気に遊んでいる。
    eiichi yamamoto (03/23)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    間宮武美 (03/19)
  • 懐かしい方が遠方から来ました。「三田会」の仲間として会えました。鎌倉と有楽町で楽しい邂逅です。
    川辺 (03/16)
  • いよいよ3月5日に『僕たちの広告時代』が発売されます。しかし……。
    間宮武美 (03/04)
  • いよいよ3月5日に『僕たちの広告時代』が発売されます。しかし……。
    柴山康彦 (03/04)
  • 旅の後半はソウルです。年一度のイベントに参加と懐かしい方々に会えました。
    間宮武美 (06/30)
  • 鎌倉には青木さんがいる。老舗人力車、昭和から平成を駆け抜けた男。
    真崎春望 (06/09)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE