鎌倉から、こんにちは

「鎌倉発、韓国ソウルまで。」
徒歩の旅を終えて、あらたなスタート!
鎌倉から日常のあれこれをお伝えしていきます。
あらら!早いもので古希3(スリー)になりました。今日は孫とのお祝いパーティーです。ありがとう。


不安定な天候が続く、8月後半。
江の島の夏も、もう終わりかぁ〜。なつかしい写真が書斎の棚から出てきました。


雨模様の日に、急にKIP君とトッキ―君が、早めの誕生会に鎌倉の我が家に来てくれました。
その知らせを聞いて、私は日比谷の仕事先から一気に帰宅して二人の孫と一緒に遊びました。
おんもは小雨なので、我が家のお風呂がプールになりました。
私は帰宅のシャワーのはずが、いきなり一時間近い水遊びにつきあうことになりました。





全員が揃ったので早めの食事会が始まります。



 
乾杯。
ケーキのキャンドルに灯が点きました。
吹き消すのは私ではなく、トッキ―が強引に受け持ちます。



 
早速おいしいお肉が出て来ました。



 
楽しい食事会が終わり、デザートのケーキがでたら、(とうと)が二人と遊び始めます。
 
今年で私は広告業界の現役生活48年目。
もう少し現場で頑張ります。


 
冒頭の若いころの私。慎太郎か裕次郎、加山雄三か。
夢にあふれた未来が、あふれるようにあったころです。

 
今では、たまには孫に囲まれたり、たまには友人達とゴルフを楽しんだり、
週二日は元気に日比谷の仕事場に出かけたり。
健康な毎日と、元気な伴侶と楽しい週何回かの夕食。
おかげさまで、とっても幸せすよぉ〜。
| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 12:30 | comments(0) | - | - | - |
元勤務先の後輩の地引網大会。大成功。飲みすぎた。
3週間も雨が続いた湘南地方で不安定な天候に気を揉みながら、
会社の地元の後輩が大規模な地引網大会を開きました。

結果は最初から終わりまで炎天下の大成功でした。
私も30代の頃に鵠沼海岸で地引網大会を7年続けた経験があるので、
その青春時代の思いも強く、昨年から参加し、今年は手伝いスタッフとして参加しました。

「車で辻堂海岸まで送って」という頼みに、家人は徒歩作家は歩いていくべきと、厳しいひとこと。


 
5.5キロの海岸線を1時間10分で地引網現場まで歩きました。(自撮り)


 
浜辺の景色は、どんよりした空に、湿度が高くてTシャツはぐっしょり濡れました。


 
参加者が続々と集まり始めました。


 
早速、スタッフとしてBBQセットの組み立てから始めます。


 
水がたっぷり入った桶を運び込んで、氷を入れて飲料水のどぶ付けが準備出来ました。




 
二見さんの音頭で、午前中に第1回目の地引です。
お父さんたちはグラス片手に見物です。



たくさんの魚が捕れた様です。



 
樽に入った、たくさんの魚。


 
さっそく天ぷらが漁師さんから届きました。


 
私は幹事席で生ビールを数杯、白魚の刺身(生シラス)を楽しんでいます。



 
2回目の地引が始まりました。
今回の方が、たくさん大きな魚が入っているようです。


 
漁師さんから届いた魚を仲間のひとりが出刃包丁で、見事にさばいています。
こんな器用な社員もいるもんだと思ったら、なんと麹町の料理割烹の和田さんがさばいているのでした。
本物のプロの料理人がやってきたわけです。友達の友達の関係で参加したようです。
 
 ヒラメ

 
クロダイ
 白いか
 
割烹和田の辻堂海岸支店の開店ですね。


 
魚好きの子どもたちが、なかなか立ち去りません。
最後はさばいた魚のガラは、海辺に持って行き海に返すのです。


 
カモメが喜んで集まってきて、海に帰る前にすべてカモメの餌になってしまいました。

こうして、ことしの地引網は、無事に終わりました。
途中で和田さんを勝手に手伝い、小さな魚をさばいてみたが、普通の包丁では思うようにさばけない。
来年は我が家の出刃包丁も持参しようとおもったのだが、どうだろうか。

 
最後はタクシーに若者と同乗し湘南電車、江ノ電経由で、とぼとぼふらふらと無事に帰宅しました。
なんといっても、朝から冷たい生ビールを一体何杯飲んだだろうか・・・。

同世代の仲間がほとんど参加していなく、ほとんどが50歳以下のメンバーで、
顔も知らない後輩たちでしたが、最後まで一日中、楽しく過ごさせていただいた。
後輩の皆さんたちとご家族の皆さんに、感謝、感謝。

 
| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 13:22 | comments(0) | - | - | - |
今年も、ぼんぼり祭の季節になりました。我が家の巨匠も頑張っています。

 
鎌倉のぼんぼり祭は、毎年8月に立秋の前の日から9日までの3日間(または4日間)執り行われます。
鎌倉の夏の風物詩です。そして9日は源実朝公の誕生日に当たります。この日には実朝祭がおこなわれます。
境内には鎌倉市在住の文化人、各界の著名人が揮毫して奉納します。
 
何故かわが家人もその中に加えて戴き15,6年になります。
私は自分の予定に合わせて鶴岡八幡宮へ記録係としてお参りしました。
 

 
まずは6時半から巫女さん達が、(ぼんぼり)に灯を灯します。
 

 
左側の列の最初の作品は常連の宮崎緑さんの作品が、いつものようにみなさまを迎えます。
 

 
マジンガーゼットの水木一郎さん
 

 
ワダエミさん
 

 
山本富士子さん
 

 
宇佐美恵子さん
 
岡田武史さん
 

 
伊集院静さん



山崎直子さん


 
竹中直人さん


 
みのもんたさん


 
養老孟司さん

 
山門

ここで半分。階段を下って後半の(ぼんぼり)鑑賞です。


 
松尾崇鎌倉市長


 
鈴木英人さん


 
中村獅童さん


 
わたせせいぞうさん



 
そして、我が家の巨匠の力作です。
私の後ろから、「この人は、昨年も龍のすごい絵を出していたよ」と老爺の声が聞こえました。

ちゃんと見ている人が居るのだと、感激しました。

 
今年はゲリラ雨の影響で一日中止になりましたが、無事に3日間は約400のぼんぼりが境内を飾りました。

しかし、何か足りないですね。
そう、常連の長友啓典さんお作品がありません。


 
それなので、昨年の生前の最後の作品をご紹介します。何か、さびしいですね。


 

| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 10:06 | comments(0) | - | - | - |
炎暑の渋谷で「まだん俳句連中」の吟行です。みなさん、いい句がたくさん出来ました。


『まだん』と言う俳句連があります。韓国駐在時代の『ソウル俳句会』の帰国仲間が中心の会です。
「まだん」とは韓国語で「庭(ひろば)」と言う意味です。
 
炎暑、大暑、炎天下、日照り、油照り、・・・等々、季語が暑苦しい日に仲間が渋谷ヒカリエ前に集まりました。
 
まずは渋谷の大改革。昔の感覚では目的地まで歩けない。
とにかく工事中が多く、巨大クレーンが大活躍しています。
 
今日の句会は、ヒカリエ⇒金王八幡宮⇒氷川神社⇒塙保己一資料館⇒国学院大学キャンパスが主なコースです。
昼ごはんはキャンパス内の学食(一般の人も入場可)です。句会は氷川区民会館。




さぁ〜、出発です。
まずは渋谷のど真ん中の人混みを抜けていくと静かな佇まいの「金王八幡宮」に到着。
(王)と(玉)の取り違いを句にした仲間もいましたが・・・。


 
人混みを抜けて宮あり蝉の声 武舟

炎暑の中、静かな境内ではお参りする人もほとんどいません。


 
炎天に二礼二拍手人の影 武舟

この庭には渋谷区指定の天然記念物(金王桜)がある。
頼朝のご縁で鎌倉にあった「憂忘桜」を移植し「金王桜」と名付けたいきさつがある。
江戸の三大桜と言われ芭蕉も訪れていたようだ。傍らには松尾芭蕉の句碑もある。


 
しばらくは花のうえなる月夜かな はせお(芭蕉)
 
氷川神社に移り句材を探して歩く。
ただただ、蝉の声だけが聞こえてくる。
庭には我々の句友以外には、ほとんど人影もない。
木陰のベンチが涼しそうです。


 
緑陰に杖もつ老爺居眠りす  武舟




 
今日の目的のひとつ。塙保己一(はなわ ほきいち)史料館。(公益社団法人 温故学会)
休日は休館のところを特別に開けてくれました。
実はここに来るまで【塙保己一】の存在を知りませんでした。



現在の埼玉県本庄市に生まれ、7歳の時に完全に失明。以降目が見えなくなってから和尚や家族から聞いた話を完全に覚え、
一言一句違わず覚え、すべてそのまま語ることが出来るようになった。
その能力を活かして15歳で江戸に出て3年間盲人としての修業を重ねた。
いろいろあって雨宮検校に学問への思いを告げて学びの道を進んだ。
後に検校となり、記録や様々な資料を集め、編纂したものが「群書類従」。ものすごい方なのだ。
史料館の群書類従版木倉庫(約1万7000枚)を見学した。
当時の人はいまから考えるとすごい技術を持っていたことになる。




 
ヘレンケラーは母から塙先生をお手本にしなさいと言われて育った。
昭和12年の来日時に、まずここの史料館を訪問して、この保己一像を感慨深く触れることができたと、
記されている。



 
大学のキャンパスの食堂で「カツどん定食(500円)」を戴きました。安い!


 
キャンパスの涼しい一角で句のまとめを小一時間してから会場へ向かいます。


 
炎天にサンダル姿の女学生  武舟
 
いよいよ句会場の氷川区民会館。
その手前にある、
昼下がりの公園には猫一匹居ません。

ダメ押しの一句。この句は数人から得点を戴きました。

野球でいえば、滑り込みセーフの句。


 
ブランコの揺れず動かず炎暑かな 武舟



 
句会は楽しい句評などで、あっというまに終わりました。



 
打ち上げは近くの中華料理の店。
2時間以内で飲み放題、食べ放題。〇〇〇〇円!
シニアのやることではないと思いながら、テーブルには料理の山。
全てたいらげてしまった仲間達でした。


 
| team-mamiya | from-mamiya「その他」 | 08:22 | comments(0) | - | - | - |
7月19日の一旦中止になった鎌倉花火、4000発の花火に歓声上がる。


市外からの多くの観客の参加もある伝統的な鎌倉花火は、4月に急に中止と発表されました。
どうしてそんなことになったのか。
鎌倉市議会と鎌倉市観光協会の間での問題が発端でした。
(詳しい理由は省略します)。
こんなに歴史的な花火大会を中止でいい訳がないと市民達が立ち上がり、
今年だけの措置として市民有志により実行委員会を立ち上げ、鎌倉市が主催した。

 
クラウドファンディングという発想で必要な資金の目途が立ち、花火大会が復活したのです。
予定以上の資金が集まり、3500発の花火が4000発も打ち上げられました。


 
当日は東京での仕事を早めに切り上げて、自宅から長谷まで海辺の134号を小一時間歩き、
なんとか見物にふさわしい好ポジションを見つけて花火が上がるのを待ちました。


 
134号線をお酒、焼き鳥、パイプ椅子を持参で会場へ向かいました。
海岸は、すでに見物人でいっぱいです。


 
19時16分に花火は始まりました。
フィナーレは大小の色とりどりの花火の大連発。
息をのむような、連続の花火の連発!

特に鎌倉の水中花火は見事なものです。
ゆっくりとご覧ください。






























 
名物の鎌倉の水中花火も満喫しました。
騒ぎの中で松尾市長へフェイスブックのメッセンジャーで「突破力を発揮して!」と応援しましたが・・・。

結果的に素晴らしい花火大会になりました。
 
来年の開催までには、鎌倉の観光行政をしっかり見直して、長期的な観点から戦略を練ってほしいと思います。
もう少しすっきりした運営を期待して、帰途につきました。
| team-mamiya | from-mamiya「鎌倉の話」 | 22:20 | comments(0) | - | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ RECOMMEND
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅
鎌倉―ソウル 2328キロを歩く―定年退職、新しい自分に出会う旅 (JUGEMレビュー »)
間宮 武美
講談社+α新書より、2005/10/20発売!
上の画像をクリックしてamazon.co.jpより、購入できます。

*電子書籍版も好評発売中!*
honto電子書籍ストア
紀伊國屋書店BookWeb
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
  • あれから4年半。初めて東日本大震災の被災地へ行きました。多くのことに気がつきました。
    小林節子 (11/11)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    間宮武美 (07/24)
  • 21世紀の朝鮮通信使友情ウォーク。本州に。あっという間に名古屋まで来ました。
    安部 典子 (05/15)
  • 久しぶりに家人と二人で高遠・芝平へ行きましたが、最後はロードサービスのお世話になりました。
    三戸 寛子 (05/11)
  • NHKBS1に、日韓の架橋・安東の緒方恵子さんが出演しました。
    小嶋英生 (03/07)
  • まだんの新年句会は世田谷・豪徳寺句会。その前に松蔭神社もお参りしました。
    yasuto (02/05)
  • 洪知恩と書いて(ホン・チウン)と読みます。ソウル時代の秘書さんです。
    Jieun (06/09)
  • ヨットでワイン。ジャズでワイン。元気な同世代と過ごした週末です。
    植村 (02/02)
  • 初めて見る黒部ダムのアルペンルート。しかし天気は絶望的。ロープウエイは動くだろうか?
    山本雅世 (09/27)
  • 高遠の隠れ家は早朝18度。長袖のパジャマが丁度良いです。都合2泊の天国でした。
    noriko8 (08/14)
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE