鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
<< 鎌倉近郊の正月の風景 | main | 『チャリこぎスタジアム』の表英毅さんに会いました。 >>
読売新聞(夕刊)に書評が出ました。
昨日の「読売新聞(夕刊)」に
『鎌倉ーソウル2328キロを歩く』=定年退職、新しい自分に出会う旅=
が(読書と出版)のコーナーで紹介されました。

これで「朝日新聞」「毎日新聞」と3大新聞社、京都新聞、宣伝会議、
ほかから書評が出ました。
ありがたいことです。各紙誌が身に余る書評を書いてくれました。

「我家から昔の我が家まで歩いていってみよう。・・・。定年は人生のゴールではなく、毎日歩けば新しい道が見えてくるように、新しい発見が見えてくるはずと筆者は語ります。マイペースな旅の記録にふれながら、元気をもらえる1冊です」(朝日新聞)

「日韓のさば街道の比較も面白い。自分らしさを問いかけながら、多くの出会いがある本書は定年を迎えたときの一つの生き方を示してくれる」(京都新聞)

「任地だったソウルまで『草の根交流』を考えさせる道中記」(朝日新聞)

「ソウルに駐在していた元広告マンの著者が、定年退職を機に日韓友好の為にと80日がかりで鎌倉からソウルまでの約2000キロを踏破した。日本でも韓国でも笑顔は同じ、旅人への人情は同じだったと著者。頁をめくると、出会いに満ちた旅にぶらりと出かけたくなる」(宣伝会議)

「歩きも歩いたり鎌倉からソウルへ2328キロ。よし、我家から昔の我が家まで歩こう。・・・。80日間の一人旅は人生の環境を自分でつくる意味を教え新たな人生行路をも示唆した」(毎日新聞)

など等。
ご一読いただきまして、ご感想なりございましたら、
是非「読後感想」へ
お手紙ください。

http://book.kamakura-seoul2005.com/



| mamiya | 「掲載・紹介情報」 | 11:52 | comments(0) | - | - | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    間宮武美 (06/22)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    間宮武美 (06/21)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (06/21)
  • 「まだん俳句連中」の特別吟行は、一泊二日の初秋の伊勢路。伊勢の間宮の遺伝子が騒ぎました。
    原条令子 (03/03)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    miyu (11/02)
  • 鎌倉市民プール(鎌倉海浜公園プール)はオープンして58年目です。ここでお願いです。
    yuzo seo (04/21)
  • ハラハラ・ドキドキの今年の『原村合宿』が無事終了しました。
    カナダからの手紙 ♪ (10/31)
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE